« 素晴らしき、きのこの世界 | トップページ | コレクティブ 国家の嘘 »

2021年9月27日 (月)

「 春夏秋冬 / フォーシーズンズ 乃木坂46 」 へ行ってきた。

      20210926_14250720210926_142926
 
 上野の東京国立博物館の表慶館で開催されている 「 春夏秋冬 / フォーシーズンズ 乃木坂46 」 へ行ってきた。
このイベントの趣旨は 「 春夏秋冬の花が表現された 7 点の日本美術と、現代のカルチャーを象徴する 乃木坂46 のメンバーを一人ひとりを花に見立て、各美術作品の造形的な本質を現代的に解釈した大型映像インスタレーションを制作・展示。 」 とかなり長文のもの。 まぁどういう趣旨であれ、日本美術も勉強できて乃木坂ちゃんも堪能できてと、こんな一石二鳥のチャンスもそうあるもんじゃあねぇから、じつにありがたい企画だ。 にしても 乃木坂ちゃん も美術品として扱われてるからある意味スゴい。
 
      20210926_14310720210926_145159
20210926_145818
  エントランスを抜けると あすか ( 齋藤飛鳥 ) がお出迎え。
 狩野長信筆の 「 花下遊楽図屛風 」 の 【 桜 】 をイメージしてのパフォーマ
 ンスを複数のスクリーンにて表現とのこと。
 俵屋宗雪筆 「 秋草図屛風 」 の 【 女郎花 】 を屏風と同じサイズで いくちゃ
 ん ( 生田絵梨花 ) 、菱川師宣筆 「 見返り美人 」 の 【 菊 】 を カッキー (
 賀喜遥香 ) と人気メンバーがそれぞれを表現。 ( 写真 3 枚がそれ )
 正直なところ、パフォーマンスの内容と作品のイメージがマッチしているのか
 はオレの感性ではよく解らないところではあるものの、 16K だか何 K だか
 で撮られた映像とメンバーの美しさは目を見張るものあり。
  展示してある作品はレプリカ。 まぁそれはそれで一向に構わんのだけれど
 も、来場者のほとんどが、 乃木坂ちゃんだけを見て、作品を観ない人の多い
 こと多いこと… 穿ったことを言わせてもらうと、写真を撮るのに忙しくて、映像
 
すら観てない人もいるんじゃあなかろうか? まぁ、オレもあまりエラそうなこと言えた立場じゃあねぇんだけれども、要は観る前に写真を撮るのではなく、1 回映像と作品観てから焦らずゆっくり写真を撮りゃあイイのにと思うばかりだし、作品を観に来ているのか、写真を撮りに来ているのどちらなんだ? と言いたくなってくる。 日本美術も勉強できて乃木坂ちゃんも堪能できるイイ機会なのにもったいなさすぎる。 もしかしたら、イイ企画も本末転倒になっているのかも知れん。
また展示物の前よりも、公式グッズ売り場の方が混んでるってぇのも何か変なはなしで、おそらく東京国立博物館で催された企画展のなかでいちばん売り上げ計上したんじゃね? と思わなくも。
まぁオレも推しのメンバーのポストカードを 8 枚ほど購入し、売り上げに貢献!

« 素晴らしき、きのこの世界 | トップページ | コレクティブ 国家の嘘 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 素晴らしき、きのこの世界 | トップページ | コレクティブ 国家の嘘 »