« 声優夫婦の甘くない生活 | トップページ | 20年 劇場で観た作品タイトル Index »

2020年12月31日 (木)

20年 劇場公開映画 個人的ベスト10

 今年も例年の如く 20 年に劇場で観た作品の中から強く印象に残った 10 本と、期待したけど全力で裏切られた作品 1~2 本をゲロって、本年度の記事投稿を終えようと思う。 てぇことで張り切って行ってみよッ!
 
【 ベスト10  (*゚∀゚)=3 ムッハー 】
 
370651_02_01_02
373413_02_01_02
374379_02_01_02
Midsummer_20200131131901
373241_02_01_02
 
 
 
 
 
 
 
 
371795_02_01_02
371807_02_01_02
372803_02_01_02
55555
Main
 
 
 
 
 
 
 
 
  2 )、 「 ホモ・サピエンスの涙
  3 )、 「 Away
  4 )、 「 ミッドサマー
  5 )、 「 博士と狂人
  6 )、 「 透明人間
  7 )、 「 鵞鳥湖の夜
  8 )、 「 パブリック 図書館の奇跡
 
 今年はコロナ禍のために、映画館が2 か月間ほど閉鎖されたり、多くの話題作の公開が延期されたりの影響で、例年と比べると劇場に足を運ぶ回数が大きく下回ったけれども、それでも思いのほかそれなりの本数には達したかなぁといったところ。
そんなワケで今年の 1 位は例年の如くシーズン終盤に飛び込んできた 「 ホモ・サピエンスの涙 」 「 Away 」 との接戦を制した 「 ビッグ・リトル・ファーム 理想の暮らしのつくり方 」 に決定。
正直なろこと 1~4 位はどれも差がなく、未だにこれで確定してしまってよかったのか? と思わなくも…。
残りはイイ意味で大きく裏切られた、もしくは期待を大きく上回ったもので、コロナ禍で公開本数が減ったなかにあってもキッチリと強い印象を残した優れたラインナップ。
 
 期待をさせておいて、それを見事以上に裏切った作品に対しての 【 ドギャ━━(゚ロ゚;)━━ン!! 賞 】 と、印象の強かった俳優さん & 監督さん賞を発表。
 
372784_02_01_02
 
 【 ドギャ━━(゚ロ゚;)━━ン!! 賞 】 : 「 新解釈・三國志
 
  文句のつけようがねぇくれぇに、ひでぇという近年稀にみるこれ以上ねぇ理由で 「 新解釈・三國志 」 に決定。
 確か去年は異例の邦画 3 作品、何年か前には 「 関ケ原 」 と思いのほかハリウッドの娯楽作品以上に邦画の
 方が、この賞を受賞している気がする…来年は良作の邦画が豊作であることを願うばかり。
 
 
Yy2_20200925134201
 
 【 監督賞 】 : 英勉 「 前田建設ファンタジー営業部 」 & 「 ぐらんぶる
             & 「 映画 『 映像研には手を出すな! 』
 【 男優賞 】 : ショーン・ペン 「 博士と狂人 」
 【 女優賞 】 : 与田祐希 「 ぐらんぶる 」
           齋藤飛鳥 & 山下美月 & 梅澤美波 「 映画 『 映像研には手を出すな! 』 」
           白石麻衣  「 スマホを落としただけなのに 2 」
           鈴木絢音 「 死神遣いの事件帖 傀儡夜曲 」 
           吉田綾乃クリスティー 「 三大怪獣グルメ 」
 
監督賞は三池崇監督ばりに新作を撮りまくったうえに 【 乃木坂需要 】 を最大限に活用し、そこそこヒットを連発した英勉監督。
男優賞は語るまでもなく、ショーン・ペン。 女優賞は今年映画に出演した乃木坂ちゃんメンバー全員 ( 「 ぐらんぶる 」 「 映像研 」 以外は未見だけど、この際だから OK ってぇことで ) に。 代表してこのたび 3 代目だった かなりん ( 中田花奈 ) が卒業したことで、4 代目オレ的センターとなった与田ちゃんに 💛
 
 というワケで今年一年、仲良くしてもらった皆さんホントに感謝×10であると同時に出来れば来年も仲良くしてもらえると幸いですし、何よりコロナ禍が収束して以前のように観たい作品があり過ぎて、どれを観るかで悩める日が一日でも早く戻ることを願うばかり。 ってぇワケで来年もヨロシクお願いしやす♪

« 声優夫婦の甘くない生活 | トップページ | 20年 劇場で観た作品タイトル Index »

コメント

風情♪さん、こんにちは。
あっという間に2020年も終了ですね。
今年特に後半はコロナ以外にもバタバタして感想のアップはもとより映画鑑賞もなかなか進まず。
風情♪さんのベスト10作品は1作品も重ならず(笑)鑑賞作品もベスト10のうち5本だけでしたー。
「鵞鳥湖~」私も悩みました。次点かな。
「ビッグ・リトル・ファーム」は観たいと思いつつ逃した作品です。
どこかで絶対観ます!
・・・ところでワーストはアレでしたかぁ。
趙雲をエグザイルがやると知った時点で私的にはアウトだったんですが。(笑)
私のワーストは「ディック・ロング~」でしょうか。
とにもかくにも今年もお世話になりました。
引き続き来年もよろしくお願いいたします。

明けましておめでとうです。
今年も仲良くしてやってください。

「 鵞鳥湖の夜 」 は期待してはいたんですが、その期待を超えてきて、思いのほか響いたんで上位にきたってぇ感じです。

「 ビッグ・リトル・ファーム 」 は是非とも観てもらいたい作品です。


ワーストは正直、「 デッィク・ロング~ 」 で悩みましたけど、まだこっちは不快なりに映画にする理由が理解できなくもあったんですが、「 三國志 」 はさすがに、遊び半分でヤラレた挙句に極めて出来の悪いのものに対して金を払わされる理由がまったもって見えなかったんで、ダントツでワーストとしました。

そんなワケでコロナ禍もまだ収束する気配がないですが、今年も映画を通じて仲良くさせてもらえると幸いなんでヨロシクお願いします♪ (゚▽゚)v

風情さん☆明けましておめでとうございます。
昨年はあまり上映映画を観る事ができませんでしたので、未見の作品が多いですが、1位は「ビッグリトルファーム」なのですね~
その中でも「 Away 」がちょっと気になります。早めに配信してくれるとありがたいなぁ・・・
今年はこれ以上延期せずに映画が公開されるといいですね。

明けましておめでとうです。

まぁオレなんてどちらかといえば…と言うよりほぼほぼ 100% でコロナを気にしてないほうなんで他の人に比べれば劇場に足を運べたといった感じではありますが、それでも例年と比べたらだいぶ下回ったってぇところですからねぇ。
「 Away 」 はもしかしたら全然ダメだよってぇ人も多くあるかもですが、個人的に好きな世界観だったりしたんでこの順位としました。 もし配信されることがあったらあまり期待せずにお試し程度の心持で観てください。
ほんとコレ以上、話題作の公開延期は勘弁願いたいですね!


そんなワケで、コロナ禍はまだ収束する気配を見せないし、映画の公開数も去年同様に例年通りとはいかないでしょうけど、映画を通じて今年もまた仲良くしてやってください♪ (゚▽゚)v

風情♪さんこんばんわ♪少し遅れましたが明けましておめでとうございます。

自分は昨年はベスト選出が出来るほど映画鑑賞をしなかったのでブロガー様への挨拶回りだけ伺っていますが、『ミッドサマー』をチョイスしてる方は結構見受けられましたね。未見ではありますが、『気持ち悪い』や『美しい』と、両極端の意見がSNSで交わされていたので自分も気にはなっていましたね。実際の所はどうなんでしょ?^^;

そして ドギャ━━(゚ロ゚;)━━ン!! 賞は三国志ですか、納得w自分も年末頃に鑑賞しましたけど、あの作風というか全体的なノリみたいなものは自分も肌に合わなかったです(汗


・・2021年もまだコロナ禍が続く感じがしますので普段通りの鑑賞はちょっと難しいかもしれませんが、それでもまたブログを通してわいわい映画談義出来れば幸いです^^
今年も一つ、宜しくお願い致します。

明けましておめでとうです。

公開数が少ないうえに目立った話題作もなしというプラス要素があるにしても、おそらく 「 ミッドサマー 」 は例年通りでもダントツで上位に食い込んできたと思えるくらい、かなりの秀作傑作だと思いますぜ。
何でしょうね、つまり甘さを引きたてるために塩を入れるかのごとく陽の要素が逆に怖さを引き立ててるという、発想がスゴかったですしね。

「 新解釈・三國志 」 を観た人ならば言わずもがなでしょね…。


そんなワケで、コロナ禍はまだ収束する気配を見せないし、映画の公開数も去年同様に例年通りとはいかないでしょうけど、映画を通じて今年もまた仲良くしてやってください♪ (゚▽゚)v

明けましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願い致します。
と言いつつ、またしても映画館受難の年の幕開けですね…。

ベスト拝見しました。「鵞鳥湖」は私も観たかったんですけど、どうしても日程が合わず…良さそうですよねぇ、独特な感じがしますし。
「赤い闇…」は、私もベストに入れるかどうか迷いました。心まで凍り付くような作品でしたね。
といった感じで、映画について色々意見交換できる風情さんのサイトがとても好きです。香港映画の話も外せないですもの。繰り返しですが、今年もどうぞよろしくお願い致します。

明けましておめでとうです。

「 鵞鳥湖 」 は期待していたとはいえ、まぁハズれない程度であればくらいの期待だったんで、思いのほか強く魅せられた、惹きつけられたということでランクインってぇ感じです。
「 赤い闇 」 とはよく言ったもので、秘密主義のソ連の闇の実態におっしゃる通り心まで凍りつかされ、強烈に印象に残りましたんでねぇ。

まぁオレのレビューは偏見、贔屓の偏り過ぎたものですけど、贔屓にしてもらえてうれしく思います。

そんなワケで、コロナ禍はまだ収束する気配を見せないし、映画の公開数も去年同様に例年通りとはいかないでしょうけど、映画を通じて今年もまた仲良くしてやってください♪ (゚▽゚)v

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 声優夫婦の甘くない生活 | トップページ | 20年 劇場で観た作品タイトル Index »