« ブラック・フォン | トップページ | X エックス »

2022年7月 3日 (日)

ラストサマーウォーズ

Lsw
 日本
 青春
 監督 : 宮岡太郎
 出演 : 阿久津慶人
      飯尾夢奏
      羽鳥心彩
      井上小百合
 
【 物語 】     ( シネマトゥデイ )
 映画好きで内気な性格の小学 6 年生の 宮竹陽太 は、思いを寄せる同級生の 高梨明日香 が転校すると知り、彼女をヒロインに映画を撮りたいと考える。
映画好きな担任教師の 土方 や兄の 匠 、同級生たちに協力してもらい、スマートフォンなどを駆使して映画作りに奔走する。
 
 「 映画 『 映像研には手を出すな! 』 」 、 「 サマーフィルムにのって 」 と、近年の邦画は映像制作に関するものが流行りなのだろうか? まぁ何にせよひと夏にかける挑戦の青春譚を堪能してぇのが最前提として、出演の 元乃木坂ちゃん の さゆ ( 井上小百合 ) を観たくもありと何かと期待している作品ってぇことで、張り切って観に行ってきた。
 
 主人公たちが高校生ではなく小学生、また 80 分という短尺、そして父兄の描写がディフォルメし過ぎと、先述の作品らと比べると何かにつけ稚拙… 子供向けの印象。 それでもこれまた先述の作品らと同様に何かを始めること、やり通すこと、そして大人は子供の夢に口出しするのではなく見守り、サポートしてやれのメッセージ性に胸を熱くさせられたし、素直に彼らが作り上げた 「 ラストサマーウォーズ 」 を観てみたいという気持ちに。 オレが高校の時に考えた物語より絶対的に出来がイイと思うわ。
 映画好きの主人公 陽太 は小学生にもかかわらず引き合いに出てくる作品群のタイトルが 「 エイリアン2 」 だとか 「 激突 」 と現代っ子からするとかなりクラシカルなものばかりで、子供ながらに渋いチョイスは好 & 高ポイント。
そんなこんなで、、大人も子供も楽しめる夏休みにはうってつけの作品といったところ。
 
 登場した女の子たちがみな美少女なうえに、三者三葉のキャラ立ちをしていてとてもヨカッタ。 逆に男の子たちが普通すぎて女の子たちの引き立て役ぽくなっちゃったかなぁと思わなくも。
作品的には同乃木坂メンバーで親友の まりか ( 伊藤万理華 ) の 「 サマーフィルム~ 」 に軍配も、演技はグループ在籍時から断トツで舞台経験が豊富だっただけあって演技はさすがの さゆ ( 井上小百合 ) に軍配。
運よく舞台挨拶で、いま一度 さゆ を目にできてヨカッタ。

« ブラック・フォン | トップページ | X エックス »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ブラック・フォン | トップページ | X エックス »