« ライトハウス | トップページ | 【 等々力渓谷 】 へ行ってきた。 »

2021年7月17日 (土)

唐人街探偵 東京MISSION

377123_02_01_02
 中国
 コメディ & アクション
 監督 : チェン・シーチェン
 出演 : ワン・バオチャン
      リウ・ハオラン
      トニー・ジャー
      妻夫木聡
 
【 物語 】     ( シネマトゥデイ )
 チャイナタウンで探偵業を営むタン・レンとチン・フォンは、これまで国際的な事件の数々を解決してきた。
日本の探偵・野田昊から難事件の捜査協力を求められた二人は東京に飛び、東南アジアのマフィアの会長が殺害された密室殺人事件で逮捕された暴力団組長の渡辺勝の冤罪を証明することになる。
 
 何でも本国の中国では大ヒットシリーズということもあって本作は第 3 弾とのこと。
そもそもからして前 2 作品は日本で劇場公開されてないようだし、レンタルでも未見だから相関関係や背景は 「 ? 」 も、妻夫木くんやはじめとする日本人俳優が多数出演しているし、トニー・ジャーにアンディ・ラウも顔を揃えているとあれば、その辺も含めていろいろと楽しめそうってぇことで、張り切って観に行ってきた。
 
 前述にある通り前 2 作は未見なんでいろいろと 「 ? 」 が部分あるため本作に対して補完できずに置いてけぼりを喰らうところがあったのは否めないものの、それでもまぁいろいろなスキルを持った世界各国のスゴ腕探偵チームと悪のインテリ組織の頭脳戦、追いかけっこ劇は悪くかぁねぇんだけれども、コメディパートとなると中国特有のダサさやあか抜けなさが炸裂で終始のり切れず。
取り分けて秋葉原におけるコスプレパレードのエピなんざ、正直なところ観てられなかったもんなぁ… ヨカッタところといえば挿入曲で使われた 「 人間の証明 テーマ曲 」 と、多言語を瞬時に翻訳して会話できちゃう翻訳×ンニャク的な都合の良さくらえぇかな。
 東京のようで微妙に東京じゃない描写に目をつぶるとしても、終盤での中国残留邦人の行の錯誤感というか、長澤まさみがその二世というあたりに世代的にズレがあるように思えてならない。 というのもオレが小学 2 年のときから中学にあがる直前まで T くんという二世の友人いたことがある。 つまりオレからすると長澤まさみは三世という位置づけのほうがしっくり来るし、 「 一杯のかけそば 」 的な行もバカ丸出し感が半端なく、終盤は完全にダレてしまった…。
 
 正直なところ橋本マナミの艶っぽさ、トニー・ジャーが結構のりのりだった姿、 そしてリウ・ハオランの CV をつとめた夏目… リヴァイ兵長… もとい声優の神谷浩史くらいしか印象に残ってねぇんだよなぁ。 にしても贅沢極まりねぇアンディ・ラウの使い方してんな。
 まぁ何にせよ、日中にタイとアジア諸国がスクラムを組んでちゃんこ鍋的な作品を作ることはスゲェ意義深くあるんで大賛成だし、のり切れないなりに探偵チームの活躍の続きを観たいと素直に思えなくもだったんで、これはこれで OK かなぁと。

« ライトハウス | トップページ | 【 等々力渓谷 】 へ行ってきた。 »

コメント

風情♪さん、こんにちは。
確かに長澤まさみのエピは「ええっなぜいきなりこんなシビアな展開に!?」と腰を抜かしました。(笑)
東京のようで東京じゃないのはアジア映画あるあるですよねー。
それはそれで「どこかにありそうでどこにもない」とおとぎ話の世界のようで(?)ファンタジーですよ。
(無理やりこじつけ)
「こんにちは」が中国語の当て字で「酷你吉娃」になるのはちょっと衝撃的でしたわ。
六平さんが笑顔で踊る姿と同じくらい。(笑)

コメント感謝です♪

中国残留邦人問題がメディアで取り上げられることが、無くなってから久しいこともあるから、今このご時世にこの話題を
持ってこられても正直なところ、無くはないんでしょうけれども 「 何故に今? 」 なんですよね。
まぁ、 「 東京のようで東京じゃない 」 は日本人も中国やインドに対して一方的なイメージで描いたりするし、ハリウッドが描く日本よりはるかにマシですけどね。

そうそう、 「 酷你吉娃 」 ですよね。
最近、中国系の動画サイト ( ほぼほぼ違法 ) で日本では即時削除されてしまう動画をよく見てるんすけど、そこの中国語字幕もけっこう当て字なのが多く見受けられて、そこも結構オモシロく見てます♪ (゚▽゚)v

こんにちは。
風情さんにはイマイチだったようですが、私はコレ面白かったです。
この「お金はかかっているかもしれないけれどチープな感じ」というのが堪らなくて。
ニューヨーク編も公開されるようなんですよ。だから、そちらもきっと観に行くと思います!

コメント感謝です♪

やっぱりいきなり 「 3 」 からってぇのが良くなかったのかなぁであうかねぇ。
過去作を観ていれば、冒頭からのハイテンションにもコメディパートにもついていけたのかもです。
残留邦人の行はまぁまだイイとしても、 「 一杯のかけそば 」 のところで、カンカンカ~ンと試合終了のゴングを鳴らしてしまいました。
とは言うものの実は 「 ニューヨーク編 」 のチラシをもらったことで、密かに観てもイイかなぁの想いがなくもです♪ (゚▽゚)v

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ライトハウス | トップページ | 【 等々力渓谷 】 へ行ってきた。 »