« 大怪獣のあとしまつ | トップページ | 銭湯潮流 【 銀座湯 : 中央区 】 »

2022年2月 6日 (日)

ゴーストバスターズ / アフターライフ

366945_02_01_02_20220130140601
 アメリカ
 アドベンチャー & コメディ & ホラー
 監督 : ジェイソン・ライトマン
 出演 : マッケナ・グレイス
      フィン・ウォルフハード
      ビル・マーレイ
      ダン・エイクロイド
 
【 物語 】     ( シネマトゥデイ )
 母と兄と共に田舎に引っ越してきたフィービーは、祖父が遺した古い家で暮らし始めるが、街ではおよそ 30 年にわたり原因不明の地震が続いていた。 ある日、フィービーは床下で不思議な装置を見つけ、さらに祖父の遺品を探るうちにゴーストを捕獲するための装置 「 プロトンパック 」 を発見。 その後、彼女は祖父がかつてゴーストでいっぱいのニューヨークを救った 「 ゴーストバスターズ 」 の一員だったことを知るが、街はさらなる異変に見舞われる。
 
 人生で劇場ではじめて観た洋画が 「 ゴーストバスターズ 」。 待ちに待ったその続編がついに公開! 
もはや 【 期待 】 しかなく、公開をもんすげぇ楽しみにしていた作品!!
てぇことで、いつも以上に張り切って観に行ってきた。
 
 多少のダラつきや兄貴が車をいじれちゃったりの唐突感はあるものの、 1 作目を踏襲しながらそこにジュブナイル的要素を入れ込んできた作りは旧シリーズ好きとしても、今までとは違う新たな 「 ゴーストバスターズ 」 としても十分にオモシロく、ピーター や レイ といった旧メンバーとの邂逅も感慨深い。 中盤にもうひとつくらいゴースト退治のエピがあってもの気がしなくもだけれども、 1 作目から大風呂敷を広げられるよりかは田舎を舞台にちょっとしたひと騒動程度でちょうどイイ感じだった。
 勝手に兄貴が主人公かと思っていれば意外や意外、地味系理系ヲタの妹ちゃんが主人公だった… 我ながら物語解説等をまったく読んでいないのがよく解る… まぁそれはそれとして、好奇心旺盛でお気楽の ポッドキャスト がイイ味を出していて、 その優等生で繊細な フィービー と好対照の打ってつけの良き相棒感が観ていて楽しくあったし、どう発展していくのかも気になるところ。
また、劇中一向に流れてこないあの馴染み深いてテーマ曲を最後の最後に満を持してドンと持ってくるジラしの演出がニクい。
そんなこんなで、いろいろな過不足が続編に対する伸びしろや余白として感じられ、何かにつけて期待させられる。
 
 フィービー 役の マッケナ・グレイス がカワイイ。 続編があるならば、メガネをとったら思いのほか美少女で ポッドキャスト がドキっとする超ベタなエモ演出をオジさんは期待する。
ビル・マーレイ & ダン・エイクロイド の旧メンバーの登場は解っていても興奮させられるし、取り分けてクレジット時のおまけエピであの人が出てくるとは思っていなかったからウレシいのひとこと。 そう思うと、ここに リック・モラニス の姿がないのが…。

« 大怪獣のあとしまつ | トップページ | 銭湯潮流 【 銀座湯 : 中央区 】 »

コメント

風情さん☆
ジュブナイル感に加えてオリジナルメンバー勢ぞろいがまた楽しかったですね~
ただ懐かしいキャストを出せばよいといった感じではない、1作目に対する愛情があふれ出ているところが私たち観客を魅了したのだと思います。

コメント感謝です♪

女性版なんてぇのもあったし、じじぃになったかつてのメンバーが再集結して老体にムチ打ちながらももきっとオモシロかっただろうし、観たかった気がしなくもですが、「 グーニーズ 」 にしろ 「 スタンド・バイ・ミー 」 のように少年少女の冒険譚もやっぱり無条件でオモシロくありで、そう考えるとどちらを選んでも 「 ゴーストバスターズ 」 として成立しちゃうことを思えば、この辺が 【 名作 】 たる所以なんだろうなぁと。
とにもかくにも、続編が楽しみでなりません♪ (゚▽゚)v

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 大怪獣のあとしまつ | トップページ | 銭湯潮流 【 銀座湯 : 中央区 】 »