« ドーン・オブ・ザ・ビースト / 魔獣の森 | トップページ | 銭湯潮流 【 仲の湯 : 江戸川区 】 »

2021年11月15日 (月)

「 杉浦非水 時代をひらくデザイン 」 へ行ってきた。

 日本における 【 グラフィック、ポスターデザイン 】 の先駆者的存在の 杉浦非水 なる人物の特別展が 「 たばこと塩の博物館 」 で、開催中とあるのをたまたま新聞か何かで目にし、ミュシャ を筆頭に カッサンドル & レイモン・サヴィニャック といった ポスターデザイン が好きなことと、 「 たばこと塩の博物館 」 へも行ったことがないので、これはイイ機会と映画を観た帰りに行ってきた。
 日本のアールヌーボー画は先の ミュシャ や共産圏のプロパガンダ美術の影響を受けいていのが解ると同時に、日本画の要素も取り入れられていて日本独自のアールヌーボー画感があって観ていてとてもオモシロい。
「 東洋唯一の地下鉄道 」 や 「 三越 」 といった商業ポスターはもちろん、非水 が生涯を通じて取り組んだとされる、植物、鳥類、魚類、昆虫などの写生は博物画や図譜なんかも好きでもあるんで、さらに見応えがあったといったところ。
 
      20211106_14464720211106_153336
 
 失敗に継ぐ失敗だった 【 禁煙 】 も気が付きゃあ、止めて何だかんだで 6 年以上もの月日が経ち、今じゃあタバコの煙が気持ち悪いと思えるほどまでに… 今になって思うとどれだけの金を煙に変えてきたのだ? と思うばかり…。
そんなワケで、 「 たばこと塩の博物館 」 の常設展も見学してきた。 特別展と併せて ¥100 で拝観できるのは実にありがたい。
まぁ 「 塩 」 に関してはそれほど興味は湧かずも 「 タバコ 」 となるとかつては愛煙家だったこともあり、古今東西のタバコのパッケージのコレクションは見ていてものスゴく楽しくある。 取り分けて、15 歳のときにタバコを吸うきっかけというか、一番最初に吸った 「 リベラ・マイルド 」 のパッケージを目にしたときは懐かしさとちょとした興奮を覚えた。

« ドーン・オブ・ザ・ビースト / 魔獣の森 | トップページ | 銭湯潮流 【 仲の湯 : 江戸川区 】 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ドーン・オブ・ザ・ビースト / 魔獣の森 | トップページ | 銭湯潮流 【 仲の湯 : 江戸川区 】 »