街ぶら ・ 散歩 ・ イベント

2021年10月 9日 (土)

【 立石バーガー 】 を求めて。

 かれこれ 10 年ほどまえのことになるのだろうか? TV 番組の 「 ナニコレ珍百景 」 で、お世辞にも衛生的にキレイとは言いがたい店構えで、手作り感満載の自販機でハンバーガーを販売していることで有名になった、東京葛飾区にある 【 立石バーガー 】 へ、念願叶って行ってきた。
 
      20210919_14190520210919_142427
 
 バーガーは 4 種類。 いろいろ悩んだ末にノーマルかつ売れ筋であろう 【 立石バーガー 】 を購入。 9 月半ばのまだ暑い時期に直射日光の当たる窓に面した簡易な自販機のなかに作り置きしてあることで、「 大丈夫か? 」 の一抹の不安が頭をよぎる…。
値段は全品 100 円と懐に優しい良心的な価格。 この価格だけに大きさはマックの普通のハンバーガーより一回り小さめ。
そんなこんなで、いざ、実食! ハンバーグも手作りだし、作り置きなのにレタスはシャキシャキで、美味しいことは解ってはいたけれども、予想を遥かに超えてきた美味しさにビックリ。 100 円でこのクオリティは安すぎじゃあなかろうか。
自販機で買っているにもかかわらず、店主のオヤジさんが店の中から 「 ありがとうございます。 」 と声をかけてくれて、買いにきてヨカッタと大満足。
 
 よく TV の情報番組などで紹介れる数年待ちの食パンとか、もはやメロンパンとは言いがたいメロンパンを売ってるパン屋とかよりも、地元で長年愛されるパン屋の方がオレは大好きだ。 ちなみに言っておくと、【 立石バーガー 】 と名乗ってはいるけれども、実際は堀切というところにあり、京成立石駅から歩いて行くと 約 30 分かかる。 最寄りの駅としては京成堀切菖蒲園駅らか行ったほうがよいかと。

2021年9月27日 (月)

「 春夏秋冬 / フォーシーズンズ 乃木坂46 」 へ行ってきた。

      20210926_14250720210926_142926
 
 上野の東京国立博物館の表慶館で開催されている 「 春夏秋冬 / フォーシーズンズ 乃木坂46 」 へ行ってきた。
このイベントの趣旨は 「 春夏秋冬の花が表現された 7 点の日本美術と、現代のカルチャーを象徴する 乃木坂46 のメンバーを一人ひとりを花に見立て、各美術作品の造形的な本質を現代的に解釈した大型映像インスタレーションを制作・展示。 」 とかなり長文のもの。 まぁどういう趣旨であれ、日本美術も勉強できて乃木坂ちゃんも堪能できてと、こんな一石二鳥のチャンスもそうあるもんじゃあねぇから、じつにありがたい企画だ。 にしても 乃木坂ちゃん も美術品として扱われてるからある意味スゴい。
 
      20210926_14310720210926_145159
20210926_145818
  エントランスを抜けると あすか ( 齋藤飛鳥 ) がお出迎え。
 狩野長信筆の 「 花下遊楽図屛風 」 の 【 桜 】 をイメージしてのパフォーマ
 ンスを複数のスクリーンにて表現とのこと。
 俵屋宗雪筆 「 秋草図屛風 」 の 【 女郎花 】 を屏風と同じサイズで いくちゃ
 ん ( 生田絵梨花 ) 、菱川師宣筆 「 見返り美人 」 の 【 菊 】 を カッキー (
 賀喜遥香 ) と人気メンバーがそれぞれを表現。 ( 写真 3 枚がそれ )
 正直なところ、パフォーマンスの内容と作品のイメージがマッチしているのか
 はオレの感性ではよく解らないところではあるものの、 16K だか何 K だか
 で撮られた映像とメンバーの美しさは目を見張るものあり。
  展示してある作品はレプリカ。 まぁそれはそれで一向に構わんのだけれど
 も、来場者のほとんどが、 乃木坂ちゃんだけを見て、作品を観ない人の多い
 こと多いこと… 穿ったことを言わせてもらうと、写真を撮るのに忙しくて、映像
 
すら観てない人もいるんじゃあなかろうか? まぁ、オレもあまりエラそうなこと言えた立場じゃあねぇんだけれども、要は観る前に写真を撮るのではなく、1 回映像と作品観てから焦らずゆっくり写真を撮りゃあイイのにと思うばかりだし、作品を観に来ているのか、写真を撮りに来ているのどちらなんだ? と言いたくなってくる。 日本美術も勉強できて乃木坂ちゃんも堪能できるイイ機会なのにもったいなさすぎる。 もしかしたら、イイ企画も本末転倒になっているのかも知れん。
また展示物の前よりも、公式グッズ売り場の方が混んでるってぇのも何か変なはなしで、おそらく東京国立博物館で催された企画展のなかでいちばん売り上げ計上したんじゃね? と思わなくも。
まぁオレも推しのメンバーのポストカードを 8 枚ほど購入し、売り上げに貢献!

2021年9月 5日 (日)

「 恐竜科学博 ~ララミディア大陸の恐竜物語~ 」 へ行ってきた。

20210904_134945
  それなりに好きではあるものの男子のクセに子供のころから、取り立てて
 恐竜に興味がない。 それでも、先日訪れた上野の 「 国立科学博物館 」 で
 久々に目にした恐竜の骨に思いのか、テンションが上がったことから、夏休
 みになったらちびっこに交じって 「 恐竜展 」 にでも行くかと思いたつ。
 そんなワケでパシフィコ横浜で開催されている 「 恐竜科学博 ~ララミディア
 大陸の恐竜物語~ 」 へ行ってきた。
  「 恐竜展 」 に足を運ぶのは、低学年のころにそれこそ国立科学博物館で
 開催されたやつ以来のこと。 夏休み期間中は絶対的に混むであろうから明
 けたこの時期に行ったのだけれども、それでもちびっこから大人まで多くの人
 が来場していて、かなりの賑わい。 おそらく平時であれば動けないないほど
 の人で賑わってて、今回ほどにユックリと観て回ることはできなかったんじゃ
 あなかろかと。 なんか良くも悪くもだよなぁ…。
 
 最大の見どころは日本初展示となる、ほぼ完全な全身の骨格と世界初の大型皮膚痕が残る 「 レイン 」 という愛称の トリケラトプス の実物全身骨格で、何でも完全体で見つかることがほぼほぼ無いことから 【 奇跡の化石 】 と称されているとのこと。
それに対をなす 「 スタン 」 と呼ばれる ティラノサウルス で、こちらは骨格標本とのことだけれども、ポージングにスゲェ躍動感があり、まるで 「 ジュラシックパーク 」 を観ている感じ。
他にも恐竜としては世界で初めてとなる脳腫瘍の痕跡があり、また無数の怪我や骨折した痕跡が残る ゴルゴサウルス の骨格標本をはじめ最大の翼竜 ケツァルコアトルス や モササウルス と大型の恐竜が展示してあり、見どころ満載で楽しかった。
 にしてもオレが子供の頃は、 ティラノサウルス や トリケラトプス に ステゴサウルス、 プテラノドン 、 ブロントサウルス のメジャーどころと、知ってても アンキロサウルス と パキなんちゃらくらいだったのに、今の世はやたらといろんな名前の恐竜がいて、どれも名前が難しくて覚えられない… それだけ発掘されてることと研究が進み細分化されている証拠なんだろうね。
 
       20210904_14523020210904_143100
       20210904_14473120210904_143155
 
 これはオレも含めてのことなんだけれども、こういうところに来て躍起になって写真を撮ってると、展示物を観に来ているのか? ただ写真を撮りに来てるのか? 解らなくなってくる。 また展示物、解説文を読む前に写真を撮るの間違った順番を改めねぇとなぁ。 解っちゃあいるんだけどついついね…。 あとは人がカメラを構えているにもかかわらず平気でカメラの前に入ってきて写真を撮る若い女性の多いこと多いこと。 要はルールとマナーを守って楽しもうってぇこと!

2021年8月 8日 (日)

「 ルネ・ラリック リミックス 」 へ行ってきた。

 このコロナ禍で久しく美術展やイベントから足が遠ざかっていることもあって、なにかしら行きてぇなぁと思ったんで、検索してみれば、「 東京都庭園美術館 」で、好きなガラス工芸家のルネ・ラリックの 「 ルネ・ラリック リミックス 」 が開催されているのをみつけ 「 これは是が非でも 」 ってぇことで行ってきた。
 
      20210807_12060720210807_120813
 
 「 東京都庭園美術館 」 などと言うから、長年のあいだ 「 兼六園 」 や 「 六義園 」 のように 【 日本庭園 】 をどうこうしているものかと思っていたら、なんでも 「 旧朝香宮邸 」 という 1933 年に建設されたアール・デコ様式の歴史ある建築物を美術館や展示会場として開放しているとのこと。 たしかに江戸川乱歩の小説に出てきそうなお金持ちのお屋敷の佇まい。
 それはそれとして、「 自然 」 をモチーフとした装飾品や壺、レリーフが多く展示。 どれもキレイだし観ていて心躍らされるものがあって見応えも十分以上なんだけれども個人的にラリックと言えば 【 香水瓶 】 なんで、こっちを重点的に鑑賞といった感じ。
絵画と違いガラス工芸なんで写真撮影 OK そのなかの香水瓶をいくつか。
 
      20210807_12411820210807_124337
      20210807_12424320210807_124323
 
 上段左から 「 真夜中 」 「 カシス 」 「 セミ 」 「 3羽のツバメ 」  このへんはアートブックでよく目にするもの。
箱根に 「 ラリック美術館 」 があるのは知ってるけれども、如何せん箱根に興味がねぇから行くこともなし。 故にラリックの作品に触れる機会がねぇだけ ( 自業自得なんだけどね…。 ) に、多くの作品を実際に目にできてホントにヨカッタと思うばかり。
 
               20210807_12201220210807_122240
      20210807_12401320210807_125451
 
 この企画のためなのか? それとも元から 「 旧朝香宮邸 」 の所有のものなのか? は説明を読んでねぇんで、よく解らんのだけれども、何にせよ、天井照明のガラス装飾も見応えあり。
また元皇族のお屋敷ということもあって天井や床、ちょっとしたところまで装飾がほどこされていて、建物自体も見応え十分以上。
 
                       20210807_135302
 
 余談として今募集中の 乃木坂46 5 期生メンバー募集のポスターを渋谷駅で見かけたんで記念に。
現メンバーも 「 迷ってるなら応募しろ 」 と言ってったし、オレもオレで機が熟してきた頃合いでもあるんで、応募してみようかなぁと。
バナナマンの日村じゃあねぇけれども、ホント 【 いつか混ざりたいものです。 】 だよ。
何にせよ、現メンバーを凌駕する逸材が多く入ることを祈るばかり。

2021年7月24日 (土)

【 東京タワー 】 へ行ってきた。

  20210718_13403720210718_13461520210718_134847
 
 先日 「 等々力渓谷 」 散策へ行った際、思いのほか散策が早く終わってしまったので、路線バスで来た道を戻り、寄り道がてら近々行こうかと思っていた 「 東京タワー 」 とその界隈を巡ってきた。 段々に近づく姿を撮りたくあったんで、ひとつ手前のバス停で降りることに。 その姿は雄雄しくもあり、女性的でもありでホントに素晴らしい。
 まぁそれはそれとして、生まれてこのかた東京に長年住んでいるにもかかわらず、 近くに来ることはあっても 「 東京タワー 」 に来ることがなく、記憶が定かじゃあねぇけれども、おそらく死んだじぃさんに連れられて幼少期のころに来て以来のこととおもう。
高所 & 揺れ恐怖症なんで、わざわざ金を払って怖い思いをするなんざ 【 愚の骨頂 】 なんで、取りあえず写真だけ撮って帰ろうと思うも来たら来たで、急に展望台に行きたくなり、 150 m 上のメインデッキへ行くことにし、そこで何を血迷たのか? エレベーターではなく、クソ暑いなか 【 階段 】で昇ることを思いたつ。
 
       20210718_14193720210719_122407_20210719154901
 
 メインデッキまで 600 段あり、 300 段までは比較的余裕もそれ以降は息は絶え絶え、足が上がらず動かずで死ぬ思い…。
それでも何とか 15 分ほどで登り切るも、着いたら着いたで怖くて窓にも近づけず壁沿いに歩き、足早に一デッキを回りして、帰りは足がカクカクして踏ん張りが利かず、危ねぇんでやむなくエレベーターで早々に下界へ。 正味 5 分も滞在していなかったことと思う。
要は 「 東京タワー 」 は 「 富士山 」 や 「 モンサンミシェル 」 同様に 【 遠くから眺めてこそ 】 を実感。
 
 せっかく近くに来たついでに 「 増上寺 」 と 「 愛宕神社 」 に、いろいろと頼みたいことがあるんで寄ることに。
 
             20210718_15063220210718_144519
       20210718_14450620210718_145644
 
上段左 : 「 増上寺 」 本殿と 「 東京タワー 」
上段右 下段左 : 「 千躰子育地蔵尊 」
下段右 : 徳川家の菩提寺ということもあって歴代将軍が埋葬されていて、写真は二代将軍 秀忠と正室お江さんの墓。
      他にも 皇女和宮 なども。
 
       20210718_15312920210718_153515
             20210718_15274720210718_152801
 
上段 : 「 愛宕神社 」 本殿と茶屋名物の神社で採れた梅のシロップとジャムのかき氷。 さっぱりしてて進む進む。
上段 : 有名な 「 出世の石段 」  この階段をかつて 乃木坂46​ の三代目オレ的センターの かなりん ( 中田花奈 ) がヒット祈願で、巨
     乳を揺らしながら駆け上がった姿を思い出す♪
 
 そんなこんなで、コロナ感染予防はもちろんのこと、真夏日、猛暑日、酷暑日の外出は 【 熱中症 】 に十分気を付けようということ!

2021年7月19日 (月)

【 等々力渓谷 】 へ行ってきた。

 梅雨明けしたのはイイけれども、こうも毎日クソ暑いとどこか涼しいところへ行きたくなってくる。
ってぇことで、以前から一度は行ってみたいと思っていた、東京 23 区内唯一の渓谷と称されている 【 等々力渓谷 】 へマイナスイオンを浴びに行ってきた。 普段であれば、 「 金で時間を買う 」 つまりそれなりに交通費をつかって早く目的地に行くとところを、今回は等々力渓谷以外まわりに観るべきところがないことから、 「 時間で金を買う 」 にシフトチェンジし、東京駅からほぼほぼ終点まで約 1 時間かけて路線バスで行くことに。 終点ひとつ手前の等々力駅で下車し、歩いて 5 分とかからずのところから渓谷がはじまっていて、何かにつけて交通の便がよくホントにありがたい。
 
              20210718_11063120210718_110608
 
 この日の気温は 「 31° 」 の真夏日、なれど渓谷内は 「 26° 」 とその差 「 5° 」 と、すげぇ涼しいとまでは行かないまでも、まぁそれなりに涼しいといったところ。 渓谷なんて言うもんだから清流をイメージしていたんだけれども、都内の生活圏内ということもあってか、濁ってはいなくとも、思っているほどにキレイというワケではなし… 静岡県三島の柿田川湧水や源兵衛川をイメージしてただけに…。
とは言え、これが 23 区内にこれだけの渓谷と自然があるのかと感動させられる。
 
       20210718_11071720210718_110838
       20210718_11510620210718_113223
 
 途中には 「 不動の滝 」 や 「 野毛大塚古墳 」 があり、まぁ小一時間もあれば回り切れてしまうかなぁといったところ。
そんなワケで、他に観るべきものもがなく、思いのほかかなり早く散策を終えてしまったんで、取りあえず昼飯をくい、再びバスに乗りルートの途中にある近々行こうと思っていた 「 東京タワー 」 に急遽行ってみることに。 その辺のことはまた後日に。

2021年7月10日 (土)

街中エロ遺産 【 夢のまた夢 】

       20210529_16544520210529_165450-2
 
 スマホなど存在せず、まだ VHS やレンタルビデオが隆盛だった平成のはじめのころは、ビデオ屋で AV を借りるのも恥ずかしかったりで、 今の世のようにお手軽にエロ動画なんぞ観ることなんぞできなかった。
まぁそういう成人男子の事情を踏まえてというか、つけ狙った上記の写真のような神保町のエロ本屋やラムタラのように表立ってではなく、健全とは程遠い… いわば地元のその筋の人たちが、ほぼ間違いなく絡んでいると思われる怪しい店が、どの街にも 1~2 件は存在していたように記憶している。 さらに遡れば、オレがまだ子供のころ街中に普通に 【 大人のおもちゃ 】 屋があった。
まぁそれはそれとして、その平成の遺産ともいうべき 【 エロビデオ屋 】 の名残を都内某所で発見。
もぅ何だろうね、看板のドの字の濁点が 「 💛 」 なのと 「 大人の夢をかなえる! 」 ってぇフレーズがたまらんねッ!
 

2021年6月24日 (木)

乃木坂46 さ〜ゆ〜Ready? さゆりんご軍団ライブ / 松村沙友理卒業コンサート

20210623_210231
  6 月 23 日に横浜アリーナで開催された、乃木坂46 さゆりん または まっ
 ちゅん こと松村沙友里の卒業コンサートに参加してきた。
 まさか有観客で開催になるとも、チケが当たるとも、ましてや さゆりんご軍団
 悲願のライヴも併せて開催、この日のために卒業した元軍団員の 琴子 (
 佐々木琴子 ) 、 かりんちゃん ( 伊藤かりん ) 、 個人的 3 代目センターの
  かなりん ( 中田花奈 ) が戻ってくるとも思ってなかっただけに軍団推しとし
 ては最高のひとこと!
  在籍中はルックスは乃木坂屈指も塩対応、無表情、無気力がゆえに人気
 が下の下だった、琴子が別人かの如く笑顔で活き活きとした姿に 「 どうして
 それができなかった? 」 と推してきた身としては、卒業して成長したことに
 対する喜びと、なんだよ感が… 超有能、乃木坂のお母さんと称されたかりん
 ちゃん も顎関節の術後の経過もイイようで、 MC の安定感も健在でさすが。
 
卒業後、趣味の麻雀を本格的に勉強し、先日プロ雀士となり、雀荘カフェもオープンさせた かなりん のクセの強いダンスもいま一度観られてと楽しいライブだった。
 
 後半は通常の乃木坂のライブに。 とにもかくにも個人的にセトリがヨカッタ。 取り分けて 「 でこぴん 」 で卒業した まいやん ( 白石麻衣 ) のポジションに、自分を慕い、可愛がっている後輩の 葉月 ( 向井葉月 ) を起用してくれていて、葉月のうれしそうな姿に推しとしている身としても、うれしさのあまり涙が出そうになったし、最後に花束を渡すところで 葉月 が号泣している姿を観て再び涙が出そうになった。 ホントこの子は美人だし、いつも全力で、サイコパスでイイ子なんだよねぇ。 マジで報われて欲しい。
 そんなこんなで、 まいやん がサプライズで登場するのでは? の予想は見事にハズれたものの、いつもニコやかな さゆりん らしい笑いにつつまれた、朗らかな卒業コンサートで最高に楽しかった。 お疲れ様でした。
 
 今回の座席はステージを 12 時としたとき、ちょうど 7 時の位置で 2 F 最前列、左は通路の角席、右隣はテレビカメラのため大きくスペースを確保していることで、ほぼほぼ 【 ボックス席 】 の様相。 手前に来たメンバーの顔もちゃんと認識できる最高のポジション。
しかも 正面に来たのが 推しの たまちゃん ( 阪口珠美 ) って最高すぎ♪ やはり推しの かずみん ( 高山一実 ) をはじめ いくちゃん ( 生田絵梨花 ) 、与田ちゃん (与田祐希) もしっかりと目に焼き付けることに♪

2021年6月 6日 (日)

聖地巡礼の旅 「 ガールズ & パンツァー 」 編

20210606_150402
  大好きなアニメ 「 ガールズ & パンツァー 」 の舞台となっている茨城県は
 水戸市大洗へ 【 聖地巡礼の旅 】 に日帰りで行ってきた。
 聖地巡礼の旅であると同時に母方の祖母の妹、つまり親戚が大洗で民宿を
 営んでいたのだけれども、かれこれ 20 年ほど前に血が絶えてしまったこと
 で、廃業し土地も手離したりで、その後、跡地がどうなっているか気にもなる
 から、ついでに見て来いと仰せつかり、中学の時以来、実に 30 年ぶりに水
 戸 & 大洗の地を踏むことに。 跡地は田舎とはいえ時世を反映して駐車場に
 様変わりしていて、面影の 「 お ​」 の​字もなし… 寂しいものである。
 
 鹿島臨海鉄道大洗鹿島線、「 ガルパン 」 仕様に乗ることはできず… 。
 運よくとなりホームに「 ガルパン 」 仕様車両が来たんでパチリ。
 電車を降りれば人気キャラがお出迎え。
 
      20210606_14372220210606_103820
 
20210606_111408
  梅雨の中休みということもあって雲が厚めのいまいちの天気のなか大洗駅
 を出てまずは店先にガルパンの登場キャラの等身大パネルが飾ってある 「
 曲がり松商店街 」 へ。
 日曜日ということもあってか、定休日のところが多くあまり等身大パネルを目
 にすることは叶わなかったけれども、商店街の中でも有名な店にも行けた
 し、お気に入りキャラも目にできたんで、取り合えずヨカッタといったところ。
 ( ← ) 劇中で度々カーブを曲がり切れず戦車がツッコむことで、ファンの間
 で人気となり、常に満室状態の割烹旅館の 「 肴屋本店 」 。
 他に劇場版で みほ が戦車で下り降りた大洗磯前神社とその階段や、ガル
 パンショップなどの聖地を一通り巡る。 ショップで何かしら買おうと思うも思い
 のほか欲しいもの、買いたいものがない… 着て恥ずかしくない T シャツが
 欲しいのに、キャラ柄なんだもんなぁ… せめて戦車とかにしてほしいよ。
 
         20210606_11593120210606_120324
 
  旅先での食にまったくこだわりがなく、どちらかと言えばマックや日高屋、吉野家といった安定の味を求めがちなんだけれども、さすがに歳も歳なんで、そろそろ大人になって地場のものを食わにゃあってぇことで、名物の 「 生シラス丼 」 とご当地スイーツの 「 みつだんご 」 をチョイス。 生シラス丼は美味いけれども生シラスの量が多くあったせいもあるのか? 海鮮丼とくらべると生臭さが強く、後半になると鼻につきはじめイヤになってくる… みつだんご はもち米や上新粉ではなく小麦粉でつくられているらしいんだけれども、何にせよあまり団子系が好きじゃあないから 1 串ではなく 1 個食えば十分かなぁと。 「 信玄餅 」 とか 「 赤福 」 は好きなんだけどね。
正直なところ 「 かねふく 」 の工場で試食した 「 明太子 」 がいちばん美味かった。
 
      20210606_12255020210606_111002
      20210606_12540220210606_111633

2021年5月16日 (日)

【 柱 】 は語る。

 電柱と電信柱にはそれぞれ定義があるようで、電力会社が家庭や工場に電気を送るために道路上に設置されているものが電柱で正式名称は 「 電力柱 」 。 一方、NTT などの通信会社が電話回線や光ケーブルを各家庭に届けるためのものが 「 電信柱 」 。
そして、その両方の役割を果たしているものを 「 共用柱 」 としているとのこと。
 それはそれとして、各柱にはそれぞれ管理者を示すプレートがあり、そこには設置した年月日や高さのほかに 「 路線名 」 が表記されている。 この 「 路線名 」 を見ながら歩いていると、その由来のほとんどは地名であったり、近くにある寺社仏閣、またはランドマークとなる公共施設の名前であることが解ると同時に手前ぇの住む街の過去 50 ~ 60 年前の歴史をうかがい知れることができれば、子供の頃の記憶の掘り返しもできて、イイ感じに暇つぶしになってオモシロい。
 
              20210503_12363520210503_123813
 
 うちの近くにある 「 新月 」 という路線名の柱。 由来は近くにある銭湯の 「 新月湯 」 であることはほぼ間違いなし。
設置された 50 年前の当時からすれば、銭湯は絶好のランドマークになりうるから使用されたのだろうけれども、2020 年の今となっては銭湯に当時の隆盛はなく、その 「 新月湯 」 も残念なことに 10 年以上も前に廃業し、名前と佇まいを残すのみ…。
 
   20210503_13003420210503_12480720210503_125354
 
 もうひとつは、最寄りの駅にある 「 日活 」 。 子供の頃、駅前に 2 軒の映画館があったことを記憶していて、そのひとつが 「 小岩スカラ座 」 というもので、なんやかやと変遷を繰り返して日活の劇場となった経緯と、銭湯同様に映画館もまた 50 年前の当時は絶好のランドマークだから使用されたものと推測。
85 年に閉館し、今は区のコミュニティセンターに。 ちょうどこのころに 「 ゴーストバスターズ 」 や 「 グーニーズ 」 を観て映画に興味を持ちはじめたことを思えば、もう少し営業していて欲しかったと思うし、足を運ばなかったことが残念に思えてならない。
その 「 小岩スカラ座 」 と目と鼻の先にあって、パチンコ屋等を経て今はドンキホーテとなった、東映系のエロ映画専門だったと記憶している 「 あんぐら劇場 」 。 こちらは 20 年前くらいまで建物は残っていたように記憶している。
電柱 & 電信柱の 「 路線名 」 に 【 郷愁 】 と 【 栄枯盛衰 】 を見る想い。 でもって何となくサイモン & ガーファンクルの 「 Kathy's Song 」 が頭の中に流れたんでね。
 
 まぁそんなワケで、 GW は終わってしまったけれどもこの先もコロナ禍でいつまた非常事態宣言が出て、再々延長もありえて、出かけるのを制限されるかもしれないんで、別に遠くへ行かなくても、金をかけなくても、興味のアンテナを少し広げるだけで、近場でそれなりの時間を楽しめて過ごせる参考になればと♪