« マリグナント 狂暴な悪夢 | トップページ | 「 杉浦非水 時代をひらくデザイン 」 へ行ってきた。 »

2021年11月14日 (日)

ドーン・オブ・ザ・ビースト / 魔獣の森

378859_02_01_02
 アメリカ
 ホラー
 監督 : ブルース・ウェンプル
 出演 : アドリアン・バーク
      ルジョン・ウッズ
      アリエラ・マストロヤンニ
      アンナ・シールズ
 
【 物語 】     ( シネマトゥデイ )
 大学の未確認生物学の実習チームが、ビッグフットが多数目撃されているアメリカ北東部のとある場所を訪れる。
彼らが調査の拠点にした山小屋周辺には、死霊や謎の人食鬼グールたちが存在していた。
夜になるとある者は死霊に取りつかれ、また別の者はグールの餌食となる。
 
 今シーズンは 「 アフリカン・カンフー・ナチス 」 「 サイコ・ゴアマン 」 「 食人雪男 」 と 【 愛すべきおバカ映画 】 を観てきたけれども、ここにまた ビッグフット に 悪霊にとり憑かれた女 、 サイコパス殺人鬼 、人喰鬼 などが入り乱れて云々の さらなる 【 愛すべきおバカ映画 】 が公開。 今シーズンの総決算にしか思えず、もぅ期待しかねぇってぇことで、いつも以上に張り切って観に行ってきた。
 
 21 年秋場所、本作 対 「 食人雪男 」 、両者 ビッグフット の好取組。 はっけよいのこったッ! 両者譲らずの決着つかず…。
ビッグフットの設定の意外性と、群れで襲ってくるのがゾンビではなく人喰鬼 ( ウェンディゴ ) という存在の新鮮味はヨカッタけれども、ヨカッタのはその点だけで、あとはもぅ雰囲気先行の説明不十分、意味不明のものばかりで、取り立てて語ることはなし。
まぁいろいろ考えるに 「 食人雪男 」 に比べりゃあ、ビッグフットの造形をふくめ総体的に、本作の方がまだマシなんかなぁ…と。
 
 要所要所で流れる BGM はヨカッタ。 マドンナ の 「 Like a Prayer 」 のような、そうでないような曲が気になってしかたがない。
何にせよ、コロナ禍が小康化してきて、上記の本作を含んだ 【 愛すべきおバカ映画 】 を劇場で観られること、また上映してくれる劇場がほんのチョイ増えたことは実によろこばしいことだ。

« マリグナント 狂暴な悪夢 | トップページ | 「 杉浦非水 時代をひらくデザイン 」 へ行ってきた。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« マリグナント 狂暴な悪夢 | トップページ | 「 杉浦非水 時代をひらくデザイン 」 へ行ってきた。 »