« 乃木坂46 個別握手会に 「 また 」 行ってみた ♪ | トップページ | 幸福路のチー »

2019年11月30日 (土)

ドクター・スリープ

T0024267p
 アメリカ
 ホラー
 監督 : マイク・フラナガン
 出演 : ユアン・マクレガー
      レベッカ・ファーガソン
      カイリー・カラン
      クリフ・カーティス
 
【 物語 】     ( シネマトゥデイ )
 40年前、雪山のホテルで父親に殺されかけたことがトラウマになっているダニーは、人を避けるようにして生きてきた。
同じころ、彼の周囲で子供ばかりを狙った殺人事件が連続して起こり、ダニーは自分と同じような特殊能力によってその事件を目撃したという少女アブラと出会う。事件の真相を探る二人は、あの惨劇が起きたホテルにたどり着く。
 
 個人的にキング氏の原作はまごうことなく傑作と思うも、キューブリック監督の映画版は怖いし、オモシロいけれど世間の評価ほどにはの心持の 「 シャイニング 」 。
その 「 シャイニング 」 の40年後を描いた本作に関して言えば、傑作どころか 「 なんか違うんだよなぁ…。」 とかなり微妙なうえに、そもそもからして続編を書く必要性があったかの疑問すらが読了後の素直な感想。
だもんで映画化についてもいまいち期待は…も、こんな感じのときに限ってクリティカルヒットってぇこともままあるし、いちキングファンとしてはということで取りあえず観に行ってきた。
 
 映像だからこそ醸し出される怖さや緊張感、そしてキューブリック監督へのリスペクトと前作のオマージュに、「 原作よりオモシロいかも。 」 と、思っていた以上に出来がヨカッタように感じられ、本作を映画化するにあたって渋るキング氏に対してマイク・フラナガン監督が誠心誠意に説得し、かつ幾度となく氏と協議を重ねてようやく OK をもらったという経緯の結果といったところか。
ただこれを 「 シャイニング 」 として捉えるか? 否か? の問題は依然として残るワケで…まぁ、前作の伏線なり謎を回収してもいれば、ダニーも遅まきながら手前ぇの能力を受け入れ真に覚醒し、運命に決着をつけたことを思えばだけれども、やっぱり 「 シャイニング 」 とは 【 別物 】 かなぁと。
 能力者を捕食するローズをはじめとする異種たち、その異種と能力者を捕食する悪霊、捕食者たちと対峙する能力者の三角関係に 「 ジョジョの奇妙な冒険 」 の第2部の波紋使い = 吸血鬼 = 柱の男たちの関係に似てなくもないなぁと。
まぁ荒木飛呂彦氏がキング氏の作品をパクるのは多々あれど、キング氏が荒木氏の作品をパクることは無ぇとは言い切れないけど、ほぼ無ぇだろうなぁ…と、本作を改めて観ていてふとそんな考えが頭に浮かんだだけのこと。
あと、アイオワ州 & とうもろこし畑 & 野球少年に 「 フィールド・オブ・ドリームス 」 を思い出さずにはいられない。
 
 ダニー役のユアン・マクレガーとアブラ役の女も子は思いのほか好印象も、ローズ役のレベッカ・ファーガソンは敵レベルとして弱のため、残念ながらこれといった印象は残らず。
にしてもジャック・ニコルソンをはじめとする前作のキャストにそれとなく似た俳優さんをよく集めたと感心。

« 乃木坂46 個別握手会に 「 また 」 行ってみた ♪ | トップページ | 幸福路のチー »

劇場公開」カテゴリの記事

コメント

こんにちはー
シャイニングとは別物っぽくもあったけど、
キングの原作ってことでまぁ本人が書いたからこういうことだったんだろうなって許せました。笑
それにしてもitと同じ子供の恐怖を食うバケモノって
話ワンパターンか!ってなる 笑
今年も終わりですねー
ベスト10楽しみにしてまーす。

こんにちは♪

そうなんすよね、キング氏が 「 続編だ 」 と言っている以上は間違いなく続編なんすよね。
だけど、読んでみても観てみても続編という感じが一向にしねぇんだよなぁ…。
まぁ、キング氏の真骨頂は子供時代のトラウマとか闇や得体の知れないものへの恐怖だからワンパターンも仕方のねぇところなんでしょうね。
でも、でもそこを全て含めてキング氏のファンなんすよねぇ♪ (゚▽゚)v

風情♪さん、こんにちは。
本作鑑賞前日に「シャイニング」を鑑賞したので印象的なシーンの再現度の高さには
思わず唸るほどでした。
ユアン・マクレガーも良かったですがカイリー・カランがめちゃくちゃ良かったです。
聡明さと度胸を持ち合わせている魅力あふれるアブラを生き生きと演じていましたね。

コメント感謝です♪

「ドクター~」を読むにあたって小説での復習はしたんですが、映画版は時間のある時にでもと思っているうちについ忘れてしまって…なんで、エラそうなこと言ってるワリには新旧のリンクしてる部分とか、オマージュの部分で見落としてるところが多々あるんじゃねぇかなぁとです。
キング氏の作品は大人よりも子供のキャラの方が段違いで活き活きとしてるところがありますからね。
それになんすか、カイリー・カランは顔が小さい、首も足も長いでスタイル良すぎです♪ (゚▽゚)v

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 乃木坂46 個別握手会に 「 また 」 行ってみた ♪ | トップページ | 幸福路のチー »