銭湯潮流

2021年7月 3日 (土)

銭湯潮流 【 稲荷湯 : 千代田区 】

 都内でも土地柄ゆえ 3 湯と銭湯過疎地区の千代田区の 2 湯目となる 「 稲荷湯 」 の湯に浸かりに行ってきてた。
大手町が近いうえに、すぐ横を首都高が走り、先日の同じ千代田区の 「 梅の湯 」 とはまた違ったビル群の谷間にあり、名前の由来はおそらく、目と鼻の先にある 「 御宿稲荷神社 」 から来てると推測。
 
      20210529_15585120210529_155814
 
 都心の銭湯らしく小さく狭いけれども、白を基調としていることで実際より広く感じられる。 客層も上記の 「 梅の湯 」 同様に地元のご隠居連中とランナーが中心。 口コミなんかを見ると、投稿者の感じ方ひとつだから必ずしもではないんだけれども、接客態度があまりよろしくないと評判はイマイチの感じ… 幸いなことにオレが行った時間帯はランナーが少なかったことで、比較的ゆっくりと入れたし、接客態度もごくごく普通で、とりあえずは嫌な思いをしなくてヨカッタヨカッタといたっところ。

 

2021年5月 1日 (土)

銭湯潮流 【 梅の湯 : 千代田区 】

20210403_161957
  都内でも土地柄ゆえ 3 湯と銭湯過疎地区の千代田区、古書街でお馴染みの神保町に
 ある 「 梅の湯 」 へ岩波ホールで映画を観て、恒例の書籍買い出しツアーでかいた汗を流
 すべくひと風呂寄ってきた。
  地下鉄の神保町駅を上がってすぐと立地はすこぶる良くも、脇道の脇道、ビルの谷間に
 あるから、気が付かなければ見落としがち。 実際、10 代のころからかれこれ 30 年近く神
 保町をホームとしているオレも存在に気づいたのは 10 年ほど前のこと。
 まぁそれはそれとして、まぁこれも土地柄ゆえなのだろう、客層としては地元の人というより
 かは、ほとんどが皇居界隈をジョギングしているランナーが占めていて、狭さも手伝って地
 元の体育館のシャワー室といった趣で、気持ちせわしなくリラックスはできねぇなぁと…。
  これは土地柄が理由ってぇワケじゃあねぇんだろうけれども、 オレがよく行く地元の 「 照
 の湯 」 や先日の台東区の 「 燕湯 」 に荒川区の 「 帝国湯 」 といった下町の激熱の湯と
 比べると、かなり軟な温度。 まぁランナーにとっては火照った身体に優しくはあるけど、熱
 湯いにアゴまどつかるのが好きなオレとしてはかなり物足りなくある。
 そんなこんなで、ランナーの少ない時間帯を見極めて、そこを狙って行ければリラックスで
 きるんじゃあねぇかなと。

2021年4月 4日 (日)

銭湯潮流 【 帝国湯 : 荒川区 】

20210327_163652
  どこか映画を観たついでに立ち寄れる趣のあるオモシロそうな銭湯は
 ねぇかと探していると、すげぇ古い佇まいで趣のある 「 帝国湯 」 を発見。
 場所も荒川区の三河島とTOHOシネマズ上野と目と鼻の先だし、幼馴染
 が住んるしで、何かと都合もヨカッタのでこれ幸いと行ってきた。
  いや~マジでここは全てにおいて素晴らしい! のひと言。
 サイトに掲載されている写真からも解るように、脱衣場はもちろん浴場の
 サッシ枠がすべて木製、その両方から庭を眺めることもできるし、富士山、
 鯉の壁画も見応えあり。 脱衣場の格天井をはじめ柱の礎石、庭の内壁の
 レンガ塀に柱時計と見応え満載で入っていてワクワクさせられっぱなし。
 何より、熱い湯が好きなオレでも 5 分と入っていられないほどにクソ熱い
 熱湯風呂がクソ最高! また行きたいと思わせる素晴らしい銭湯。

 

2021年3月20日 (土)

銭湯潮流 【 吉野湯 : 江戸川区 】

 銭湯潮流の地元江戸川区シリーズの第 7 弾。
同じ区内でも電車で 2 駅先のため、自転車で気軽に行くにはチョイと面倒くせぇ距離なんで、映画を観た帰りに途中下車をして
吉野湯 」 に行ってきた。
 
      20210213_16312720210213_171945
 
 白を基調とした外観もさることながら内部もキレイ、休憩所にあるテラス付きの庭園は思いのほか立派で、湯上がりにここで涼んでいるとさながらどこかの旅館に来たかと錯覚させられる。 湯の種類も豊富 ( サウナは無し ) 、脱衣所にあるタイルで金魚をあしらった洗面台も和モダンでオシャレだし、飲み物 & アイスの種類も豊富、オマケに駄菓子もあり、何より番台のおばちゃんの愛想がすこぶるイイとあって、最高の雰囲気の銭湯。
 
そんなワケで、 【 オレ的 ミシ湯ラン 】 では 「 ★ ★ ★ 」
今までに 区内外 30 軒ちかく銭湯を回ってきて、今まで 3 つ星 を獲得しているのはいちばんお気に入りの 「 照の湯 」 のみだからこれは快挙だな。

2021年3月 7日 (日)

ぶらり 湯らりスタンプらり ~ 2020 コンプリート!

20210304_08524820210304_085324
  江戸川区の銭湯組合が主催するスタンプラ
 リーをコンプリート!
 重複どうこうの細かいルールはあるものの、
 基本は取り合えず江戸川区内にある銭湯を
 20 ヶ所回れというもの。
 重複は 1 回のみで、計 19 ヶ所を巡り、これで
 区内にある銭湯、 32 ヶ所のうち 23 ヶ所を巡
 ったことに。
  そんなワケで、マスコットの 【 お湯の富士 】
 のバスタオルが欲しくて始め、ようやくコンプリ
 ートして念願のバスタオルを Get!
 まさか 5 P の手ぬぐい、 10 P のがま口とそ
 の都度景品を貰えると思っていなかったから
 これはマジでウレシイ大誤算♪
 大事に大事に使おうと思う。

2021年2月28日 (日)

銭湯潮流 【 三の輪湯 : 新宿区 】

20210130_155313
  以前観に行った、美輪明宏のコンサートでのセットのような内装の浴場
 をサイトで目にして、機会があればそのうち行きてぇと思っていた、新宿
 区にある字こそ違えど、奇しくも 「 みわ 」 つながりの 【 三の輪湯 】 へ新
 宿で映画を観たついでにこれ幸いと行ってきた。
  サイトに掲載されているバラ園、鹿、そしてギリシャだかローマ彫刻の壁
 画はどうやら女湯の方らしく、男湯は軽井沢あたりの高原一面にチューリ
 ップというものだった。 銭湯と美輪明宏的美の世界観の組み合わせを期
 待していただけに残念極まりなし。
 まぁ、男湯でこの世界観は入っていて確かに気持ち悪くはあるわなぁ…。
 ドライだけではなく、ミストサウナもあることで、人気があるようで、夕方の
 早い時間のワリにはかなりの込み具合。

2021年2月14日 (日)

銭湯潮流 【 イーストランド : 江戸川区 】

20201123_201453
  銭湯潮流の地元江戸川区シリーズの第 6 弾。
 家から自転車で 5 分のところにあり、先日の鶯谷にある 「 萩の湯 」 ほど
 ではないものの、負けず劣らずのハイスペック銭湯の 「 イーストランド
 へ行ってきた。
  故に人気があるところへ持ってきて、行ったのが日曜夜の 9 時過ぎだっ
 たこともあってか、かなりの人出。 それでも 10 時を過ぎればそれまでの
 混雑がウソのようにサァーっと引いていき、かなりユッタリできる。
 おそらくウィークデーの 10時過ぎならばほぼほぼ独占状態かも知れん。
  右上腕部の筋を痛めているんで、マッサージになればと電気風呂に入
 ったのはイイけど、出力が強いのか? それとも体質的に合わないか?
 入ったと同時に心臓が、クゥーっ! と… 危ない、危ない。

2021年1月10日 (日)

銭湯潮流 【 ひだまりの泉 萩の湯 : 台東区 】

20210104_155653
20210104_154630
  先日 【 谷中七福神巡り 】 をした際、4 時間
 以上も歩いたことで、ヘバった足をほぐし、か
 つ汗を流すため、鶯谷の駅近くにある都内で
 も屈指のスーパー銭湯化した公共の銭湯で
 ある 【 ひだまりの泉 萩の湯 】 に行ってきた。
  ビルの各フロアが丸々男湯、女湯になって
 いるうえに、露天風呂を含めて湯の種類が 4
 ~ 5 もあり、休憩室にはレストランが併設して
 あるスゴい銭湯。 これだけの設備であるにも
 関わらず、通常の公共浴場入浴料金 ¥470
 で入れることもあって、浴場も休憩所もスー
 パー銭湯なみの人出で、手間ぇのペースで
 ゆっくりと入浴するのはやや困難…。
  酒も販売しているけれど、まったくの下戸な
 んで、サイダーで水分補給♪

2021年1月 2日 (土)

銭湯潮流 【 燕湯 : 台東区 】

20201219_154707
  先日、上野で映画を観た際、思いのほか時間があまったんで、以前から
 行きたいと思っていた、TOHOシネマズ上野および最寄りの JR 線 御徒町
 駅からともに 3 分もかからないところにある 「 燕湯 」 に行ってきた。
  なんでもこの銭湯は建物と、浴室にある富士山の溶岩で作られた大き
 きな岩山が、現在では富士山が国立公園となって溶岩などの鉱物を持ち
 出すことは当然できないことから、東京都の銭湯では唯一の国の有形文
 化財に登録されているという歴史ある銭湯。
  中は思ったほど広くはなしも、富士山の溶岩で模した滝は思いのほか
 見応えあり。 湯の温度は江戸の下町らしくかなり熱めと聞いていたのだ
 けれども、早朝開店の午後 8 時閉店ということで、夕方も 5 時にもなる
 と、かなり温めの状態に…。
 
20201219_154543
20201219_154536
  店先にある 「 登録有形文化財 」 のプレート
 と、板に 「 わ 」で 【 湯が沸いた 】 つまり営業
 中、「 ぬ 」 で【 湯を抜いた 】 となり閉店を知
 らせるプレートも。 これは江戸情緒が残る上
 野界隈らしく江戸言葉かと思いきや、アーティ
 ストの人が作ったものとのこと。
 まぁ、アーティストだから自己アピールってぇ
 のも必要なのは解るけど、せっかく江戸情緒
 が出ててイイ感じなのに、語ることで野暮にな
 っちゃってるのがもったいない。
  夕飯前の 5 時ころに風呂に入ると、もぅ動く
 気もしねぇし、眠くなっちゃってダメだね…。
 でも、出先で風呂に入るってぇのもこれまた気
 持ちがイイんだよね♪

2020年10月18日 (日)

銭湯潮流 【 鶴の湯 : 江戸川区 】

Dsc_0488
  銭湯潮流の第 5 弾。
 暗くて解らないけれども、昔ながらの唐破風作りの 「 鶴の湯 」 へ。
 外観同様に脱衣所も昔ながらの銭湯の作りながらも、浴場はリフォームを
 したようで広く、とてもキレイなうえにシャワーの湯量も豊富と快適な作り。
 サイケな色彩の葛飾北斎の 「 神奈川沖浪裏 」 も壁画もなかなかだし、何
 より 【 露天風呂 】 があるのがウレシイ!!
 温泉と違い沸かした湯なんで、冷めてしまうようでやや温めの湯加減。
 だもんで入っては出てを3セットほど繰り返せば、イイ感じに温まりリラック
 スできるし、そこそこ長居もできてお薦めの銭湯。
 故に人気があるようで、お客さんも多くなかなか自分の好みのペースにと
 はいかないことも。
 
Dsc_0475
 
  おそらく築 40 年以上は経っていそうな雑居ビルというか、マンションらしき建物の
 1 階と銭湯としては珍しい立地にあることから、この企画をはじめる以前から気になっ
 ていたこともあり、第 5 弾として行こうと思っていた 「 大黒湯 」 だったのだけれども、
 残念なことに入口には去年の 6 月をもって閉める旨を知らせる張り紙が。
  そもそも地元にある銭湯をコンプしようと思いたったきかっけは、近所にあった 「 春江
 湯 」 が 2 年ほど前にやはり閉めてしまったのを見て、1 回は来ておくべきだったと後悔
 したんで始めたんだけれども、まさかその半年、1 年後に気になっていた銭湯が閉めて
 しまうとは…思い立ったが吉日で始めねぇと後悔することになるんだねぇ…。
 店主の高齢化、利用者の減少による経営難、そして再開発によるものと閉める理由は
 それぞれ。 にしてもオレが子供のころは近所に 7~8 軒の銭湯があったのに今や 2 軒
 ほどになってしまった。 現に小中学校の同級生の家がやっていた銭湯もつい 5 年ほど
 前に閉めてしまい、今ではそこが銭湯だった面影も皆無のコインパーキングに。
 ホントに残念なことだ。 銭湯文化を大事にせねばと、この企画を始めてつくづく実感さ
 せられる今日この頃。