カテゴリー「金剛石は砕けない」の記事

2020年5月23日 (土)

鉱物これくしょん

 コロナウィルス騒動もようやく終息の兆しが見え始めてきた今日この頃だけれども、第二波を防ぐことを考えれば外出は未だ控えるべきなのであろう。
そういう経緯もあって、当初の予定では今年 1 年かけて小出しにしていくつもりだった、自販機や銭湯の記事をこの 2 か月ですっかり吐き出してしまったことで、すっかりブログのネタが尽きてしまったうえにヒマ潰しのネタも尽きてしまった…。
 つい 2 年ほど前まではコレクションするために年に 10 万ほど散財していたのだけれども、最近ではメンバーと握手するために、要らない CD を数枚も購入したり、コンサートのために新幹線を使って名古屋まで行ったりと、趣味の優先順位を乃木坂ちゃんに奪われたことで、すっかりなおざりになってしまった、コレクションしている鉱物標本を久々に愛でつつ、整理することに。
 
Dsc_0460-2_20200517220701Dsc_0456-2_20200517220701Dsc_0461-2_20200517220701
Dsc_0472-2_20200517220701
 
 天藍石
  光がもっと当たっていれば、鮮やかな瑠璃色の結晶であることが、よく解るところなん
 だけれども、なんせ写真 … 取り分けて接写が苦手ときてるもんでね…。
 
 杉石
  サイズ的には 30 ㎜ 程度しかないにも関わらず、思いのほかそれなりにする代物。
 何にせよ、この紫色が気に入っていてる。
 
 ソーダ珪灰石
  シルキーな結晶が気に入って購入。
 
 氷長石
  氷長石とはよく言ったもので、その名のようにまるで氷、もっと言えば氷山を思わせる。
 そう思うと、下の緑泥石の粒々はさしずめ地表といったところか。

2018年6月 3日 (日)

第31回東京国際ミネラルフェア

Sto001_2
 ハイアットリージェンシー東京で開催された第31回東京国際ミネラルフェアに2年ぶりに参加してきた。
前回は軍資金2万円内でおさめようと思うも、案の定あれも欲しいこれも欲しいとなり最後はクレジットカードを投入するはめになり、その後1~2か月は返済でカツカツの生活を送るはめになった苦い経験を活かし、今回はクレジットカードを持って行かず軍資金2万円のみで参加することに。
 スゴイ人ごみと蒸し暑さのなか会場を2~3周して目ぼしいものをチェック。
今回は思いのほかコレと思うものが見当たらず…そん中、持っていない赤銅鉱をみつけ、値段も手ごろだったんでとりあえず購入しコレクションの仲間入りさせるこことに。

続きを読む "第31回東京国際ミネラルフェア" »