カテゴリー「黄金体験譚」の記事

2020年1月11日 (土)

気になるあの娘はあきたこまち 💛

 米屋の前においてある市女笠をかぶった秋田美人さんが、モデルをつとめる秋田県産米 【 あきたこまち 】 の看板が以前から気になっていたんで、写真に撮りためようと思いつき、いつものごとくネットで米屋の所在を検索し、期待しながら現場へ向かうも、思いのほか設置していない米屋さんが多く、スカされまくりでガッカリすると同時にビックリ… Σ( ̄口 ̄|||
 
Dsc_0305Dsc_0288Dsc_0289
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 調べてみれば何でも何年か前にデザインを一新したとのことで、故にこのモデルさん版も20年近くも前のものと古く、とっくに廃棄されたとか、そもそもからしてそこの米屋さん自体で 「 あきたこまち 」 を取り扱っていないというのもあるだろうから、なかなか見つけられないのも解らないでもない…ないけど、乾電池の自販機 ( 1 & 2 ) 以上に見つけられないのはキビしい。
そんなワケで早くも行き詰まってしまった感じ…。

2019年12月27日 (金)

今年2度目の 「 ご用意できました 」

_20191227_164957
       「 行くぜ 名古屋ッ!! 」 
  来年の2月 、ナゴヤドームで開催される乃木坂46の 「 8th YEAR BIRTHDAY LIVE 」
 の3日目を1次受付で当選して参戦することに♪
 開催4日間中、 3日目 & 最終日の2日しか申し込んでいないにも関わらず、当選したの
 はマジでラッキー♪ 欲を言えば最終日…できれば2日間当選であればもっとヨカッタん
 だけど、当たるだけでも超ラッキーだし無問題。 とりあえず2次で最終日を狙うべ!
 
 
 最終日にはおそらく恐怖の 【 卒業発表 】 がありそうだな…。
大本命はまず間違いなく まいやん ( 白石麻衣 ) 、対抗 かずみん ( 高山一実 ) もしくは まいちゅん ( 新内眞衣 )のどちらかで、大穴で琴子 ( 佐々木琴子 ) と読む。
まぁ、まいやんは年齢的に仕方がないし、以前から覚悟してるメンバーだから別にショックはそれほどだけど、とにもかくにも かずみん だけは絶対的に卒業してして欲しくない!
 
 シングル曲以外のアンダー曲、ユニット曲ならば、 「 三角の空き地 」 「 サイコキネシスの可能性 」 「 スカイダイビング 」 「 魚たちの LOVE SONG 」 の4曲と、さゆりんご軍団をライヴで観たい。
「 魚~ 」 の まいまい ( 深川麻衣 ) & ななみん ( 橋本奈々未 ) がスッゲェ尊い!
 

2019年11月24日 (日)

乃木坂46 個別握手会に 「 また 」 行ってみた ♪

 幕張メッセで開催された、乃木坂46 24th シングル 「 夜明けまで強がらなくていい 」 の個別握手会に参加してきた。
前回は初めての握手会ということもあって要領がよく解らず、取りあえず試しに推しのかなりん ( 中田花奈 ) だけとし参加したワケだけれども、お目当てのメンバーと握手できた満足感は得られど、終えてみればやっぱりひとりだけというのは半端なく物足りなかったため、その反省を踏まえ今回はそこに 琴子 ( 佐々木琴子 )、ちま ( 樋口日奈 )、珠ちゃん ( 阪口珠美 ) と他にも推しているメンバー3人をプラスし、運良く4人とも1次受付で当選。
 
 
Dsc_0334
  メンバーと時間指定の個別ということもあって前回の全国握手会と違い、待っても1時
 間ちょいとあってホント心身ともに楽のひとこと。
 ただ、この日は会場となった幕張メッセでは、握手会のほかにアメコミのコミコンと韓流ア
 イドルのコンサートと複数のイベが重なったため、京葉線はメチャ混み…。
 
  それはそれとして、第2部 12:00 ~ 13:30 かなりん & 琴子に会うべく列へ。
 まずは、かなりんとご対面♪ 前回のかなりんは気持ちツケマ盛りすぎだったけれども、
 今回は到って普通で安定のカワイさ。 麻雀好きでMリーグの番組にも出演してることも
 あり、「 今度、流し満貫を狙ってみては? 」 と持ち掛けてみたところ、思いのほか食い
 ついてきてくれて持ち時間を過ぎても話してくれて、ホント大満足の極み♪
 間髪入れずに琴子に会いに。 琴子は乃木坂内でもトップクラスの美人さんなのに、ルッ
 クス以外、アイドルとしての資質すべて欠如してることもあって、人気は下の下…。
 安定の 【 ルックス 】 安定の 【 塩対応 】 であったけれども、まぁこれが彼女の魅力でも
 あるし、ファンとしては必ず覚醒することを信じるのみ。
 ホント、スゲェ美人さんなのにもったいない…。
 
 第3部 14:30 ~ 16:00 ちま & 珠ちゃんに会うべく再び列へ。
ちまはまだ21歳にも関わらずの人妻感の色気、それに対してのイイ子感の両方をかね揃えてて、この辺のギャプが実にイイ♪
また、巨乳ちゃんなところにもってきてぱっつんニットぽいのを着てるからマジでイイ子と思えて仕方がない。
4人目の珠ちゃんに会いに。 握手会もまだ中盤だから大丈夫だと思っていたんだけれども、やはり心身共に堪えるようで、やや疲れ気味の表情…それでもカワイイことに間違いはない。
ただこの子は他のメンバーと逆で生で見るより、TVで見た方が映えるタイプかなぁと。
 
 日ごろの行いがイイせいかこの日は、2部と3部の間に4期生の掛橋ちゃんの誕生日イベが催され、たまたま並んでいたところの近くが壇上だったため、それなりに顔を目視することができたり、目当てのメンバーのレーンに並んでいる時、普段ならパーテーションで他のレーンのメンバーは見えないように仕切られているのに、なぜかこの日はその辺がルーズだったようで、でんちゃん ( 佐藤楓 )、 麗乃ちゃん( 中村麗乃 ) 、 あやティー ( 吉田綾乃クリスティー ) 、の3人をガッツリ拝めるという幸運に恵まれてしまった♪
にしても、でんちゃん & あやティーの顔の小ささは尋常じゃない! ホント、メンバーの顔の小ささには毎度ビックリさせられる。
 
 今回、各部2人としたけれどもあと1人プラスしてもかなり余裕ありなんじゃねぇかなぁと。
次回また個別握手会に参加することがあれば、まだ握手したことのない上記の3人を含め、葉月 ( 向井葉月 ) 、与田ちゃん ( 与田祐希 ) 、 4期生の真佑ちゃん ( 田村真佑 )、 聖来 ( 早川聖来 ) あたりを狙ってみるかな。
ちなみに上の写真は会場の隣で催されている生写真交換会の模様。 親切な交換主さんが初心者のうえに交換する写真を持っていないオレに処分品でよければとかなりんの生写真を10枚近くくれた♪ ありがたいこってす♪

2019年11月17日 (日)

夜散歩 「 湯島天神 & 神田明神 」

Dsc_0330
  先日、夜に上野で映画を観た帰り、まだ宵の口だったこともあり歩いて
 鶯谷まで足を運び、飯を食いまた上野に戻り湯島を回って夜の湯島天神
 と神田明神へ参って来た。
 去年もちょうどこの時期に参りに来たんだけれども、11月の今ごろが暑く
 もなく寒くもなく、季節がら菊祭りが開催されていたり七五三のお祝いで
 華やかだったりで、参拝に訪れるには気持ちのイイ季節。
 
  夜の上野 & 鶯谷へはよく行くけれども湯島界隈となるとかなり久々。
 夜は神様の時間などと言われて、夜の寺社仏閣へ足を運ぶのは良くねぇ
 みてぇなこと言われてるけど、夜10時近くなっても境内にはポツポツと人出
 もあればライトアップもされていて、イイ感じにまったりできる。
 
Dsc_0326Dsc_0331
  湯島天神は暗いから、明るい神田明神の方
 が比較的まったり出来るんじゃねぇかと。
 オレは下戸なんで、ファミマのコーヒーだけれ
 ども、飲める人は缶ビールなんか持って行っ
 ても罰当たりかも知れねぇけど乙かも。
 
  まぁ、あと大事なのは BGM よね。
 キリンジ  「 エリアンズ
 福耳 「 惑星タイマー
 PSY・S  「 LEMONの勇気
 人間椅子 「 踊る一寸法師
 トム・ウェイツ  「 Grapefruit Moon 」 &
      「 Hope I don't fall in love with you
 あくまで個人的な選曲だけど、この 5~6 曲で
 軽く30分はまったり出来ること間違いなし。
 
 湯島天神の写真も撮ったんだけれども、暗くてあまり巧く撮れなかったし、動画も自撮り棒なんていう文明の利器なんざ持ってねぇからブレブレで、見せられたもんじゃねぇんで、UPするのは諦めることに…。
今回のコース 上野 → 鶯谷 → 上野 → 湯島天神 → 神田明神 → 秋葉原
 
 湯島界隈はラブホテル街でもあるんだけど、同じラブホテル街でも渋谷の円山町のように若者をターゲットにしたオシャレ感やポップ感、カップル 2割、デリヘルの客 8割の鶯谷の猥雑感 (この猥雑 & 昭和感が最高なんだけどね ♪ ) がなく、ホテルとホテルの間も広くスゲェ落ち着いていて雰囲気が大人で最高なんだよなぁ。
渋谷や歌舞伎町のキャピキャピしたところが苦手な人は、湯島をお薦めしたい♪

2019年11月 3日 (日)

ゴッホ展

Dsc_0314
  20年ほど前にアムステルダムのゴッホ美術館に訪れた際に、かなり遠目から作品を
 目にしてはいるんだけれども、その頃は今ほどにゴッホはおろか美術に興味がなく、
 パッパッと流して観て回ったことで、「 ひまわり 」 「 星月夜 」 の有名な作品を観たのか
 もよく覚えていない…今にして思うと実にもったいないこと極まりない…。
 そういう経緯とウィレム・デフォー主演 「 永遠の門 ゴッホの見た未来 」 の公開にあわ
 せて、上野の森美術館で開催中の 「 ゴッホ展 」 に後学と予習のため行ってきた。
 
  入場20分待ち、やはりゴッホのネームバリューは半端ない!
 ここ最近、訪れた絵画展ではいちばんの待ち時間。 それでも先日の乃木坂46の全国
 握手会での計6時間半並んで待ったことにくらべたら、20分なんてクソみてぇなもの。
 それはそれとして、ちゃんと列に並び作品の正面に立って鑑賞してみれば、先日観た
 「 ゴッホとヘレーネの森 クレラー・ミュラー美術館の至宝 」 であったように大きく影響を
 受けたスーラ、ルノアールといった巨匠たちの色彩感覚や筆致を取り入れて描いている
 ことがよく解り、取り分けてある作品での赤の使い方と筆致がまんまルノアールであった
 ことに意味もなく感動したと同時にスゲェ興味深くあった。
 
 残念ながら 「 ひまわり 」 「 星月夜 」 に 「 夜のカフェテリア 」 等の超有名作品は来日してはいなかったけれども、 「 糸杉 」 「 サン・ミレ療養院の庭 」 ゴッホにしては珍しく優しい色調の 「 薔薇 」 といった負けず劣らずの代表作を鑑賞することができて大満足。
とりわけて 「 サン・ミレ療養院の庭 」 はアートブックなんかで幾度となく目にしているはずなのに、間近で観るとその生命力というか、躍動感が半端なく圧倒され、現時点でゴッホの作品の中では1位といったところ。

2019年10月20日 (日)

乃木坂46 全国握手会に行ってみた ♪

 18年の 「 真夏の全国ツアー 」 の秩父宮の会場で至近距離でかずみん ( 高山一実 ) を目にして、予想を遥かに凌ぐそのカワいさに一発KOを喰らい、それからというものもう一度、もう一度、卒業してしまう前にもう一度、その姿を拝みたい想いから 23rd シングル 「 Sing Out! 」 の 【 個別握手会 】 に参加するもスケジュールの都合上不参加…。
というよりも人気上位メンバーは 【 個別握手会 】 に滅多に顔を出さない感じなんで、それならば長時間並ぶのを覚悟で 24th シングル 「 夜明けまで強がらなくていい 」 の 【 全国握手会 】 に参加してきた ♪
 
 死ぬかと思ったぜッ!!
並ぶと耳にしてはいたから、その覚悟もできていたつもりだけど、まさかこれほどまでに並ぶとは予想だにしてなかった…。
サイト等で事情通の人たちのアドバイスを見ると、とにもかくにも早く行って並べとのこと。 幸いなことに会場の幕張メッセまでは電車で30分足らずで行けることもあり、とりあえず早めに家を出て9時半には現地入り。
握手会開始4時間前にして早くも長蛇の列…それでもこの4時間の間、ずっと同じ場所で待つのではなく、思いのほか常に流動的なんで何ら苦にならず。 苦にはならんけど、一辺 100 ~ 200 メートルあろうかと思われるホールを7往復させられた上に、さらに会場外を1キロ近く歩かされと、足への負担は思いのほか。
 
 ようやく開始時間となり、かずみん ( 高山一実 ) の待つ7番レーンへ。 中へ入ればみんなそれぞれお目当てのメンバーが違うから分散されるようで、覚悟したほどに列は長くはなく最後尾についてからわずか10分程度で念願のかずみんとご対面♪
【 個別握手会 】 はチケット1枚につき10秒あるかないかだったのに対し、【 全国握手会 】 は参加人数の制限がなく、大挙して押し寄せるため時間節約ということで、チケ1枚につきわずか3秒程度で 「 ガンバってください! 」 を言うのが精一杯。
TVで観るとかずみんはメンバーの中でも顔が大きい方なんだけど、実際に間近で目にするかずみんは普通サイズ、ともすればやや小さめ。 それで大きく見えるということは周りのメンバーの顔がどれだけ驚異的に小さいかがよく解る。
とにもかくにも念願のかずみんを超至近距離で拝めたうえに握手も会話もできたで大満足♪
 
Dsc_0310
Dsc_0312
  4時間並んで、10分弱で終了…まだ1時半、
 思いのほか時間が余ったんで念のために持っ
 ていた2枚目のチケを投入!
 問題はダレに並ぶか? みなみ ( 星野みな
 み ) か、それともきぃちゃん (北野日奈子) &
 麗乃ちゃん ( 中村麗乃 ) の1チケで2人いけ
 るWレーンを狙うか? と会場内をウロつき、
 悩んだ結果、やっぱり生ちゃん ( 生田絵梨
 花 )だなってぇことで3番レーンへ。
 「 まぁ、並んでも30分くれぇだろうよ 」とナメて
 いればこれが、まさかの2時間待ち…。
 ようやく会えた生ちゃんは疲れ気味の表情
 で、TVで観るいつもの元気さはなく、これが
 噂に聞く 【 塩対応 】 状態。
 
 
こっちも長時間並んで疲れてるんだからの思いがなくもだけど、実際のところ一日中どこの馬の骨とも知れえねぇ連中何百人と握手せねばならんとなれば、 「 そら~心身ともに疲れるわなぁ。 」 と逆にかわいそうになってしまった。
とにもかくにも生ちゃんもTVで観る以上にカワイかったんで無問題!
 
( ↑ 左 ) 入場したて時の1時半、( 右 ) 退出時の4時ちょっと前
行きはよいよい、帰りは恐いとはまさにこのこと…早めに家を出て正解だった。
まぁそんなこんなで、疲労の極致ではあるものの楽しかったことに変わりはねぇし、会いたい&握手したい人気上位メンバーがまだいるんで、また機会があれば、また参加しようと思う。
 
次回予告  「 乃木坂46 個別握手会に 「 また 」 行ってみた ♪ 」  お楽しみに。

2019年9月29日 (日)

街中レッドリスト 【 乾電池の自販機 】 その2

Dsc_0241Dsc_0265Dsc_0271
Dsc_0284Dsc_0287
 
 前回の記事から約4か月、 【 乾電池の自販機 】 の第2弾をUP。
前回はネットで近所一帯の電器屋さんを調べ出し、赴いて自販機の有無を確かめるといった手段というか、自己ルールで遊んでいたのに対し、今回は出先で運良くみつけたといったものがほとんど。
だけに、見つけたときの喜びは前回をはるかに上回るものあり ♪
 
 にしても、ドリンク系の自販機はどこのメーカーもサイズがだいたい同じなのに対し、乾電池は筐体それぞれでサイズもデザインも違うといった統一性のなさと、そのほとんどがナショナル & パナソニックの松下系というのが実にオモシロい。
最後の1枚は、その役目を終えるも廃棄されることなく、放置されサビてゆく筐体…このうらぶれ感が良く、お気に入りの1枚。
 
以前から撮りためている 【 コンドームの自販機 】 の写真が30枚近くたまったので、そのうちUPしようかと計画中!

2019年9月 1日 (日)

乃木坂46 真夏の全国ツアー 2019

F7551980s
 
  8/30~9/1に神宮で開催された 「 乃木坂46 真夏の全国ツアー2019 」
 の2日目に、今回が乃木坂のコンサート初参戦となる友人とおっさんふ
 たり、若者に交じって参加してきた。
 神宮開催は夏の暑い時期ということもあって、突然の夕立や台風の影響
 で過去の開催の半分は雨中といっても過言ではなく、今年は幸いなこと
 に好天に恵まれ、一滴の雨も降らず。逆にそよとも風が吹かず、球場内
 は屋外と言えども蒸し風呂状態…座席はメインステージを12時とすると
 ちょうど4時の位置 ( 乃木坂に限らずスタジアム開催時、十中八九で1塁
 側になるこの不思議? ) で、前から20列目と良くも悪くもないポジション。
 と思いきやこれが、侮るなかれのなかなかの好ポジションだった ♪
 
 「 ガールズルール 」 「 太陽ノック 」 「 真夏のFree &Easy 」 「 裸足でSummer 」 と出だしからのハイボルテージに友人は気持ち気おくれ気味になるも次第に落ち着きを取り戻し、ご機嫌に、ヨカッタ、ヨカッタ ♪
 
 MC明け後、夏限定のユニット企画と銘打ったスペシャル企画があったのだけれども、これが演出ミスなのか? ややスベリ気味でせっかく高まった雰囲気も早々とやや停滞気味になった気がしなくも…。
それ以降はシングル曲や人気アンダー曲と鉄板の連続で今年も文句なしのセットリストだったし、去年のコンサートからたった1年で10人近いメンバーが卒業してしまい、馴染みのメンバーが減ってしまった寂しさはあるものの、主力 & 中核までに成長した3期生と、新たに加入した4期生のフレッシュさも感じられて大満足のライヴだった ♪
 
 【 侮るなかれの好ポジション 】 だけれども、右翼ステージに来たメンバーの顔を目視できるか出来ないかの微妙なところ。
それでも去年の秩父宮ほどに超近距離とはいかずも、客席近くを回るフロートに乗ったメンバーの顔をがっつりと目視できる席で、友人に至っては推しメンが2~3度来たこともあって大興奮。 彼のこの姿を見ただけでも一緒に来た甲斐があったってぇもんだ!
ちなみに見ることが出来た主だったメンバーは、飛鳥 ( 齋藤飛鳥 )、まいやん( 白石麻衣 )、みなみ ( 星野みなみ )、そしてこの神宮公演を最後に卒業する玲香 ( 桜井玲香 ) とその他数人のメンバー。ホント、メンバーを近くで観られるこの多幸感たるやだよ ♪
 
と言うわけで、今年の夏はこれにて終了~~。 次は10月のアンダーライブ幕張メッセ公演狙うぜ!

2019年7月28日 (日)

無人アダルトショップに行ってみた 💛

Dsc_0234
 
  以前に 「 街中レッドリスト 」 と銘打って地元に残っている 【 乾電池の自販機 】 の写
 真をUPした企画の番外編として今回は地元にある 【 無人アダルトショップ 】 に興味と
 下心全開で行ってきた♪
  普通に神保町あたりにあるエロ本屋には別に恥ずかし気もなく入れるも、逆に 【 無人
 店舗 】 であることと、場所が街道沿いにある橋の袂とかなり人通りの多い場所にあるこ
 ともあり、妙に気恥ずかしいことから人目の少ない夜10時ころに入店。
 
  店内には昨今では全く見かけることのなくなったアダルトグッズとエロ本&DVDを販
 売している大型の自販機が8台ほど設置してあることでかなり狭い。
 商品はコンドーム、パンティ、ローションからローターまでと街中にあるアダルトグッズ
 屋となんら変わるところはなく、値段は財布に優しい2000円均一といったところ。
 店内が薄暗いうえにフィルムが貼ってあることであまり巧く撮れてはいないけれど、御
 覧のように思いのほか利用者が多いようで、売り切れている商品もちらほら。
 残念ながらオレの趣向に見合ったものがなかったので購入はせず…。
 
 街中にあったエロ本の自販機がほぼ絶滅したことを思えば、都心で無人アダルトショップが人知れず存在していることはホントに稀なことと思うんで大事にしていきたいと思わなくもない今日この頃。
Dsc_0235
Dsc_0236
Dsc_0239

2019年6月30日 (日)

乃木坂46 個別握手会に行ってみた ♪

 最近、メンバー誰でもイイから間近で拝んでみたいの思いが強いことから別にCDは欲しくはないのだけれども、CDを購入しないと握手券が貰えないため、試しに1枚だけ購入し、運良く1次受付で当選して、東京ビッグサイトで開催された乃木坂46 23rdシングル「Sing Out!」の個別握手会に思い出づくりのために参加して来た。
 握手会には 【 全国 】握手会と 【 個別 】 の2種類があるようで、何でも全国はタワレコ等の量販店で売っているCDを購入し、それについている握手券で誰でも参加できることから、お目当てのメンバーと対面するまでに最低でも4時間近くも並ばないとダメらしい…生憎オレはそこまで狂っちゃ~いねぇんで、長時間並ばずに済む専用サイトからメンバーと時間を指定してCD購入し、且つ抽選に当選しないと参加できない個別の方に参加することに。
 
13a0ef69s
  当初は生ちゃん(生田絵梨花)、かずみん(高山一実)の2人のどちらかを狙っていた
 のだけれども、人気上位組はスケジュールの関係上不参加とのことらしく、それならば
 と素直に推しであるかなりん(中田花奈)に決定。
 正直言えば、みなみ(星野みなみ)、ちま(樋口日奈)にきぃちゃん(北野日奈子)、琴子
 (佐々木琴子)、珠ちゃん(阪口珠美)とも握手したし!!
 まぁ、ざっくり計算でCDを10枚買えば10人のメンバーと握手できるワケだけど、生憎オ
 レはそこまで狂っちゃ~いねぇんでね♪
 
  受付するまでに約30分、4番レーンに約15分ほど列に並び、ようやくお目当てのかな
 りんとご対面♪ 去年のコンサートでも目にしていたにもかかわらず、間近で見るかなり
 んは気持ち付けまつ毛盛り過ぎ感は否めずも、想像以上に色白でカワイく、TVでは気
 づかなかったけれど、顔のサイズがちょい大きめの食パン程度なのにはビックリ…。
 飛鳥(齋藤飛鳥)なんてさらに小さいんだからどんだけ小顔なんだよッ!
 握手できる時間はチケット1枚につき10秒あるかないかで、はじめてで何をどうしたら
 いいのか?なんで「ガンバってください」程度の会話しかできず…それでも大満足♪
 
 これで握手会がどんなものか解ったんで、次回参加するようなことがあればもっと要領よく出来るだろうし、1部で2人くらいイケそうな気がするんで、2部×2人の4人くらい攻めてもイイかも。こんなことなら卒業する前に万理華の握手会に参加しておけばヨカッタ
と今さらながらに後悔なんで、さらに卒業メンバーが出る前に参加することにしよう。