2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 星空 | トップページ | 希望のかなた »

2017年12月 9日 (土)

オリエント急行殺人事件

Murder_on_the_orient_express
 アメリカ
 ミステリー
 監督:ケネス・ブラナー
 出演:ケネス・ブラナー
     ペネロペ・クルス
     ウィレム・デフォー
     ジュディ・デンチ


                                                                                      【物語】     (シネマトゥデイ)
 トルコ発フランス行きの豪華寝台列車オリエント急行で、アメリカ人富豪のエドワード・ラチェットが刺殺体で発見される。
偶然列車に乗り合わせていた探偵のエルキュール・ポアロが、鉄道会社に頼まれ密室殺人事件の解明に挑む。
乗客のゲアハルト・ハードマン教授やドラゴミロフ公爵夫人、宣教師のピラール・エストラバドス、キャロライン・ハバードらに聞き取りを行うポアロだったが…。

 幾度となく読み、観ているだけに物語はもちろんとして犯人も既に知っているだけにミステリー映画として今さら金を払ってまで観に行く必要があるのか?と思いが無きにしも非ずもそこは「犬神家の一族」同様に優れたミステリーはトリックも犯人を知っていても何度観てもオモシロいことに間違いないところだし、監督主演もご贔屓のケネス・ブラナーのうえに旧作同様にキャストも豪華となればで張り切って観に行ってきた。

 嘆きの壁から始まりはあまりにもタイムリーなだけになにか予言じみていて何かスゲェ怖ぇ…ここのエピを観るとパレスチナ問題の責任は少なからずイギリスをはじめとするユダヤ優遇による利権が絡んだ故の責任の皮肉めいたものを感じなくも…。
 ベースを忠実に守りながら天才的な推理が目立ち超然としがちな今までの探偵ポアロだけではなく焦燥や事件の背景にあるそれぞれの感情に苦悩する人間ポアロを描いているあたりや、ラストのトンネル内での演出はダ・ヴィンチの「最後の晩餐」の構図で、責任は手前ぇにありとすべてを背負い込もうとする主犯格のミシェル・ファイファーはまさにキリストで、そう考えると冒頭の嘆きの壁にもつながり「なるほど!」で、この辺は長年シェイクスピア劇に携わってきたケネス・ブラナーらしい古典作品に対するアレンジとアプローチだなぁと思わなくもで贔屓目もあってさすがだし、古典名作を蘇らせてくれたことに感謝。
 いくら歴史ある中東とはいえ1900年代初頭の姿を今の世にそのまま残しているワケもなく、そのほとんどがCGで再現されていてパノラマ感はあるも雰囲気は半減といったところで仕方のないこととはいえ残念かなぁと。
残念といえばラストのトンネル内のシーンで白い息がでていなかったことで、ここは突き刺すような寒さ感があれば事件の背景にある痛みがさらに倍加されたんじゃねぇかなぁと思えなくも。そんなワケで「ナイル殺人事件」に期待!

 ポアロというとTV版のデヴィッド・スーシェと、前述の「ナイル殺人事件」「死海殺人事件」のピーター・ユスティノフのイメージがかなり強いだけにケネス・ブラナーがどれだけ印象を残せるか?と観ていたんだけど、終始フランス訛の英語でしゃべり上記のふたりに劣らずヨカッタ。まぁ旧作でもそうだったけど、本作でのジュディ・デンチ、ウィレム・デフォーの名優たちの存在はウレシイもののやや印象に薄いというのがもったいない気がしないでも。

« 星空 | トップページ | 希望のかなた »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/605475/66064952

この記事へのトラックバック一覧です: オリエント急行殺人事件:

» オリエント急行殺人事件 [あーうぃ だにぇっと]
オリエント急行殺人事件@TOHOシネマズ六本木ヒルズ [続きを読む]

» 『オリエント急行殺人事件』 2017年12月6日 TOHOシネマズ六本木ヒルズ [気ままな映画生活 -適当なコメントですが、よければどうぞ!-]
『オリエント急行殺人事件』 を試写会で鑑賞しました。 イベントにも参加してケネス・ブラナーのサインをゲットしました 【ストーリー】  トルコ発フランス行きの豪華寝台列車オリエント急行で、アメリカ人富豪のエドワード・ラチェット(ジョニー・デップ)が刺殺体で発見される。偶然列車に乗り合わせていた探偵のエルキュール・ポアロ(ケネス・ブラナー)が、鉄道会社に頼まれ密室殺人事件の解明に挑む。乗客のゲアハルト・ハードマン教授(ウィレム・デフォー)やドラゴミロフ公爵夫人(ジュディ・デンチ)、宣教師のピラール・... [続きを読む]

» 「オリエント急行殺人事件」:風格とコクと映画美 [大江戸時夫の東京温度]
映画『オリエント急行殺人事件』は、1974年のシドニー・ルメット監督作を43年ぶ [続きを読む]

» 『オリエント急行殺人事件(2017)』('17初鑑賞135・劇場) [みはいる・BのB]
☆☆☆☆- (10段階評価で 8) 12月8日(金) 109シネマズHAT神戸 シアター7にて 13:15の回を鑑賞。 2D:字幕版。 [続きを読む]

» 「オリエント急行殺人事件」 [或る日の出来事]
最後の審判を下すのは、ポアロ!? [続きを読む]

» 「オリエント急行殺人事件」☆演技バトルのためにある映画 [ノルウェー暮らし・イン・原宿]
なぜ誰もが真相を知っている推理小説を、今映画化するのか? なぜ誰もが知っている物語を改変せずそのままやるのか? それはきっと、誰もが結末を知っているからこそ、役者がそれをどうを演じるのかが腕の見せ所になってくるから。 舞台でも歌舞伎でも同じように、定番の演目を繰り返し上映するのは、役者の演じ方によって作品もぐっと変わってくるからと言える。... [続きを読む]

» オリエント急行殺人事件 [風に吹かれて]
2時間ドラマにはやっぱり崖 公式サイト http://www.foxmovies-jp.com/orient-movie 原作: オリエント急行殺人事件 (アガサ・クリスティー著)監督・主演: ケネス [続きを読む]

» オリエント急行殺人事件 [象のロケット]
トルコ発フランス行きの寝台列車オリエント急行で、富豪ラチェットが刺殺された。 車両に居合わせたのは、共通点といえば目的地のみというさまざまな境遇の13名。 そして、もう一人乗り合わせたのが、“世界一の探偵”エルキュール・ポアロ。 列車という密室で再び殺人者が人を襲う前に、彼は事件を解決しなければならない…。 ミステリー。... [続きを読む]

« 星空 | トップページ | 希望のかなた »