« 乃木坂46 9th YEAR BIRTHDAY LIVE ~ 3 期生ライブ ~ | トップページ | 【 柱 】 は語る。 »

2021年5月15日 (土)

ジェントルメン

375828_02_01_02_20210331110301
 イギリス & アメリカ
 サスペンス & 犯罪 & コメディ
 監督 : ガイ・リッチー
 出演 : マシュー・マコノヒー
      チャーリー・ハナム
      コリン・ファレル
      ヒュー・グラント
 
【 物語 】     ( シネマトゥデイ )
 イギリス・ロンドンの暗黒街。 一代で大麻王国を築き上げたマリファナ王のミッキーが、総額 500 億円に相当するといわれる大麻ビジネスの全てを売却し引退するという情報が駆け巡る。 そのうわさを耳にした強欲なユダヤ人大富豪、ゴシップ紙の編集長、私立探偵、チャイニーズマフィア、ロシアンマフィア、下町の不良たちが、巨額の利権をめぐって動き出す。
 
 三度の非常事態宣言発動、そして実施期間延長で公開延期の覚悟をしていたけれども、幸いなことに予定通り公開されることに。
都内の劇場はどこも休館も東京以外の県は通常営業。 劇場のある市川も浦安も目と鼻の先と、ひと駅となりが千葉県のギリギリ都民としては何につけて手前ぇに都合よくあるんで、とりあえずヨカッタ、ヨカッタといったところ。
まぁそんなこんなで、久々となるガイ・リッチー監督の痛快なクライム・コメディでスカっとするべく、張り切って観に行ってきた。
 
 アクションは薄くあったようにな気がしなくもだけれども、いつものパターンはもう見飽きた感がなきにしもだから、今回の私立探偵のフレッチャーの実際のビジネスの話なのか? それとも映画のシナリオの話なのか? と、時々混乱させられる会話で惹きつける作りと、あらゆる人種、職種の面々による互いの欲と思惑が入り乱れて二転三転するコンゲーム劇は言わずもがなのオモシロさと原点回帰の趣もあって好印象。 ただ黒幕の正体がねぇ… 意外ではあるんだけれども、他と比べるとガッツリ絡んでるワケではないだけに、いまいちピンと来ないというかなんだよねぇ…でもあまぁ、ラストの 「 コードネーム U.N.C.L.E 」 のポスター効果で相殺といったところ。
 パブ、紅茶、タータンチェックにヒゲ、中国系マフィアを 「 ドラゴン 」 に対して自分たちを 「 ライオン 」 と称しているあたりに 【 英国 】 らしさ全開なところは観ていて楽しい。 できればそこに贔屓のサッカークラブチームの会話のひとつでもあればさらにらしさもリアイリティも出たんじゃあかろうかと。 ケン・ローチ監督であればまず間違いなくぶっ込んでいることと思う。
レイはかなり優秀な番頭さん、いい歳してチェックのジャージを着こむコーチも体育会系かと思いきや思いのほかかなりの切れ者で、いきなり幹部として駒に加えれば組の 【 飛車角 】 の両翼になりうることはまず間違いなねぇだろうね。
 
 俳優さんの顔ぶれの豪華さと魅力もさることながら、本作は 「 007 」 シリーズのオープニングを彷彿させるデヴィット・ローリングスなるアーティストの 「 Cumberland Gap 」 や挿入曲の CAN の 「 Vitamin C 」 と使用された楽曲がヨカッタ。
何年か前に何かの作品で 「 Vitamin C 」 が使われていて、ここにきて CAN がまた再フューチャーされているのだろうか?

« 乃木坂46 9th YEAR BIRTHDAY LIVE ~ 3 期生ライブ ~ | トップページ | 【 柱 】 は語る。 »

コメント

こんにちは。
流石ガイ・リッチーという感じで、私はこういうの大好物なんで、とってもとっても面白かったです。
一癖も二癖もある役者さんたちもそれぞれ弾けていましたしね。
個人的には一番オイシイ役はコリン・ファレルの役かと。もう思わず劇場で膝を叩く位でした。

コメント感謝です♪

ヒュー・グラントなんてひと昔前だったら王子様的だったのに下司野郎だし、おっしゃる通りコリン・ファレルがいっちゃんおいしい役どころで、原点回帰のストーリー展開もさることながら、本作は俳優さんたちがそれぞれのポジションで光っているのがとても楽しかったです♪ (゚▽゚)v

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 乃木坂46 9th YEAR BIRTHDAY LIVE ~ 3 期生ライブ ~ | トップページ | 【 柱 】 は語る。 »