« ザ・スクエア 思いやりの聖域 | トップページ | ラジオ・コバニ »

2018年5月12日 (土)

孤狼の血

361822_02_01_02
 日本
 ドラマ&犯罪&任侠・ヤクザ
 監督:白石和彌
 出演:役所広司
     松坂桃李
     真木よう子
     滝藤賢一


                                                                                     【物語】     (シネマトゥデイ)
 昭和63年、広島の呉原では暴力団組織が街を牛耳り、新勢力である広島の巨大組織五十子会系「加古村組」と地元の「尾谷組」がにらみ合っていた。ある日、加古村組の関連企業の社員が行方不明になる。ベテラン刑事の刑事二課主任・大上章吾巡査部長は、そこに殺人事件の匂いをかぎ取り、新米の日岡秀一巡査と共に捜査に乗り出す。

 もともと任侠&ヤクザ映画が好きというのもあるけれど、そこに「東映」と舞台が広島の呉とくればもう傑作「仁義なき戦い」を彷彿(実際に著者も「仁義なき戦い」へのオマージュと明言)させられ、北野武のマンガチックなものではなく久々に実録に近いゴリゴリの任侠&ヤクザ映画の趣に期させられるものが大きくあったんで張り切ってカチコミに行ってきてた。

 その筋の連中から堅気を守るためにも手前ぇの正義を貫くためにも時に自身が黒に染まらなければならないで行動するマル暴担当の不良刑事大上の最初の破天荒さと悪徳ぶりとは真逆の生き様とヤクザをもビビらせるその覚悟ほどはカッコイイ。
また昨今のコンプライアンスどうこうでTVでは流せないような暴力の過激さに目をそむけたくなるもその過激さが堪らなくあったし、何より汗やタバコの煙、養豚場に昭和と【ニオイ】に気が配られていたあたりに感心。
 不良刑事と目をつけられながらも県警上層部とヤクザ組織の癒着を記したノートを隠し持っていることで、上層部がうかつに大上に手を出せないあたりは大沢在昌氏の「新宿鮫」ぽさがあり、時おり入るナレーションも「仁義なき戦い」でこれらのイイところを巧くアレンジして「県警対組織暴力」に取り込みと東映らしい作品になっていたように思える。
 大上の内部調査を目的に呉原署に派遣され大上とコンビを組まされる広島県警監察官の日岡が大上の数々の違反行為に反発を覚えるも、大上を信頼し支える人たちと接するうちに大上の真意を知りしだいに感化され若さゆえの正義感から徐々にダークさを見せ始め逸脱し始めるさまは観ていてすげぇ爽快だったし、リミッターが外れたときの忘我状態はなかなか。

 と主人公のふたりは申し分なしだっただけに他のキャスティングに若干の物足りなさを覚える。
「仁義なき戦い」の時の松方弘樹や梅宮辰夫、川谷拓三のようなギラギラ感がないんだよなぁ…江口洋介なんかチョットどころかかなり違うってぇ感じで、ようするにみんなスマート過ぎるのかなぁと。
そんななか右翼団体の銀次役のピエール瀧が最後に日岡に協力する姿に「仁義なき戦い」で孤立する広能昌三に味方する松永弘役の成田三樹夫の姿が重なり好印象。

« ザ・スクエア 思いやりの聖域 | トップページ | ラジオ・コバニ »

劇場公開」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
多少ぎらぎら感に欠けるような感想をお持ちでいらっしゃるようですが、いやいやどうして、この平成の世には存在しないかもしれないぎらぎら感で溢れていましたよ!と私は思いました。
なにせ、身近に草食系男子ばかり見ていると…ね。
冗談はさておき、この作品は、もう東映の真骨頂であることは間違いなく、それに加えて広島大出のインテリ坊やの成長譚でもある点が面白かったです。

コメント感謝です♪

いや~、やっぱギラギラ感に関しては東映任侠映画の大御所さんたちとくらべると今の俳優さんは寺島進や竹内力らは別として目に見えて劣る気がします。もうだってほら成田三樹夫なんか本物かと思えるくらいだし、安藤昇に至ってはガチでレジェンドの本物ですからね。
それはそれとして、後は幹部候補であろう若手がエリートコースを外れて孤狼化していく様は見応えがありました。
あの忘我状態での暴行なんざ最高でしたよ♪ (゚▽゚)v

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 孤狼の血:

» 「孤狼の血」:お家芸復活 [大江戸時夫の東京温度]
映画『孤狼の血』は、オープニングに出る古典的波濤三角マークがめっぽう似合います。 [続きを読む]

» 『孤狼の血』 2018年3月29日 よみうりホール [気ままな映画生活 -適当なコメントですが、よければどうぞ!-]
『孤狼の血』 を試写会で鑑賞しました。 上映前に阿部純子、内山高志が登壇した。 【ストーリー】  昭和63年、広島の呉原では暴力団組織が街を牛耳り、新勢力である広島の巨大組織五十子会系「加古村組」と地元の「尾谷組」がにらみ合っていた。ある日、加古村組の関連企業の社員が行方不明になる。ベテラン刑事の刑事二課主任・大上章吾(役所広司)巡査部長は、そこに殺人事件の匂いをかぎ取り、新米の日岡秀一(松坂桃李)巡査と共に捜査に乗り出す。 これも実に東映らしい作品で面白かった! 白石監督と東映は相性いいん... [続きを読む]

» 孤狼の血 [象のロケット]
昭和63年、暴力団対策法成立直前の広島・呉原。 新たに進出してきた広島の巨大組織・五十子会系の「加古村組」と、地場の暴力団「尾谷組」との抗争の火種が燻り始めた。 そんな中、「加古村組」関連企業の金融会社社員が失踪。 殺人事件と見たマル暴(暴力団担当)のベテラン刑事・大上と新人刑事・日岡は、事件解決の為に奔走するが…。 クライム・サスペンス。... [続きを読む]

» 『孤狼の血』('18初鑑賞40・劇場) [みはいる・BのB]
☆☆☆☆☆ (10段階評価で 10) 5月18日(金) 109シネマズHAT神戸 シアター6にて 13:20の回を鑑賞。 [続きを読む]

» 孤狼の血・・・・・評価額1700円 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
映画じゃけん、何してもええんじゃ! いやー、これは面白い。 広島県の架空の都市・呉原を舞台に、東映が昭和の実録映画にディープなセルフオマージュを捧げたパワフルな犯罪映画。 北海道警の悪徳刑事を描いたピカレスク大河ドラマの傑作、「日本で一番悪い奴ら」の監督・白石和彌、脚本・池上純哉のコンビが、柚月裕子の同名小説を映画化。 暴対スペシャリストにして汚職刑事、狐のように狡猾で狼のように...... [続きを読む]

» 85『孤狼の血』ど直球に面白い! [シネマ・ジャンプストリート 映画のブログ]
東映復活?スケールアップでしょ! 『孤狼の血』 ~あらすじ~ 昭和63年、広島の呉原では暴力団組織が街を牛耳り、新勢力である広島の巨大組織五十子会系「加古村組」と地元の「尾谷組」がにらみ合っていた。ある日、加古村組の関連企業の社員が行方不明になる。ベテラン刑事の刑事二課主任・大上章吾(役所広司)巡査部長は、そこに殺人事件の匂いをかぎ取り、新米の日岡秀一(松坂桃李)巡査と...... [続きを読む]

« ザ・スクエア 思いやりの聖域 | トップページ | ラジオ・コバニ »