« ウトヤ島、7月22日 | トップページ | コンジアム »

2019年3月23日 (土)

ブラック・クランズマン

Blackkklansman
 アメリカ
 ドラマ&伝記&コメディ
 監督:スパイク・リー
 出演:ジョン・デヴィッド・ワシントン
     アダム・ドライヴァー
     ローラ・ハリアー
     トファー・グレイス
 
【物語】     (シネマトゥデイ)
 アメリカ・コロラド州コロラドスプリングスの警察署に初の黒人刑事として採用されたロン・ストールワースは、捜査のために電話で白人至上主義団体KKKのメンバー募集に応募する。
黒人であることを隠して差別発言をまくし立てた彼は入会のための面接に進み、彼の代わりに白人の同僚刑事フリップ・ジマーマンが面接に向かう。
 
 「セメントの記憶」なんてあるからこっちはてっきり世界の高層ビルなり有名建築家による建築物が建てられていく様を追った建築関係のものと思っていたんで観る気満々でいたのに、実際は建築現場で働くシリア難民の姿を追った社会派のものと期待していたもの大きくかけ離れていたことで、急遽惹かれるもスルーすることにしていた何かと話題だった本作を観ることに。
そんなワケで張り切って観に行ってきた。
 
 人種差別が激しかった70年代に黒人刑事がKKKに接触して云々と普通に考えればコメディの様相なのに、多少の盛りはあるにせよこれが実話ベースというから驚き以外に言葉がない。
まぁ実際のところコメディ調に作られていて随所で笑わせてはくれるけれども、その実は昔から続き未だ解決を見ないアメリカが抱える闇を描いてとかなり真面目でそのメッセージ性はきわめて高くあった。
コメディな部分に目が行きがちだけれども、現実を描いている点では本作も上記の「セメントの記憶」同様に社会派の作品。
 トップよりも力を持つ№2、周りに感化されてるだけの無知っぽい奴と組織を構成する連中のキャラ設定と強大な組織を追い詰めるも結局はそこに政治が働いて…はかなりツボ。
黒人と白人のしゃべる方というかイントネーションの違いというものに詳しければもっとオモシロく観られたのかもと…にしてもいくら電話とはいえしゃべり方で黒人か白人くらいかは判りそうな気がしてならねぇのだが。
 
 イイとも悪くともなく…思った以上にコレといった印象が残っていないロン・ストールワース役のジョン・デヴィッド・ワシントン。
黒人だし、下の名前もワシントンだから漠然とデンゼル・ワシントンの息子なんかぁと思ったんで帰ってきて調べてみれば、まさかホントに息子だった。まぁ親父さんのオーラと比べるとかなりまだまだってぇ感じだな。

« ウトヤ島、7月22日 | トップページ | コンジアム »

コメント

風情♪さん、こんにちは。
コメディというオブラートに包まれたかなりシビアな作品でしたね。
KKKのNo.2夫婦の気分が悪くなるほどのキャラが見事といえば見事でした。
おっしゃる通りロンを演じたジョン・デヴィッド・ワシントンは観終わってみれば
それほど爪痕が残っていないような。
相棒役のアダム・ドライバーの方が好印象だったのは役柄のせいでしょうか??

コメント感謝です♪

多少の盛りはあるにして事実は小説よりも奇なりの出来事ですよね。
ストールワースが刑事になってオフィスの椅子に座って置いてある新聞読んでKKKに電話のあまりの普通感には呆気にとられてしまいました。
おっしゃる通りNo.2夫婦のキャラ設定の怖さと憎らしさは思いのほか主役級のキャラが濃くなかったぶん際立つものがありましたね。
正直なところアダム・ドライバーって何観てもそれほど印象に残ってないのが事実です…r(^^;)

風情さん☆
かなりメッセージ性の強い社会派の真面目な映画でしたね~
勿論笑えるところもいっぱいあって面白く見られましたが、空恐ろしさの残るラストになりました。

コメント感謝です♪

フィクションとして観ちゃってただけにラストの現在のアメリカの実状を映し出した映像に「あ、本作は実話だったんだ!」と気づかされ、おっしゃる通りでなんか空恐ろしい感情になる作品でしたね。
実際のところゴリゴリのシリアス調べで作られてもそれはそれで今以上に緊張感も増してオモシロいことだろうけど、コメディ調べあったことで構えずに観ることができたんで個人的にはこっちの作り方でヨカッタといったところです♪ (゚▽゚)v

こんにちは、コメントありがとうございます。ほとんど更新しなくなって全然他の人のいってないのでお久しぶりです。
実話ベースというので色々ツッコミながらもすごいなー思って見てたら、映画の一番面白かった(というか現実なら恐怖だけど)ユダヤ人と黒人が二人一役で乗り込む作戦が脚色で実は一人でやってたというからそれじゃふつーだなぁって思いつつ、いつまでも差別が変わっていない世の中と、今後のトランプ政権をやはりなんとかしないとというメッセージのあるラストが良かったです。

コメント感謝です♪

忙しいってぇのが最大の理由としても、各ブログもいろいろとサービス停止したりで更新が滞るのも解ります。
それはそれとして、この差別主義組織にその対象となっている人種のコンビが潜入してもそうだけど、それに騙された連中もまた存在したというのには笑わせてくれるというか驚かされるというか呆れるというか…です♪ (゚▽゚)v

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ブラック・クランズマン:

« ウトヤ島、7月22日 | トップページ | コンジアム »