« ナイトメア・アリー | トップページ | 「 没後50年 鏑木清方展 」 へ行ってきた。 »

2022年4月 3日 (日)

【 千鳥ヶ淵 】 に 桜 を愛でに行ってきた。

20220402_133209
  あと数日もすれば、桜 も散り始めるだろうから、その前に愛でておこうと思
 い立ち、当初は 飛鳥山公園 に行こうと思うも、月初めなれど懐の具合があ
 まり芳しくないので、あまり使わずにすみそうな 千鳥ヶ淵 へ桜を愛でに行っ
 て来た。 皇居周辺も何かにつけ行くけれども、大手門なら大手門、半蔵門な
 ら半蔵門と、その近辺をうろつくだけで、ガッツリ回ったことがないことから、
 この機会に回っておくかということで、東京駅からスタートして、何かとおどろ
 おどろしい噂で名高い 「 将門の首塚 」 と 東京国立近代美術館 で開催され
 ている 「 没後50年 鏑木清方展 」 へ行き、 武道館 を通って 千鳥ヶ淵 へ。
 
 ( ← ) 平将門の首塚 
 ここで、 加藤保憲 と 辰宮洋一郎 たちが死闘を繰り広げたんだよなぁ。
 
 
 このコロナ禍なんで、例年に比べりゃあ少ない方なんだろうけれども、とはいえやはりこの時期の 千鳥ヶ淵 の人出は多い。
満開っちゃあ間違いなく満開、でも気持ち散り始めてる気がしなくもで、思ったほどに満開ではなく、来るのが 2 日ほど早けりゃきっと満足いくものだったんじゃあなかろうかと。 もしかしたら手前ぇのうちの近所の公園のほうが大満開といったところ。
 
      20220402_14521020220402_151101
      20220402_15015220220402_150319
      20220402_15245520220402_153852
 
 普段乗りもしない貸しボート 1時間待ちとのことで長蛇の列。 でもまぁ皇居のお濠だし、桜咲いてるしで乗るわな。
( 下段右 ) 桜の代紋 と 桜
皇居一周、ぴったり 5 キロ とのことで、まぁそんなもんだろうなぁだけれども、桜並木はもちろんとしてお濠や石垣、とにかく広い敷地はあらためて見応えがあるなぁと感心させられる。

« ナイトメア・アリー | トップページ | 「 没後50年 鏑木清方展 」 へ行ってきた。 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。