« 大人のためのグリム童話 手をなくした少女 | トップページ | 没後50年 藤田嗣治展 »

2018年8月19日 (日)

ポップ・アイ

Pop_aye
 シンガポール&タイ
 ドラマ&コメディ
 監督:カーステン・タン
 出演:タネート・ワラークンヌクロ
     ペンパック・シリクン
     チャイワット・カムディ
     ボン


                                                                                     【物語】     (シネマトゥデイ)
 タナーは、建築家として一世を風靡したが、現在は会社に居場所はなく、妻には愛想を尽かされている。
ある日、彼はバンコクの路上で幼少期に飼っていたゾウのポパイと遭遇し、以前よりも大きくなったポパイを衝動的に買い取る。
自宅に連れ帰るが妻の怒りに触れ、それがきっかけでタナーはポパイと一緒に家を出て故郷に向かう。

 東南アジア圏、特にタイあたりのロードムービーって観てることは観てるんだろうけど、コレといって強い印象を残す作品を観た記憶がないし、何よりゾウとおっさんのコンビによるほのぼの系はスッゲェ魅力的ということで公開を楽しみにしていた作品だったんで張り切って観に行ってきた。

 心穏やかな哲学者然としたホームレス、仲間からバカにされる盛りを過ぎたオカマの街娼にふたりの警官、先のホームレスがかつて恋した女性と旅の途中で出会う人々みな孤独や痛みを知っているから他人に優しくできる善人ばかりで、そんな彼らとの温かさと切なさが混在した交流劇はゆっくりで力強さがあってまさにゾウの歩みといった感じで観ていてとても心地がイイ。
 タナーがポパイを引き取り共に故郷へ帰る行動理由が贖罪と切ないものであったけれども、そこに言葉はなくとも互いに解りあえてることが感じられるふたりの別れのエピはオチを踏まえると逆に気が抜けるほどに微笑ましいもので最高の余韻が残り、世界の映画賞で絶賛されたのも大きく肯ける。
全体的に「分かち合えないものを分かち合いつつ」といった趣で以前読んで感動した「ぼくとペダルと始まりの旅」という小説とよく似て大好きなつくり。

 ポパイ役のボンのつぶらな目がカワイく、演技している姿も健気で観ていて微笑ましくなり、猛烈にゾウを観たくなってくる。
タナー役の俳優さんとその奥さん役の女優さん以外はみな素人さんとのことらしいけど、その存在感は本職のは優さんばりでホントに素晴らしい。カーステン・タン監督もまだ37歳の女性ということなんで今後の活躍に期待。

« 大人のためのグリム童話 手をなくした少女 | トップページ | 没後50年 藤田嗣治展 »

劇場公開」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ポップ・アイ:

« 大人のためのグリム童話 手をなくした少女 | トップページ | 没後50年 藤田嗣治展 »