« 乃木坂46 【 真夏の全国ツアー2022 神宮公演 DAY2 】 | トップページ | 量産型 子守用ネコ型ロボット ( 友達タイプ : MS-903 ) »

2022年9月 3日 (土)

地下室のヘンな穴

383965_06_01_01_02
 フランス & ベルギー
 ドラマ & コメディ
 監督 : カンタン・デュピュー
 出演 : アラン・シャバ
      レア・ドリュッケール
      ブノワ・マジメル
      アナイス・ドゥムースティエ
 
【 物語 】     ( シネマトゥデイ )
 アラン と マリー の中年の夫婦が、不動産業者に案内され、郊外のモダニズム風の一軒家を訪れる。
その家の地下室には穴があり、不動産業者によるとそこに入れば 12 時間進んで 3 日若返るという。
その家に引っ越すことにした アラン と マリー だったが、その穴をきっかけに夫婦がそれぞれ胸の奥にしまっていた欲望や衝動があらわになっていく。
 
 「 ビバリウム 」 や邦画でも事故物件なんちゃらと紹介された家がいわくつき云々というのが国内外で流行りなのだろうか?
何にせよ、タイトルも含めてかなりオモシロそうってぇことで、張り切って観に行ってきた。
 
 中年の若さに対する妄執に駆られる姿 を シニカル に描いた悲喜劇といったところで、 「 世にも奇妙な物語 」 あたりの一篇を観ている感じ。 終盤での 「 蟻 」 の演出なんかは、ひとつのことに夢中になり過ぎる と周りの状況が見えなくなる、囚われ過ぎるとロクなことにならねぇ云々の深層心理というか哲学的な暗喩となっていて、この辺は何ともフランス映画らしく、また 外見が変わっても中身は変わらずの シニカル さや、適度にくだらない下ネタはそれなりにオモシロく、けっこう好きかも知れない。
 半日ムダにするうえに 50 歳が 20 歳まで若返るには一体どれだけの回数、穴の昇り降りを繰り返さなけりゃあならねぇのか? の労力、さらに痛いしっぺ返しを考えると、この穴にどれだけの価値があるのか疑問に思えてくる微妙感はなんとも絶妙。
穴もイイけれどスマホで大きさ、硬さ、動きを自在に操作できる 【 電子チ〇コ 】 の顛末を描いた方がオモシロかったかもと思わなくも。
 
 カンタン・デュピュー 監督って タイヤ が襲ってくる 「 ラバー 」 の監督さんだったのか。 調べてみればほかにも鹿革ジャケットに異常なほどの愛情を持つ殺人鬼云々の作品を撮ったりと、かなり特殊、斜め上のセンスを持った人のようだ。
これを機にしっかりと名前を覚えておこう。

« 乃木坂46 【 真夏の全国ツアー2022 神宮公演 DAY2 】 | トップページ | 量産型 子守用ネコ型ロボット ( 友達タイプ : MS-903 ) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 乃木坂46 【 真夏の全国ツアー2022 神宮公演 DAY2 】 | トップページ | 量産型 子守用ネコ型ロボット ( 友達タイプ : MS-903 ) »