« 銭湯潮流 【 十思湯 : 中央区 】 | トップページ | KKK をぶっ飛ばせ! »

2022年4月24日 (日)

ハッチング ― 孵化 ―

381307_02_01_02
 フィンランド
 ホラー
 監督 : ハンナ・ベルイホルム
 出演 : シーリ・ソラリンナ
      ソフィア・ヘイッキラ
      ヤニ・ヴォラネン
      レイノ・ノルディン
 
【 物語 】     ( シネマトゥデイ )
 北欧フィンランドのとある街。 12 歳の少女 ティンヤ は、幸せな家族の姿を発信することに必死な母親を喜ばすため、自分の感情を抑え込み、母が望む体操大会の優勝を目標とする毎日を過ごしていた。
そんな中、彼女は森で見つけた奇妙な卵を家族に内緒で温め、やがて卵はふ化し、卵から出てきた 「 それ 」 は、誰もがうらやむ完璧な家族の実像を暴き出していく。
 
 物語がオモシロそうはもちろんとして、何より北欧産サスペンス & ホラー作品特有の 【 隠滅 】 さを堪能したくあり、公開を楽しみにしていた作品ということで、張り切って観に行ってきた。
 
 あることがきっかけで、両親が 毒親 であることに気づき、思春期の不安定さも手伝い、溜まった ストレス や フラストレーション が卵、悍ましい姿の鳥として具現化し暴走して云々と外枠自体に目新しさはないけれども、怪物の残虐な行動も ティンヤ の母親の期待に応えたいという想いが反映されたもので、怪物に対してしめす親としての自覚と愛情、責任を果たそうとする姿もまた 毒親 と対比となっていてと、内容は深くあったかなぁと。 何にせよ、SNS に精を出す心底サイコパスな母ちゃん、何事にも無関心を決め込む親父、母ちゃん血を色濃く受け継ぐクソな弟と、歪みきった家族の姿は鳥の怪物よりはるかに醜く怖く、イイ意味で不快な作品…。
 ティンヤ がいろいろと不安なもんだから、鳥の怪物が彼女だけにしか見えない イマジナリーフレンド なのか? それとも心と身体が分離してとかと鳥の怪物が本当に存在するのか? と迷わされたというか、迷ったというか… 手前ぇのせいで迷ったのであれば、これはこれでオモシロくあったから逆に得した気分。
 
 全体的に柔らかい陽射し、淡い色彩と 【 陽 】 であったことで、逆に 【 隠滅 】 さが際立っていたなぁと。 この辺は北欧産サスペンス & ホラー の 【 寒々としてジメっとした隠滅 】 というそれまでのイメージを破った 「 ミッドサマー 」 を踏襲してなくもと。
鳥の怪物が 先日亡くなられた 楳図かずお 氏のむかしマジで怖くて途中で読むのをやめた 「 14歳 」 出てくる 【 チキン・ジョージ 】 を想起させるビジュアルなのも何かヨカッタ。

« 銭湯潮流 【 十思湯 : 中央区 】 | トップページ | KKK をぶっ飛ばせ! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 銭湯潮流 【 十思湯 : 中央区 】 | トップページ | KKK をぶっ飛ばせ! »