« ハッパGoGo 大統領極秘指令 | トップページ | 無人アダルトショップに行ってみた 💛 »

2019年7月27日 (土)

ペット 2

366550_02_01_03
 
 アメリカ
 アニメ & コメディ & ファミリー
 監督:クリス・ルノー
 出演:(声の出演 / 日本語吹き替え版)
     設楽統
     日村勇紀
     永作博美
     
     
【物語】     (シネマトゥデイ)
 ニューヨーク、マンハッタン。テリア犬のマックスは、相棒の大型犬デュークと共に飼い主のケイティのもとで暮らしていた。
赤ちゃんのリアムが生まれたことでより一層にぎやかな日々を送る中、全員で旅行に行くことになり、そこで出会った真面目で堂々とした農場犬ルースターから大切なものを守ることを学び、リアムとの絆を育んでいくマックス。
一方ニューヨークでは、ポメラニアンのギジェットがマックスから預かったおもちゃをなくし、ウサギのスノーボールはシーズー犬のデイジーに頼まれてホワイトタイガーの赤ちゃんを救い出そうとしていた。
 
 早いもので、16年飼った愛犬がこの世を去ってから丸2年が経とうとしているにもかかわらず、未だ軽いペットロス状態にあり、また本作の主人公マックスのビジュアルと性格が愛犬にソックリなこともあって観れば絶対的に思い出して涙するであろうから、スルーする心づもりでいたのだけれども、「ウダウダと未練を持っていると何時まで経っても成仏させてやれねぇぞ」の友人のアドバイスに従い、手前ぇなかでの区切りと供養の意味合いもかねて観に行ってきた。
 
 前作から3年、正直なところ続編が公開されるとは予想もしていなかった。
2作目にして早くも「飼い主が留守の間ペットたちはどうしているのか?」の設定は無意味なものとなっているうえに、マックスの成長劇を中心にスノーボール、キジェットといった人気キャラが活躍するそれぞれのエピが複数同時展開 ( エピの行ったり来たりが忙しいきらいがある ) するため、マックスの相棒であるデュークが気持ち端に追いやられた印象を受けなくも。
それでも、最後にそれぞれのエピが一本に縒り合わさって、みんなで大騒ぎして大団円は大安定のオモシロさ。
 前作で捨てられたペットたちのリーダーで、それなりに高い志を持っていたスノーボールが新しい飼い主の下ですっかり牙を抜かれて普通のペットとして納まっているあたりや、悪徳サーカス団の団長がロシア人という久々にベッタベタな設定がウケる。
そのサーカス団からホワイトタイガーの赤ちゃんを助けるエピにオットセイのソフィーをサーカス団から逃がす「ドリトル先生のサーカス」を想起させられる。まぁ同じ動物ものだしね。
そんなこんなで愛犬への想いは完全に断ち切るには至らずも、その辺を抜きにして老若男女問わず夏休みに気軽に楽しめる作品といったところ。
 
 前作では本職でないこともあって違和感を覚えたけれど、本作ではかなりアフレコが上達していたカイザー設楽とヒム子のバナナマンのふたりは、さすが売れっ子芸人さんだけのことはある。
新キャラ、デイジー役の伊藤沙莉はお世事にも巧くはないけど、キャラにピッタリな口調と声質だったし、ご贔屓の中尾隆聖氏と沢城みゆきはさすがの一言。

« ハッパGoGo 大統領極秘指令 | トップページ | 無人アダルトショップに行ってみた 💛 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ハッパGoGo 大統領極秘指令 | トップページ | 無人アダルトショップに行ってみた 💛 »