« LAMB / ラム | トップページ | デュアル »

2022年10月 1日 (土)

3つの鍵

382444_02_01_02
 イタリア & フランス
 ドラマ & コメディ
 監督 : ナンニ・モレッティ
 出演 : マルゲリータ・ブイ
      リッカルド・スカマルチョ
      アルバ・ロルヴァケル
      アドリアーノ・ジャンニーニ
 
【 物語 】     ( シネマトゥデイ )
 ある晩、アパートに車が衝突した際、巻き込まれた女性が亡くなる。
事故を起こしたのはアパートの 3 階に住む裁判官夫婦、 ヴィットリオ と ドーラ の息子アンドレアだった。
事故が起きた夜、 2 階に住む モニカ は陣痛が始まったため、一人で病院に向かう。 一方、1階に住む ルーチョ と サラ 夫婦は向かいの老夫婦に娘を預ける。
 
 あまり ナンニ・モレッティ 監督作品は得意じゃあねぇんだけれども、奇しくもイタリア、家族譚、公開時も同じくしてとなった先日の 「 靴ひものロンド 」 と見比べてみるのも一興かと思え、それならばってぇことで張り切って観に行ってきた。
 
 ある交通事故をきかっけに 3 つの家族、個々の 10 年間にわたる感情の交錯、崩壊と再生をムダなく淡々と描き、随所で見せる感情や事象のリアルさ、かなりシリアスな展開なのにそれを感じさせないつくりなんかは確かにオモシロく興味深くもあったけれども、とかく 自分勝手 な面々が多く、男連中にいたってはほとんどが自業自得、責任転嫁のクセに人に怒りをぶつけてくる様に辟易させられた。
 また、終盤では大団円ではないけれども個々が納まるべきところに納まったのだから OK からの 「 まだ続くんかいッ! 」 のさらなる展開に集中力がプッツリ… それでも登場した女性たちの今後を観ると邦題の通り長い時間閉ざされていた扉の鍵を開けて前に進むの希望ある爽やかな終わり方だったんで良しとするかなぁで、結局のところ個人的には 「 靴ひものロンド 」 に軍配といったところ。
 
 「 靴ひものロンド 」 で病んだ母親役の アルバ・ロルヴァケル は本作でも同様の役柄で、この女優さんに関しては良くも悪くももはやこのイメージで固まってしまった感じがなきにしもだけれども、裏を返せばそれだけ巧いというこだしね。
ほかにもキャストが重なっている俳優さんがいるんで、その辺も見比べてもまた一興かと。

« LAMB / ラム | トップページ | デュアル »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« LAMB / ラム | トップページ | デュアル »