« 天国でまた会おう | トップページ | ウトヤ島、7月22日 »

2019年3月 9日 (土)

マイ・ブックショップ

The_bookshop
 スペイン&イギリス&ドイツ
 ドラマ
 監督:イザベル・コイシェ
 出演:エミリー・モーティマー
     ビル・ナイ
     パトリシア・クラークソン
     ハンター・トレメイン


                                                                                     【物語】     (シネマトゥデイ)
 1959年、戦争で夫を亡くしたフローレンスは書店が1軒もないイギリスの田舎町で夫との夢だった書店を開こうとする。
しかし、保守的な町では女性の開業は珍しく、彼女の行動は住民たちから不評を買う。
ある日、40年以上も自宅に引きこもりひたすら読書していた老紳士と出会う。

 ホッコリ系の人情奮闘喜劇、保守的な時代のイギリスの片田舎、本屋そしてお気に入りの女優さんの一人であるエミリー・モーティマー主演と、これだけ最高の素材で作られた料理が不味かろうはずがないッ!
キャスティングも舞台もイギリスだからイギリス映画かと思いきや、以外にもスペイン映画とのこと…まぁ別にどこの国であろうが旨そうであることに変わりはねぇし、本国スペインでもゴヤ賞で作品賞をはじめ3部門を受賞とあらば期待値がさらに上昇ってぇことで張り切って観に行ってきた。

 派手さこそ無いものの出る杭は打たれるで周りの嫌がらせにもめげずに、自分の夢を叶えるために孤軍奮闘するフローレンスの姿に応援せずにはいらなかったし、レイ・ブラッドベリの「華氏451度」をはじめナボコフの「ロリータ」と本屋の物語らしいエピもありで本好きにとっては見応えがある。
ただ、町を仕切る鼻持ちならねぇマガート夫人を筆頭に嫌な奴らの何と多いことかなうえに、フローレンスが受ける嫌がらせのもかなりドギツイものばかりで、もうチョイ軽めのものかと思っていただけに思いのほかメンタルを削られる…。
 マガート夫人の妨害の理由も保守&封建的といった時代の風潮云々ではなくただの自己顕示によるものとその人間性たるやで、そのうえ金も政治力もあれば何かにつけて言うことを聞くおもねる連中もいてと、フローレンスにどんなに情熱や勇気があっても勝てるワケがなし…久々に強烈な憎まれ役だったんじゃなねぇかと。
だけにフローレンスの人間性に惹かれ協力する小さな相棒クリスティーン、世捨て人のブランディッシュの損得勘定なしの関係が際立ち、またフローレンスの想いを引き継いだクリスティーンの自分が今ここでなにをすべきか知っている聡明さと、それ実行に移せる勇気(裏を返せば蛮勇)は観ていてとても気持ちがイイ。

 妙な色気と落ち着いた感じ、時に晩熟感を漂わせるエミリー・モーティマーはやっぱりイイ 💛
まぁそういう役柄を多く目にするだけのことなんだろうけど、何かにつけて応援したくなる女優さんだ。
英国紳士然としたビル・ナイもヨカッタ。

« 天国でまた会おう | トップページ | ウトヤ島、7月22日 »

コメント

風情♪さん、こんにちは。
予想に反したビターなストーリー展開に戸惑いつつもフローレンスがオープンするブックショップの歴史を感じる佇まいや装丁の美しい本たちにうっとり。
まるで本の香りすら感じてしまうほどでしたー。
ただ、ストーリーに関してはかなりビターでしたね。
その後のフローレンスの人生がとても気になりました。

コメント感謝です♪

そうなんですよね。もっとなんかこう仄々タッチのハートウォームな物語を期待していたんですが、狭量なオバさんによるエグい嫌がらせとかが多くて思いのほか凹み系の作品でしたね。
本好きだからんでしょうが、あらためて書店とかハードカバーの洋書って絵になるなぁ~と思え、おっしゃる通りうっとりです。
まぁ政治や法の前に屈してしまたけど、フローレンスは嫌がらせにも耐えられるタフな性格だから他の街でまた書店をオープンしてることと思いたいです♪ (゚▽゚)v

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マイ・ブックショップ:

» マイ・ブックショップ [象のロケット]
1959年、イギリス東部の小さな海辺の町。 ボロボロの建物“オールドハウス”を買い取った戦争未亡人フローレンス・グリーンは、本屋を開こうと準備を進めていた。 ところが、その建物を町の芸術センターにしようと考えていた街の有力者ガマート夫人が、執拗な嫌がらせを始める。 フローレンスの味方は、引き籠りの老紳士ブランディッシュ氏だけだった…。 ヒューマンドラマ。... [続きを読む]

« 天国でまた会おう | トップページ | ウトヤ島、7月22日 »