« 掘り出しもの探索ツアー 「 中野ブロードウェイ 」 編 | トップページ | 映画 『 映像研には手を出すな! 』 »

2020年9月20日 (日)

TENET テネット

070350_tenet_poster_png
 アメリカ
 アクション & SF & アドベンチャー
 監督 : クリストファー・ノーラン
 出演 : ジョン・デヴィッド・ワシントン
      ロバート・パティンソン
      エリザベス・デビッキ
      ケネス・ブラナー
 
【 物語 】     ( シネマトゥデイ )
 ウクライナでテロ事件が勃発。 出動した特殊部隊員の男は、捕らえられて毒を飲まされる。
しかし、毒はなぜか鎮静剤にすり替えられていた。 その後、未来から 「 時間の逆行 」 と呼ばれる装置でやって来た敵と戦うミッションと、未来を変えるという謎のキーワード 「 TENET ( テネット ) 」 を与えられた彼は、第3次世界大戦開戦の阻止に立ち上がる。
 
  「 ジョジョの奇妙な冒険 」 の第 6 部あたりから、時間と空間の概念の仕組みや多様性が複雑になってきて、年々無空間状態になっていくオレの頭では半分も理解できなくなってきていることもあって、本作の逆行世界という概念にどこまで、理解してついていけるかがネック。 そんな不安要素はあれど、クリストファー・ノーラン監督なんで 【 絶対的にオモシロいことは確実 】 と、大きく期待している作品ってなワケで、張り切って観に行ってきた。
 
 設定が難解すぎて 「 走れマキバー 」 の主題歌の歌詞じゃねぇけど、 【 スタートダッシュで出遅れる~♪ どこまで行っても離される~♪ 】 となり、あっという間の周回遅れ、ついていくのがやっとの状態となり、懸念した通りよく解らずオモシロいんだか、オモシロくないんだか…それでも終盤になってようやくギッリギリで理解できた感じも、ただただ 【 はぁ…う~ん…? 】 のひとこと。  
まぁ、中途半端なりに思うに同監督の 「 インセプション 」 + 「 メメント 」 ÷ 2 = みてぇというか、う~ん、そうだなぁ…現在、過去、未来の自分が助けに来てみたいな展開はノーラン監督版 「 のび太の大魔境 」 といった感じがしなくもかなぁと。
 未だにタイムトラベルとか時間軸とか考えだすと頭が混乱するのだけれども、時間は現在進行形で進むものであるから未来は存在しないというのがオレの考え。 時間軸という線路が 100年先まで敷設してあるのならば、その 100年後の世界が現在であって、今オレが存在する時間点は過去になる気がする、つまり本作は過去の出来事の話ってぇことになるん?
これ等をふまえてホントみんな本作をどこまで理解してんだろ? まぁこの辺を深く考えて観ちゃうと 「 バック・トゥ~ 」 なり 「 ターミネーター 」 なり理屈抜きで楽しめなくなるから、宣伝の謳い文句通り 「 感じろ 」 ってぇやつなのであろう。
 
  ニール役のロバート・パティンソンなる俳優さんが、気になって調べてみれば新シリーズの 「 ザ・バットマン 」 でそのバットマン役に大抜擢された俳優さんとのこと。 どうりで存在が際立っていたのも大きくうなずける。
次回作 「 ナイル殺人事件 」 がスッゲェ楽しみなご贔屓の俳優さんの一人であるケネス・ブラナー。 本作ではロシア人、次はベルギー人って、このひとはホントに芸達者だよ。

« 掘り出しもの探索ツアー 「 中野ブロードウェイ 」 編 | トップページ | 映画 『 映像研には手を出すな! 』 »

コメント

こんにちは。
流石のクリストファー・ノーラン、映像と迫力はピカイチでした。
個人的には「祖父殺しのパラドクス」が面白かったです。あんな、現実的に時空を駆け回る立場になっても、タブーがきちんと存在し、でも実はそのタブーすら懐疑的、というのが興味深かったです。

コメント感謝です♪

もぅ最初の方は 「 逆行世界 」 の仕組みがよく理解できずにいたんで、かなり置いてけぼりをくらってしまい、諸手を挙げてオモシロい!とは言い切れなかったんですが、終盤に来てようやく解りかけてきたところで終了…オモシロかったんだか…? だからと言って2度めを見る気にも
なれずでやや消化不良ってぇところです。
こういう複雑なものは事前に予習しておかねぇとダメだなぁを猛省です…(^_^;ゞ

風情♪さんこんばんわ♪

自分も初見は逆行の時間軸や回転扉の原理とかとにかく情報量の多さに圧倒されてしまって、ストーリーにもしがみつくのがやっとと行った感じで観てましたね^^;後日に再鑑賞をした事で何気ない背景の一幕や見逃した伏線に注視することが出来たので、仰る通り初見は考えながら観るよりもただただ感じて楽しむ方が良いのかもしれませんね?

逆行映像はジョジョで例えれば、アバッキオのムーディーブルースの『巻き戻し』があんな感じなのかもしれないですねw

コメント感謝です♪

ガキのころから純度100%の文系なんで、数学とか物理的思考が大きく欠如してるんすよね。
1+1=2 までは解っていても、そこに小数点やら分数と要素が1個追加されただけで、もう思考回路が追っつかなくてパンク状態。 だもんで、逆行までは大丈夫もそこに挟撃ゆえのタイムラグとかが入ってくるとなんでよね。

そうそう、ジョジョの時間系スタンド、いわゆるビデオの機能を思い浮かべると解りやすくなるかも知れねぇですな。
でもほら、そこに D4C の別の次元(時間軸)から連れてきたみたくなってるから混乱ってぇやつです…(^_^;ゞ

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 掘り出しもの探索ツアー 「 中野ブロードウェイ 」 編 | トップページ | 映画 『 映像研には手を出すな! 』 »