« 孤狼の血 LEVEL2 | トップページ | テーラー 人生の仕立て屋 »

2021年8月28日 (土)

オールド

377442_02_01_02
 ホラー
 アメリカ
 監督 : M・ナイト・シャマラン
 出演 : ガエル・ガルシア・ベルナル
      ヴィッキー・クリープス
      アレックス・ウルフ
      トーマシン・マッケンジー
 
【 物語 】     ( シネマトゥデイ )
 バカンスを過ごすため美しいビーチを訪れ、それぞれに楽しいひと時を過ごすキャパ一家。
そのうち息子のトレントの姿が見えなくなり、捜してみると彼は6歳の子供から青年へと成長した姿で現れ、 11 歳の娘マドックスも大人の女性に変貌していた。 不可解な事態に困惑する一家は、それぞれが急速に年老いていることに気付く。
しかしビーチから逃げようとすると意識を失なってしまい、彼らは謎めいた空間から脱出できなくなる。
 
 巷では終わっただの、ダメだのといろいろと言われている M・ナイト・シャマラン監督だけれども、 「 ミスター・ガラス 」 で復活の兆しを感じなくもだったし、何だかんだ言っても、言われてもオレはやっぱり M・ナイト・シャマラン監督作品が好き! だからこの先も追い続けるってなワケで、張り切って観に行ってきた。
 
【 がっつりと ネタバレ してるんで要注意 】
 さてさて、まずはオチの予想から。
どこまで行ってもそこから出られないとなれば、それはもぅ精神、夢、死後の世界だけれども、今さらシャマラン監督が手垢のオチを持ってくるなんてことはねぇだろうし、急激な老化を踏まえて考えるに、おそらく 【 クローン人間作成や養殖 ( 魚 ) つまり試験管、培養液の中から見た世界 】 なのではなかろうかと。 もしかしたら 【 水族館 】 ってぇのもあり得るかも?
どちらにしても我ながら結構イケてる気がする。 はてさて真相は如何に?
 過去作 「 ヴィレッジ 」 の冒頭で墓石をやたらと意識した撮り方をしていたのが気になり、中盤それがヒントになってオチを見事看破したことがあった。 そんな経緯もあって、本作もやたらとホテル名のロゴを 2 ~ 3 度意識させるもんだから、逆読みするとオチに繋がるのか? などといろいろと推理しながら観てたんだけれど、なんの関係もなかったようだ… それはそれとして、序盤でみな何かしら持病を抱えていることが説明されるも、まさかそれがオチの 【 治験 ・ 臨床試験 】 につながり、 「 ナイロビの蜂 」 のホラー版に着地するとは思いもせず、見事にヤラれた。 とは言え、先述の 【 クローン人間 】 云々の予想は中らずと雖も遠からずなんじゃあなかろかと。
 あるポイントに来ると、 【 潜水病 】 と同様の状態に見舞われ気絶する… と、精神、夢、死後の世界以外で出ようにも出られない特異な世界を新しい手口というか、巧い感じにお茶を濁したなぁと感心させられる。 それだけに気絶後もとの場所に戻ってしまう行の都合の良さはもう少しどうにかならんかったんかなぁとも。 ほかにも肉体の成長に伴いナゼか比例して精神面、知識面も成長するん? と思うところは多々あれど、かなりオモシロかったんで目を瞑ることとします。
 
 ガエル・ガルシア・ベルナルも含めて、どの俳優さんもこれといって印象に残らんかったなかで、ケン・レオンを観られたことはヨカッタ。
お姉ちゃん役のトーマシン・マッケンジーなる女優さんって 「 ジョジョ・ラビット 」 に出てた娘だったのか。
てか、ずっとアビゲイル・ブレスリンだと思って観てたよ… なんかスゲェ似てんな。

« 孤狼の血 LEVEL2 | トップページ | テーラー 人生の仕立て屋 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 孤狼の血 LEVEL2 | トップページ | テーラー 人生の仕立て屋 »