2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« RAW ~少女のめざめ~ | トップページ | 花咲くころ »

2018年2月10日 (土)

羊の木

061577_hitsujinoki_poster
 日本
 ミステリー&ドラマ
 監督:吉田大八
 出演:錦戸亮
     木村文乃
     北村一輝
     松田龍平


                                                                                      【物語】     (シネマトゥデイ)
 刑期を終えた元受刑者を自治体が受け入れる新仮釈放制度により、閑散とした港町・魚深市に男女6人が移住してくる。
市役所職員の月末一は彼らの受け入れ担当を命じられるが、移住者たちの過去を住民たちに知られてはならないという決まりがあった。やがて、全員に殺人歴がある犯罪者を受け入れた町と人々の日常に、少しずつ狂いが生じていき…。

 基本的にジャニーズに属する俳優さんは得意ではないのだけれども、これがナゼ(おそらく嫌味のない男前ってところがなのかもね)かタッキーと本作の主役である錦戸クンだけは大好き。
それはそれとして、個人的にここ数年の邦画のミステリー&サスペンス作品は連敗続きときてるんで今回もまたの一抹の不安はあるものの物語もキャスティングもかなり魅力的ということで、張り切って観に行ってきた。

 原作は未読。不穏な空気が漂う中、元殺人犯という過去を持つ普通でない6人が更生プログラムを通じて過去からは逃れられないながらも普通であろうと努力する6人それぞれの過去と今への向き合った生き方、後にそんな彼らの素性を知っても彼らの内にある【善性】を感じ、信じて受け入れた人たちとの関係の人間ドラマはしっかりと描かれていたように思えて見応えがあった。
取り分けて図らずも集うこととなったのろろ祭の酒席での荒れ模様と、悪人は悪人でしかないと思わされるエピの緊張感は半端ないうえに心胆寒からしめるものがあってとてもヨカッタ。
 「のろろ様」の由縁は申し分なしもまるで半魚人のような見た目(まぁタコを神様と崇めてるところはこのような見た目も無くもないんだろうけど)と岬にあるそののろろ様の巨像にリアリティが感じられず…奇をてらわずに普通になまはげのような鬼のようなものでも十分にヨカッタ気がするし、何よりラストのエピにはかなり「えぇ…。」とさせられるものが。
細かいこというとのろろ様の首をサルベージするシーンの場所が落ちたところと港内と違ってるのもどうかと…。

 錦戸クンは「県庁おもてなし課」でもそうだったけど役所勤め、晩熟の好青年、いわゆる【THE 普通】の役どころがよく似合ううえに巧い。また6人のなかでひとりだけ最初からう違うオーラを放つ松田龍平、北村一輝のチンピラ風情に田中泯の重厚さとそれぞれさすが。その反面、たまには違った役柄の松田龍平と市川実日子が観たくあるのも本音。

« RAW ~少女のめざめ~ | トップページ | 花咲くころ »

コメント

風情さん☆
さすがに崖から引きずりあげるのは物理的に無理とは言え、明るくなると場所が港になってたのは興ざめでしたよね。
原作が漫画だけに、ちょっとラストも4コマ的になってました(笑)

風情さん、こんにちは。
毎度のことながら松田龍平のつかみどころのなさが不気味さを醸し出していました。
いつも同じような役柄とはいえあの独特の空気感はやはりすごいなぁと。
6人以外も役者陣が良かったですね。
特にクリーニング店の女主人役の安藤玉恵はいつもながら安定のうまさでしたー。

のろろ様のラストのエピソードは確かに「あららーっ」でしたね。(笑)

コメント感謝です♪

ノルウェーまだ~む様
崖下はかなり常に荒れ模様の感じなんでサルベージするにも難があるだけにその辺は解らんでもねいのですが、いきなり港内でとなるとさすがにです。まぁ普通にそこまで牽引してきたとしか考えるしかないですね。
生死不明だからこそオモシロいのは重々承知も今思うと引き上げたのろろ様の口からズルっと宮腰の死体が出てくるのもそれはそれでオモシロくもあるかなぁと…そうなると完璧にギャグマンガですけどね…r(^^;)


sabunori様
ホント、松田龍平の掴みどころのない不気味なオーラは彼独特のですよね。
そういう意味では北村一輝のチンピラ風情もさすがだなです。
言われてみれば殺人犯6人に目が行きがちだけど、彼らを受け入れた町の人たちの存在も忘れちゃですね。安藤玉恵なんか思いのほかツンデレだったし♪ (゚▽゚)v

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/605475/66379412

この記事へのトラックバック一覧です: 羊の木:

» 羊の木 [あーうぃ だにぇっと]
羊の木@ユーロライブ [続きを読む]

» 羊の木 [象のロケット]
さびれた港町・魚深(うおぶか)市。 市役所職員・月末(つきすえ)は、新規転入者6人の男女の受け入れ担当を命じられる。 実は彼らは全員、仮釈放中の殺人犯だった。 刑務所のコスト削減と地方の過疎対策を兼ねた国家の新プロジェクトが、この魚深で極秘に行われるのだ。 警察も雇用主も家主も彼らの過去を知らず、6人は互いの存在を知らない、はずだったが…。 サスペンス。... [続きを読む]

» 「羊の木」:優香がなんかすごい [大江戸時夫の東京温度]
映画『羊の木』は、いろいろとわからない事の多い映画ですが、何が最もわからないって [続きを読む]

» 「羊の木」☆人は見かけによらない [ノルウェー暮らし・イン・原宿]
猛吹雪の中、地下鉄なら電車が止まらないのをいいことに、のん気に試写会へ行ってきたyo 奇想天外な設定の邦画は当たりハズレが極端に出るけれど、最初から最後までざわざわさせて目が離せない映画でなかなかに面白い!! 試写会場はお客さんも半分ほどだったけど、雪の中出掛けて行って良かった~♪... [続きを読む]

» 羊の木 [冥府の映画的・絵画的・音楽的]
 本作は6人の仮釈放された元受刑者を受け入れることになったある地方都市でのお話。主人公はその受入を担当することになった市役所職員。彼を中心にして、6人と地方都市の住人等との関わりが形成されるとともに、その地方都市における伝統的なお祭りも絡んできて、物語は思いもよらない方向に展開していきます。なかなか興味深いストーリーとはいえ、タイトルの「羊の木」の意味合いを始めとして、よくわからない...... [続きを読む]

« RAW ~少女のめざめ~ | トップページ | 花咲くころ »