« 銭湯潮流 【 仲の湯 : 江戸川区 】 | トップページ | 乃木坂46 【 連勝継続中 】 »

2021年11月22日 (月)

乃木坂46 【 真夏の全国ツアー2021 FINAL! 】

 11 月 20 ~ 21 日の 2 日間に東京ドームで開催された、「 乃木坂46 真夏の全国ツアー2021 FINAL! 」 の 2 日目を友人と 2 人で参加してきた。 本公演は 21 年の全国ツアーの最終公演であると同時に、本公演終了と同時に卒業するオレの絶対的推しの かずみん ( 高山一実 ) の乃木坂での最後の姿だけに絶対的に参加したくあったんで、マジで本公演に当たったことを感謝するばかり。
初めて乃木坂のコンサートを観たのは 4 年前の東京ドーム公演、その時も 2 代目オレ的センターの まりか ( 伊藤万理華 ) の卒コンで、その 4 年後の 2 度目の東京ドーム公演がオレ的永久欠番センターの かずみん の卒コンになるとはだし、そして当時のメンバーの半数以上がいないということにスゲェ感慨深く思えてくる。
 
 今回の座席は人生初の 【 アリーナ 】 。 推しの卒コンという記念的なイベントで前から 13 番目で、すぐ真横をフロートに乗ったメンバーが通る通路のアリーナって! 本公演を含む今年 3 回チケット当選と、このポジションを併せて考えるとあまりの神がかり的な運の副作用で 「 来年あたり死ぬんじゃあねぇか? 」 と。 とはいえ、売り切れるであろうの予想から早めに出向いたにもかかわらず、 かずみん を含むメンバーほぼほぼ全員のタオルマフラーが完売状態で購入できず… まぁ比例はしてねぇけれども、相殺されてるから来年もきっと大丈夫であろうと。
 
      20211121_16050620211121_170643
 
  「 ごめんね fingers crossed 」 で開演。 「 太陽ノック 」 、 「 シンクロニシティ 」 と表題曲が続き、その後は 「 せっかちなかたつむり 」 、 「 錆びたコンパス 」 、 「 ひと夏の長さより… 」、 「 ありがちな恋愛 」、 「 全部 夢のまま 」 とアンダー楽曲、期別楽曲、ユニット曲と各ジャンル別のリクエスト人気楽曲の上位曲のセットリストとあって、もぅ先日の アンダーライブ 同様に 【 神曲RUSH 】 に大興奮。
興奮はそれだけにとどまらず、先で述べたようにフロートといういわば、1 ~ 2 人乗りの山車に乗ったメンバーが 3m ほど真横を通過!
いくちゃん ( 生田絵梨花 ) 、みなみ ( 星野みなみ ) 、ちま ( 樋口日奈 ) 、あやねちゃん ( 鈴木絢音 ) 、そして かっきー ( 賀喜遥香 ) 、の 5 人を間近で拝むことができて昇天寸前。 かずみん & オレ的 4 代目センターの よだちゃん ( 与田祐希 ) & みづき ( 山下美月 ) はワンブロックとなりで、拝めることは拝めるも満足とまではいかず…。
 
      Img_20211121_225628_14620211121_160708
 
 アンコールで かずみん の卒業セレモニーが行われ、かずみん ソロ曲 「 私の色 」 をはじめ 「 きっかけ 」 、「 さよならの意味 」 と卒コンにふさわしい楽曲が続き、最後はセンター曲の 「 泣いたっていいじゃないか? 」 で終演。
先日の まっちゅん ( 松村沙友里 ) の卒コンほどではないまでも、 まっちゅん 同様にムードメーカーの かずみん らしい朗らかな明るさが。 可愛がられていた はづき ( 向井葉月 ) の安定の大号泣と取り分けて妹分の まあや (和田まあや) の大号泣を目にして目頭が熱くなった。 まぁそんなこんなで、「 10 年間、ありがとう、お疲れさまでした。」 と、いつも通り最高のライブだった。

 

« 銭湯潮流 【 仲の湯 : 江戸川区 】 | トップページ | 乃木坂46 【 連勝継続中 】 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 銭湯潮流 【 仲の湯 : 江戸川区 】 | トップページ | 乃木坂46 【 連勝継続中 】 »