2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

カテゴリー「黄金体験譚」の記事

2018年6月 4日 (月)

第31回東京国際ミネラルフェア

Sto001_2
 ハイアットリージェンシー東京で開催された第31回東京国際ミネラルフェアに2年ぶりに参加してきた。
前回は軍資金2万円内でおさめようと思うも、案の定あれも欲しいこれも欲しいとなり最後はクレジットカードを投入するはめになり、その後1~2か月は返済でカツカツの生活を送るはめになった苦い経験を活かし、今回はクレジットカードを持って行かず軍資金2万円のみで参加することに。
 スゴイ人ごみと蒸し暑さのなか会場を2~3周して目ぼしいものをチェック。
今回は思いのほかコレと思うものが見当たらず…そん中、持っていない赤銅鉱をみつけ、値段も手ごろだったんでとりあえず購入しコレクションの仲間入りさせるこことに。

続きを読む "第31回東京国際ミネラルフェア" »

2018年3月24日 (土)

シルク・ドゥ・ソレイユ 「キュリオス」

F11d99e0_2
 前回の「トーテム」以来2年ぶりとなるシルク・ドゥ・ソレイユ創設30周年記念の演目となる「キュリオス」を観に行ってきた。
今回の演目のコンセプトは欧米では偶然が重なり合う11時11分から12分までの1分間の不思議な世界、そして時代背景は19世紀の産業革命のスチームパンクと超大好物の世界観。しかも音楽もスウィングジャズとこちらも超大好物なサウンドでオープニングからテンションが上がりまくり、「アレグリアⅡ」「コルテオ」に比肩する仕上がりで創設30周年記念作品に相応しい最高のショウだった。


232f81a1
 各演目は何時ものごとくボリショイあたりと何ら変わりはないけれども、毎度見せ方に工夫が凝らされていて毎度新鮮味を感じられて観ていてホントに楽しい。
お薦めの演目だったのは本公演で唯一の日本人パフォーマーの「ヨーヨー」と、気球を模したスクリーンに映し出されるアーティストの指だけで演じられる今までのサーカスでは見られない「シアター・オブ・ハンズ」、ファンタジックな演出が光った「バランシング・オン・チェア」。
他にもアクロバットから軟体バランス系とシルク安定の演目ももちろんお薦め。
願わくば会場を交通の便があまり良くないお台場ではなく、以前の原宿に戻して欲しいものである。

    シルク・ドゥ・ソレイユ 「キュリオス


2017年11月10日 (金)

乃木坂46 真夏の全国ツアー2017 FINAL!

No001 第1&2次の先行受付にハズれるも超奇跡的に第3次に当選し、念願かなって東京ドームで開催された「乃木坂46 真夏の全国ツアー2017 FINAL!」の最終日にペンライトを購入し張り切って参加してきた!
このツアーは推しである万理華とひめたん(推しではない)の乃木坂での最後のステージとなることもあって是が非でも観に行きたかっただけにウレシイの一言。
座席は2階席のほぼ最上段とメンバーの顔は全然見えないものの、メインステージを12時の方向とすると4時の方向のため3つあるステージとパフォーマンスの全体を俯瞰でき、そしてカラフルなペンライトで埋め尽くされた会場全体を見渡せと、たとえアリーナ&1階席だったとしても3時の位置、場所によってはスピーカータワー越しのためメンバー全員&ステージ全体を見えそうになさそうなことを思うとそれほど悪印象はなし。


                        
                                                                               開演前の注意事項の影ナレに生ちゃん&生駒ちゃん&みなみの「生生星」が登場しテンションも↑↑↑
オープニングの「制服のマネキン」はそれほどだけど、「世界で一番孤独なLOVER」「太陽ノック」「他の星から」とお気に入りの楽曲が続き、会場のボルテージにものまれ大興奮状態に。
第2部に入ると現行のアンダーメンバーのほかに、そこから巣立ち今では選抜の常連となった万理華、さゆ、飛鳥、みなみ、美彩先輩が加わりアンダー最強時代の「生まれたままで」等を披露し、終盤に生ちゃんのピアノ生演奏による「君の名は希望」 のセットリストに大感動。欲を言えば万理華&さゆの親友コンビによるユニット曲「行くあてのない僕たち」が聴きたかったし観たかった。
メンバーみんなカワイイけど、とりわけて生駒ちゃんの仕上がり具合が半端なく、もんすげぇカワイかった。


No002No003 アンコールでもいちばんお気に入りの「おいでシャンプー」「ロマンスのスタート」と続き「乃木坂の詩」にて〆。
万理華&ひめたんのラストステージであるにもかかわらず挨拶がなかったので、再度の登場あるかと思い待っていると、案の定メンバー全員ステージに再登場し、万理華&ひめたんが涙ながらに卒業の挨拶をし「きっかけ」を披露して全プログラムを終了。
もう気の強い万理華が涙に声を詰まらせる姿にオレも涙…まさかこの歳になってアイドルにハマり、推しの子の卒業に涙するとは思ってみなかったよ…r(^^;)
万理華(写真左)卒業後は生ちゃんを筆頭に琴子(右写真)&みなみ&きいちゃんを推していこうかと。
クリスマスライブか来年のバースデーライブのどちらかを狙ってみるか。