« 乃木坂46 【 さ〜ゆ〜Ready? さゆりんご軍団ライブ / 松村沙友理卒業コンサート 】 | トップページ | RUN / ラン »

2021年6月26日 (土)

1秒先の彼女

375101_02_01_02
 台湾
 ロマンス & ファンタジー & SF
 監督 : チェン・ユーシュン
 出演 : リウ・グァンティン
      リー・ペイユー
      ダンカン・チョウ
      ヘイ・ジャアジャア
 
【 物語 】     ( シネマトゥデイ )
 郵便局に勤めるアラサーのシャオチーは、仕事もプライベートもパッとしない。 台湾では七夕の日は 「 七夕バレンタインデー 」 と呼ばれ、恋人同士で過ごすのが一般的。 ある日、シャオチーはダンス講師のウェンソンと出会い、七夕バレンタインデートをすることになるものの、朝起きるとなぜかバレンタインの翌日になっていた。
 
 「 藍色夏恋 」 「 JAM 」 と併せて台湾映画を好きになるきっかけをくれた 「 熱帯魚 」 のチェン・ユーシュン監督の最新作である本作が公開。 2 年前に 「 熱帯魚 」 のリストア版を観てあらためて 「 この監督さんの世界観は心地がイイ。 」 を再確認したところでもあるし、大好物である台湾産の青春映画もかなりご無沙汰してとあって、何かにつけてものスゴく期待している作品なんで、逸る気持ちを抑えつつ張り切って観に行ってきた。
 
 何事も人よりワンテンポ早いシャオチーだけれども、彼氏らしい彼氏もなく三十路を迎えてるあたりを鑑みると、なんだかんだでイイ感じに相殺されてる感がなきにしも… それはそれとして、 1 日を失われた女性と 1 日を与えられた男性、それぞれの時間軸のなかで繰り広げられるロマンス譚は多幸感と寂寥感がない交ぜとなり何とも言いがたい心地イイ胸の締め付けを覚える。
前半でシャオチーの身に起きる不思議な出来事の謎を後半のグアタイのエピで見事に回収するあたり ( やってることはほぼほぼ犯罪なんだけどね…。 ) や、何事も遅と速でテンポの違うふたりが最後に歩調が合うのを期待させるラストもよかった。
 深夜のラジオ放送から流れる語りから物語が始まるあたりや、 満潮になれば道路が冠水する台南あたりの干潟の風景なんかは先の 「 熱帯魚 」 そのもので、この作品に思い入れが強くあるところへもってきて、路線バス、取り分けて手前ぇでも理由は解らないのだけれども、子供のころから郵便局が好きと、個人的エモ要素も強くあったことで、おそらくひと一倍昂っていたことと思う。
 そんなこんなで、ほのぼの不思議系ロマンス譚に好き嫌いが解れるところだろうけれどもオレ的には贔屓目も手伝って当たりだし、台湾産の青春ロマンス譚にハズレなしってぇところ。
 
 主役のふたりがイイ意味で美男美女でねぇところがイイ。 シャオチーの同僚役のヘイ・ジャアジャアなる女優さんがカワイかったんで気になって調べてみたら、なんとプロの囲碁棋士というからビックリ。 そのヘイ・ジャアジャアをはじめ母親役、もたいまさこ似のやはり同僚のおばちゃんと、どういうワケかアニメ声が飽和状態。 お母さんの声が歳のワリにカワイ過ぎ。

« 乃木坂46 【 さ〜ゆ〜Ready? さゆりんご軍団ライブ / 松村沙友理卒業コンサート 】 | トップページ | RUN / ラン »

コメント

こちらにもお邪魔します。
当方個人的にあったショックな出来事ゆえ感想になっていない感想となってしまいましたが
とても可愛らしい物語でしたね。
シャオチーの部屋の奥で始まるラジオDJも楽しいし(何故口もとにモザイク?)グアタイの地元の
郵便局でののどかなエピソードも微笑ましい。
すっかり忘れていたけれどおっしゃる通りお母さんの声可愛すぎでしたよねー。
そうそう。
小学校時代にシャオチーが合唱でワンテンポ先走ってしまうシーンの指揮をする先生は
「九月に降る風」のトム・リン監督だそうですね!

コメント感謝です♪

確かにカワイらしい映画ではあるんすけど、観る人によってはクセが強く感じられるかなぁなんですよね。
ボク的には過去作の 「 熱帯魚 」 への思い入れが強烈なもんだから、かなり好きではあります。
郵便配達員とか、手紙そのものがメインになることはあっても郵便局がってぇのは珍しくあってこの辺も気に入ってます。

「 九月に降る風 」 のトム・リン監督だったんですか。
役者さんの顔は覚えていても監督さんとなると、余程じゃなあないとですからねぇ… この辺も覚えてるのとそうじゃないのとじゃあオモシロ味が違ってくるから残念ですよね♪ (゚▽゚)v

こんにちは!
自分の感想を書いてからこちらにお邪魔したのですが、
>深夜のラジオ放送から流れる語りから物語が始まるあたりや、 満潮になれば道路が冠水する台南あたりの干潟の風景なんかは
こちらにすごーく切ない気持ちを揺さぶられていたので、風情さんの文を拝見して嬉しいです。
真夏の清涼剤のような作品でした。

コメント感謝です♪

なんでしょう、この監督さんの演出ってボク的にはどれもツボもツボのエモ要素で溢れてるし、恋しはじめの多幸感やもどかしさ、そして切なさと何かこう胸がキューっとなるものがあって大好きな作品です。
まぁ野暮を承知で穿っちゃうと、 「 恋する惑星 」 同様にやってることは 【 犯罪 】 なんすけど、それでもです♪ (゚▽゚)v

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 乃木坂46 【 さ〜ゆ〜Ready? さゆりんご軍団ライブ / 松村沙友理卒業コンサート 】 | トップページ | RUN / ラン »