2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 殺人者の記憶法 | トップページ | 羊の木 »

2018年2月 3日 (土)

RAW ~少女のめざめ~

Grave
 フランス&ベルギー
 ホラー&ドラマ&青春
 監督:ジュリア・デュクルノー
 出演:ギャランス・マリリエ
     エラ・ルンプフ
     ラバ・ナイト・ウーフェラ
     ジョアンナ・プレス

                                                                                      【物語】     (シネマトゥデイ)
 厳格なベジタリアンの家に育ったジュスティーヌは、姉も在学する獣医学校に入った後、新入生の通過儀礼として生肉を食べることを強要される。学校になじみたいジュスティーヌは、生まれて初めて肉を口にする。
その日を境に、ジュスティーヌの隠れた本性が明らかになり…。

 【失神者続出】の謳い文句に「外人は何かにつけて大げさなだかんなぁ…」と斜に構えてしまうも、その衝撃さで16年のカンヌ映画祭でスタンディングオベーションの高評価を得たと聞けば気にもなるし、そういう趣味も嗜好もまったく無いものの【食人(カニバリズム)】の禁忌を扱った作品に少なからず、魅せられ惹きつけられるもするということで、張り切って観に行ってきた。

 今までに食人を扱った作品を観て、多少ウゲっと思うことはあっても胃がムカムカしてくることもそれほど嫌悪も感じたこともなかったけれども、それまで食人としての気質はうかがわせるところはあったもののコレといったものがなかったところに来て、心身ともに変調を来たし徐々に狂気じみてくるジュスティーヌが手前ぇの髪の毛を喰って吐き出し、覚醒を決定的にした切断された姉ちゃんの指に喰らいつく演出は他の食人作品と比べて派手さがないぶん逆に描写がリアルなうえに食すシーンも少ないことで与えるインパクトも大きく感じられたことで、若干の吐き気を覚えてと本作はどうも性に合わず…また、舞台が獣医学部ということでいくつかの動物の死体を目にし、コレが必要以上に精神的に堪える…。
 とは言うものの、ただの食人ものとしたものではなくそれまで菜食主義だった少女が肉を食したことで変調を来たすといったあたりは成長過程や通過儀礼であり、ほかに肉食を性への目覚め、抑圧からの解放、アイデンティティ、家族の愛とかなりメッセージ性が多く描かれている割にはキレイにまとまっていて素晴らしくあった。
また姉妹による噛み合い、親父さんに隠された秘密もなかなかで、気持ち性に合わずと言いながらもなんだかんだでオモシロく観られたのかなぁと。

 ジュスティーヌ役のギャランス・マリリエの覚醒してからの狂気じみた表情、とりわけて半分白目をむいて狂態に陥っているシーンや眉間にシワを寄せてにらみつけと、若いにもかかわらず目の演技が半端なくスゴイ。
整えてはいるんだろうけど無造作に見える眉毛、処理してないワキ毛に陰毛(この辺は設定でまた違ってくるんだろうけど)なんかはハリウッドにはない欧州らしい生々しさが感じられる。

« 殺人者の記憶法 | トップページ | 羊の木 »

コメント

こんばんは^^
妙にリアルでしたよね!>処理してないワキ毛に陰毛(この辺は設定でまた違ってくるんだろうけど)なんかはハリウッドにはない欧州らしい生々しさ

そうそうその辺もリアルな感じ、あと髪の毛食べるシーンと指のシーンはうげーってなったけどとにかく主演の子も上手いし可愛いしでラストはあんなで、私は気に入りました♪ゲイのルームメイト、親切だったのにかわいそう。

コメント感謝です♪

髪の毛を吐き出したとき、スゴい量が出て来た時は「どんだけ髪の毛くってんだよッ!」と思えたと同時にガチで吐き気を覚えましたよ…。
どうやって撮ったのか解らないけれど、あれだけの量の髪の毛を口に含んでいたとしたら、よくノドに詰まらせなかったよなぁとホントに天晴ですよね。
いまいち性に合わなくも狂気に満ちた演出は自分が思っている以上に楽しく観れたんだなぁといったところです♪ (゚▽゚)v

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/605475/66280523

この記事へのトラックバック一覧です: RAW ~少女のめざめ~:

» RAW 少女のめざめ [象のロケット]
学業優秀な16歳の少女ジュスティーヌは、両親・姉と同じ獣医科大学に入学し寮生活を始める。 上級生による地獄の新入生歓迎行事が続き、ある日、ウサギの生の腎臓を強制的に食べさせられてしまう。 ベジタリアンの彼女は心身に異変を感じるが、やがて生肉にかじりつくように。 そして、姉アレックスにも同じ異変が起こっていることに気づく…。 サスペンス・スリラー。 R-15+... [続きを読む]

» 「RAW ~少女のめざめ~」:ザ・トンデモ怪作 [大江戸時夫の東京温度]
映画『RAW ~少女のめざめ~』は、想像以上の怪作。いやー、これはかなりなもんで [続きを読む]

« 殺人者の記憶法 | トップページ | 羊の木 »