« 男はつらいよ お帰り 寅さん | トップページ | 気になるあの娘はあきたこまち 💛 »

2019年12月31日 (火)

19年 劇場公開映画 個人的ベスト10

 今年も例年の如く19年に劇場で観た作品の中から強く印象に残った10本と、期待したけど全力で裏切られた作品1~2本をゲロって、本年度の記事投稿を終えようと思う。 てぇことで張り切って行ってみよッ!
 
【 ベスト10  (*゚∀゚)=3 ムッハー 】
 1 )、「 家族を想うとき
 2 )、「 ジョーカー
 3 )、「 メランコリック
 5 )、「 幸福路のチー
 7 )、「 サマー・オブ・84
 8 )、「 ミスター・ガラス
 9 )、「 マローボーン家の掟
 
 毎年のように年末にパンチのある作品が来ると、やっぱりそれまで首位を走っていた作品をゴール直前でだわなぁ。
そんなワケで今年の1位は敬愛する映画監督の一人であるケン・ローチ監督の 「 家族を想うとき 」 に決定。
3位の 「 メランコリック 」 も都内でも1館のみの公開と、かなりの小規模ながらこの結果は大健闘以上であることは間違いない。
今年は豊作であったことを裏付けるようにサスペンス・ホラー系の作品が上位に。
次点は 「 帰ってきたムッソリーニ 」 、今年も極めて残念な結果に終わったハリウッドの娯楽作品群の中にあって 「 スパイダーマン : ファー・フロム・ホーム」 が大健闘して次点に。
 
 期待をさせておいてそれを見事以上に裏切った作品に対しての 【 ドギャ━━(゚ロ゚;)━━ン!! 賞 】 と印象の強かった俳優さん & 監督さん賞を発表。
 
0813ff8387995c348756da302ab73fb4
 【 ドギャ━━(゚ロ゚;)━━ン!! 賞 】 : 「 空母いぶき 」 & 「 貞子 」 & 「 麻雀放浪記 2020
 【 監督賞 】 : ケン・ローチ 「 家族を想うとき 」
 【 男優賞 】 : ウィレム・デフォー 「 永遠の門 ゴッホの見た未来 」
 【 女優賞 】 : 伊藤万理華 「 映画 賭ケグルイ
 【 特別賞 】 : 「 男はつらいよ お帰り 寅さん
 
 
 【 ドギャ━━(゚ロ゚;)━━ン!! 賞 】 は衝撃の邦画3作品が同時受賞…。
片手じゃ納まらないきらないツッコミどころ、リメイク? リブート? 新シリーズ? と何でも構わねぇけど、当初の設定を完全無視してまでやる必要性が全くもって理解できないことから3作品同時受賞に。
そういう意味で選考するならば間違いなく 「 ターミネーター : ニュー・フェイト 」 になるところだけれども、この作品は 【 観てない 】 ことになってるんでね…。
監督賞はさすがはケン・ローチ監督、ここに極まれり!
男優賞はホアキン・フェニックスとどちらかで迷った末、贔屓度でいえばウィレム・デフォーの方が上ということで。
今回もまた脳内選考委員会において選考するまでもなく満場一致で、 「 あさひなぐ 」 以来、わが愛しの万理華に女優賞を 💛
寅さんは思い入れが強烈過ぎちゃって、ドコに入れてイイか解らんかったんで 【 特別賞 】 というかたちで。
 
 というワケで今年一年、仲良くしてもらった皆さんホントに感謝×10であると同時に出来れば来年も仲良くしてもらえると幸いなんで来年もヨロシクお願いしやす♪

« 男はつらいよ お帰り 寅さん | トップページ | 気になるあの娘はあきたこまち 💛 »

劇場公開」カテゴリの記事

コメント

風情♪さんこんばんわ♪明けましておめでとうございます^^

自分はドエンタメ系が中心の選出になってしまったので風情さんと被ってるのも『ジョーカー』だけとなってしまいましたが、でも今年はドギャ━━(゚ロ゚;)━━ン!! 賞に自分のベストが入って無くてどこか安心もしました。例年ならその枠にはトランスフォーマーとか入ってましたからね(笑)。あと一位の『家族を想う時』も自分のとこには遅れて2月に公開されるので、これも楽しみに待ちたいと思います^^


2020年も一つ、よろしくお願いいたします。

風情♪さん、新年快楽です!
ベスト10、1位は風情♪さんお気に入りケン・ローチ監督作品ですね。
私はまだ未観です。公開中に間に合うかな?
ベスト10中重なったのは「ディリリとパリの時間旅行」「サマー・オブ・84」の2本でした。
「マローボーン家~」は私はベスト10入りは逃したもののかなり面白かったですね。
昨年は感想をアップする作業がなかなか進まず感想を書き逃した作品がかなりあったので
今年は頑張りたいと思います♪
本年もヨロシクお願いいたします。

明けましておめでとうございます。結構ご無沙汰をしてしまい、すみません。ベストと聞いて張り切って伺いました(ちょっと真似っこさせてもらいました)。
「家族を想うとき」良かったですよね~。私もベストに入れるべきだったのか?!と少し後悔。ケン・ローチ健在というところでしょうか。
「T-34~」は観たかったです。残念!
どうぞ今年もよろしくお願いします。

新年あけましておめでとうです。
今年も仲良くしてもらえると幸いなのでヨロシクお願いしますね♪

メビウス様
まぁ「ジョーカー」に関してはエンタメ系の作品であると同時にその一言では片づけられない巧さというかドラマ性のあった作品だったから、やっぱり上位に来ますわね。
ていうか「トランスフォーマー」って去年公開されてたんすね…同じエンタメ系でもこの辺の作品となると「ジュマンジ」や「ターミネーター」のように思い入れが強かったし、よほどの決め手がない限りは完全スルーなんで、かなりの確率で今後もドギャーン賞にも引っかかって来ないと思われます。
「家族を想うとき」はホントにイイ作品なんでぜひ観てみてください♪ (゚▽゚)v


sabunori様
「ディリリ~」は表面的なストーリーとしては子供向けな感じなんだけど、その実、女性の権利や多様性といったかなり深く重いテーマだったのと、何より作画のキレイさと有名な偉人たちの共演に心踊らされたってぇところが高評価となりました。
てか、以外にも中国語圏作品好きのsabunoriさんにしては「幸福路のチー」をランキングさせていないのが、心底から意外でなんねぇです! 絶対的に来ると思ってたんだけどなぁ♪ (゚▽゚)v

ここなつ様
まぁ、ケン・ローチ監督は敬愛する映画監督さんのひとりということもあって、それなりに贔屓目がなくもは否定できないところではありますが、それでもやっぱり心に響く度合いでいえば他の作品の追随を許さずといったところです。
「T-34」に関してもホント、ただのいち戦車好きによる贔屓目以外の何物でもないです…が、戦車戦の迫力もさることながらライバルとの激戦、友情劇にロマンスとドラマのパートもてんこ盛りのワリにはよく纏まっている印象で、理屈抜きで楽しめること間違いなしなんで、お薦めです♪ (゚▽゚)v

風情さん☆
遅ればせながら明けましておめでとうございます。
とても温かい作品が上位を占めていて、風情さんのお人柄が出ているのかな?
「永遠の門 ゴッホ~」はゴッホ展を見に行って、ゼッタイ映画も観よう!と思っていたのに見逃してしまった作品で、残念でなりません。そんなにいい作品だったとは!!
こちらこそ見捨てることなくご贔屓によろしくお願い致します。

新年あけましておめでとうです。
今年も仲良くしてもらえると幸いなのでヨロシクお願いしますね♪

>とても温かい作品が上位を占めていて、人柄が出ているのかな?

まぁそう思っていただけているのならば、こちらとしては得以外の何物でもないので、とても有り難いのですが、下の4作品のうち3作品は殺人鬼、あとは破壊兵器の戦車ですからね…言われてはじめて、チョイスした作風が対極であることに気づきました。

「ゴッホ」は まだ~むさん同様に「ゴッホ展」に行ったり、関連のドキュメント作品を観たりしたこともあってゴッホに対して感情移入の度合いが思いのほか深くあったんで、余計に響いたというかの結果です。
それに基本的に「伝記」ものが好きというのも加味されている感じです♪ (゚▽゚)v

いつもベスト10でお世話になっております。2019年のブロガーが選んだベスト10が完成しました。ぜひご覧くださいませ~。1位作品が一緒です!個人的に他の人もたくさん入れてるだろうなと思ってたのですが、意外にもでした・・・。結構突出してましたからね~。私的には。では、今年もよろしくお願いします。

コメント感謝です♪

ご贔屓の名匠ケン・ローチ監督作品ということもあって、ボク的にもかなり突出した作品でした。
如何せん、「 ジョーカー 」等のハリウッド系の作品とと比べたら、知名度、インパクト、キャスティングの面、そして欧州&単館系とあってかなり後塵を拝す規模の作品ですからねぇ…ランキングさせてない方が多いのも仕方のねぇとこなかもですが、すげぇイイ作品なだけに残念であもりますね♪ (゚▽゚)v

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 男はつらいよ お帰り 寅さん | トップページ | 気になるあの娘はあきたこまち 💛 »