« 映画 すみっコぐらし 青い月夜のまほうのコ | トップページ | マリグナント 狂暴な悪夢 »

2021年11月 7日 (日)

アンテベラム

378164_02_01_02
 アメリカ
 ホラー
 監督 : ジェラルド・ブッシュ & クリストファー・レンツ
 出演 : ジャネール・モネイ
      エリック・ラング
      ジェナ・マローン
      ジャック・ヒューストン
 
【 物語 】     ( シネマトゥデイ )
 社会学者で人気作家でもあるヴェロニカ。 招かれたニューオーリンズで見事なスピーチを披露して喝采を浴び、友人たちとディナーを楽しんだ直後、順風満帆だった彼女の日常は突如崩壊してしまう。 一方、アメリカ南部の綿花畑で奴隷として重労働を強いられているエデン。 ある悲劇に見舞われた彼女は、それを機に奴隷仲間と脱走を企てる。
 
 ふたつの異なる時間軸でのスリリングな展開はもちろんとして、漠然と黒人差別ホラーの ジョーダン・ピール 、そして「 ミッドサマー 」 等を制作した 【 A24 】 ぽさを感じさせることから強烈に惹かれるものがあり、公開を楽しみにしていた作品ってぇことで、張り切って観に行ってきた。
 
ネタバレ要注意 : これから観る人は絶対に読まない方がイイかと。
 原題、邦題ともに一文字が反転していることもあって、鏡の世界もしくは並行世界なのか?、はたまた主人公の ヴェロニカ が南北戦争時、奴隷として重労働を課せられている悪夢から目覚める行を観れば、前世や先祖の記憶や業が ヴェロニカ に引き継がれ云々とどことなく 夢野久作 の 「 ドグラ・マグラ 」 のような感じなのか? といろいろと予想を立てながら前のめりで観ていれば、まさか M・ナイト・シャマラン監督の 「 ヴィレッジ 」 的なオチだたっとはよもや、よもやだよ。
 よくよく考えれば、貧乏白人とか蝶のタトゥーに違和感を覚えなきゃいかんのだわな。 蝶のタトゥーに関しては 「 んッ!? 」 とは思ったけれども、そこ止まりでそこから先に発展することはなかったからなぁ… 過去のエピから現代のエピに移行する際の時間軸の絶妙なズレというか、疑念を持たせないスムーズな移行というか、何にせよミスリードに見事なまでに引っかかってしまった。
そんなワケで、確かにミスリードに引っかかりもすれば、衝撃的なオチではあったけれども、先日の 「 キャンディマン 」 と同様のジャンルで同様のテーマを持つ作品を間髪入れずにだと、「 さすがにね…。 」 感が強くなってくる。
 
 主人公 ヴェロニカ 役の ジャネール・モネイ に対しても、なんか久々となる ジェナ・マローン 以外はほぼほぼ初顔ということもあってか、強く印象に残る俳優さんがいなかった… そんな中、小心者ゆえの狂気を滲ませていた ジャスパー 役の ジャック・ヒューストン なる俳優さんの存在だけが目を惹いた。 今後露出が増えるかもしれねぇから覚えておくとしよう。

« 映画 すみっコぐらし 青い月夜のまほうのコ | トップページ | マリグナント 狂暴な悪夢 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 映画 すみっコぐらし 青い月夜のまほうのコ | トップページ | マリグナント 狂暴な悪夢 »