2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« ヒトラーに屈しなかった国王 | トップページ | 17年劇場で観た作品タイトルIndex »

2017年12月31日 (日)

17年 劇場公開映画 ベスト10

 今年も例年の如く17年に劇場で観た作品の中から強く印象に残った10本と、期待したけど全力で裏切られた作品1~2本をゲロって、本年度の記事投稿を終えようと思う。
ってぇことで張り切って行ってみよッ!

【ベスト10 (*゚∀゚)=3 ムッハー 】

 1)、「我は神なり
 2)、「人類遺産
 3)、「わたしは、ダニエル・ブレイク
 4)、「皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ
 5)、「ラ・ラ・ランド
 6)、「希望のかなた
 7)、「エルミタージュ美術館 美を守る宮殿
 8)、「ヒトラーへの285枚の葉書
 9)、「パトリオット・デイ
10)、「あさひなぐ
10)、「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章
10)、「氷菓
10)、「ReLIFE リライフ

 今年のベスト10の傾向は社会派、実録系にドキュメント、そして欧州系の作品と例年になく多種多様に富んだラインナップとなり、そんななか韓国のアニメ映画「我は神なり」がシーズン途中までぶっちぎりで首位独走していた2位の「人類遺産」にさらに圧倒的な差をつけて17年のベスト1に。
10位群は普段ならほとんど劇場で観ることのないアニメ&コミックスの実写化ものなんだけれども、今年は好きな作品がラインナップしたことで足を運ぶこととなり、どれも思った以上によく出来ていて好印象だったことからまとめてランクイン。
 次点としては「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー : リミックス」「キングコング : 髑髏島の巨神」「パワーレンジャー」のハリウッド勢の娯楽作品が大健闘。 その反面、海賊、変形ロボ、一部のマーベル系とバッサリ切り捨てることとなった作品も多々。

 期待をさせておいてそれを見事以上に裏切った作品に対しての【ドギャ━━(゚ロ゚;)━━ン!! 賞】と印象の強かった俳優さん&監督さん賞を発表。

Marika_5 【ドギャ━━(゚ロ゚;)━━ン!! 賞】 : 「関ヶ原
 【監督賞】 : ケン・ローチ 「わたしは、ダニエル・ブレイク」
 【男優賞】 : サモ・ハン 「おじいちゃんはデブゴン
 【女優賞】 : 乃木坂46 & 伊藤万理華 「あさひなぐ」

 【ドギャ━━(゚ロ゚;)━━ン!! 賞】は「関ケ原」に決定!!
短時間なのに膨大な情報量ゆえの早口、ゲームならまだしも戦国時代には登場しなかった弩を使用してみたりとこの監督さんのカブレたつくりはどうも…。

 監督賞はここのところコメディ作品が続いていた敬愛する巨匠ケン・ローチ監督が得意とする社会派ドラマで本領を発揮。
また今年はジョニー・トー監督「ホワイト・バレット」、エミール・クストリッツァ監督「オン・ザ・ミルキー・ロード」にアキ・カウリスマキ監督「希望のかなた」、ティム・バートン監督「ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち」、M・ナイト・シャマラン監督「スプリット」と例年にないくらいに集中して敬愛する監督さんたちの作品が公開されファンとしては実によろこばしい限り。
ホントだったらここにチャン・イーモウ監督も名を連ねたかったところなんだけど「グレートウォール」があまりにも感があったんでスルーしたんで今回は除外。
男優賞はジャッキーよりもアンディ・ラウよりも好きなサモ・ハン、女優賞は脳内ベスト10選考委員会において選考するまでもなく満場一致で乃木坂ちゃんたちに決定し、取り分けて今月末に卒業してしまった推しだった万理華に。
 削除されないように多少手が加えられてはいるけど親友さゆとのユニット曲のこちらを観れば万理華の魅力をきっと解っていただけるかと♪  。・゚・(ノД`)・゚・。 万理華ぁ~~ できればこちらも観てハマっていただければと…。

 というワケで今年一年、仲良くしてもらった皆さんホントに感謝×10であると同時に出来れば来年も仲良くしてもらえると幸いなんで来年もヨロシクお願いしやす。
いや~乃木坂…映画ってホントに素晴らしいやね♪

« ヒトラーに屈しなかった国王 | トップページ | 17年劇場で観た作品タイトルIndex »

コメント

風情♪さんこんばんわ♪

風情さんの今年の一位はアニメーション作品なのですかぁと思って調べてみたら、『我は神なり』ってヨン・サンホ監督なんですね。知らなかった・・(汗)。『我は神』なりこそ未見ですけど、彼が監督した『新感染 ファイナル・エクスプレス』は自分もめちゃくちゃ面白かったので、このアニメ作品を今年中に観れなかったのは悔やまれますね。観てたら自分もベストに入れてた可能性高いですから^^;
あとやはりジョジョ入ってますね(笑)。これをワーストとかではなくベストに入れてるブロガー様はおそらく風情さんと自分だけでしょうから何とも貴重wアレンジの聞いたストーリー展開とかも好きだったので、第二章も期待はしたいですよね。・・いつ公開されるかは分かりませんけども^^;


それと今年も風情♪さんにはTB&コメント諸々で大変お世話になりました。来年もまた引き続き、変わらぬお付き合いをして頂ければ幸いに思います。
ではでは、良いお年をです^^

我は神なり、観てないので、早速チェックして観たいと思いますう!

風情♪さん、新年快楽です!
あは、あは、と乾いた笑いが出てしまうほどベスト10が1本も重なっておりません。
それどころかベスト10中2本しか鑑賞していないという情けなさ。
1位にされた「我は神なり」は関西では今年公開です。(もう怒る気も失せました)
↑の方もおっしゃっているように私も同監督の「新 感染 ファイナル・エクスプレス」はかなり
面白くベスト10入りしているので「我は神なり」も期待しています♪
男優賞のサモハン、よかったですよね。
あの作品は彼以外のキャスト陣もものすごく魅力的でした!

今年も引き続き楽しいお付き合い、よろしくお願いいたします。

明けましておめでとうです。
今年もヨロシクお願いしますね♪

メビウス様
まぁジョジョに関して言えば、「こっちが予想していたほど壊れてもいなければ壊されてもいなかった」でホッとしたところが大きく働いたことそれだけで好印象だったしそれ故にオモシロくあったってぇのが正直なところだと思いますね。
3部作とのことなんで、おそらく1年おきなんでしょうけど、こういうのは間髪入れずに立て続けにを願いたいことろです。なんで今年中に残り2作品をですね♪ (゚▽゚)v


onscreen様
この作品は思い過ごしでなければ都内でも1館だけの上映だったような気がするんで、レンタルなり配信なりでもそれほど注目度はねぇんで見落とす可能性が大きいような気が品でもです。
だけど、ホントこの作品はビシっと心に響くというか、深く刺し込んでくること間違いねぇんで是非観てください♪ (゚▽゚)v

sabunori様
「新感染」は気になってはいたんすけど、ぶっちゃけもうゾンビにそれほど伸びしろがあるとは思えなったんで、散々悩んだあげくスルーすることにしたんですよね。
ですが、フタを開けてみればあちらこちらのブロガーさんのレビューで思いのほか高評価を得ているのを目にしてやっぱ観に行っておいた方がヨカッタかなぁなんて今さらながらに後悔しています…r(^^;)

風情さん☆
明けましておめでとうございます!
なかなかに個性的なベスト10で楽しいですね~~
私は昨年は韓国映画をあまり見なかったので、年始はその辺のおさらいから始めないとです。
風情さんがぶっちぎりの「我は神なり」は気になりますね…

今年もいい作品にいっぱい出会いたいですね。また宜しくお願いいたします。

ベスト10、って絞らなきゃなので個性が出ますね〜

参考にさせていただきます!

明けましておめでとうございます。
私も昨日ようやくベスト10をアップしたので、やっとこさご訪問することができました~(他のブロガーさんのを拝見するとどうしても流されてしまう自分がいますもので…)。
「鋼鉄ジーグ」嬉しいです!さすが風情さん❕(おいおいっ自分も入れてるだろっ)なんかあのテイストが好きなんですよね~。良作が多かった2017年でしたが、これはかなり抜きんでていました。もっとも端に「好き」というのが優先したのですけれど。
「我は神なり」はとっても気になります。機会があればなぁ~。
今年もブログを通して映画のお話をさせていただけたら嬉しいです。どうぞよろしくお願いします。

明けましておめでとうです。
今年もヨロシクお願いしますね♪

ノルウェーまだ~む様
まぁ基本的にボクは人様とくらべるとかなりヒネてる人間なんで、映画の好みもかなりクセがあるといった感じなんで、だいたい他のブロガーさんとカブるということも少ねぇのが実情といったところです。
そうですね、例年だとなんだかだで2~3本くらい韓国映画は観る感じなんすけど、去年は「我は神なり」の1本だけで終ったんすけど、その1本が他に大差をつけて1位でし、毎年必ず1本はベスト10入りするから、どんだけ韓国映画優秀なんだよって感じです♪ (゚▽゚)v


onscreen様
ですね~、ベスト5じゃ少なすぎて決まらずだし、10タイトル以上だとあれもこれもで収拾がつかなくなるしだから、ベスト10がちょうどイイ感じじゃねぇでしょうか?
それにボクの好みはかなり偏ってるんであんま参考にはなりませんぜ…r(^^;)

ここなつ様
流されちゃいますか…まぁそこはねぇ解らんでもないんで、この記事をUPするまでの年末ラスト1週間は他のブロガーさんの記事はあまり読まないようにしてます。
なんでしょうね「鋼鉄ジーグ」は勧善懲悪なんだけど、決してそういうワケでもなく、語りたいところがたくさんあるという観てるときも、観終わったあとも楽しめるといった感じの作品だったんで、かなり印象に強くのこりました。
「我は神なり」は結構クセのある作品なんで好みが別れるところだけど、どハナりしました♪ (゚▽゚)v

風情♪さん
遅くなりすみません〜お知らせもらってよかった、変わったの全然知らなかったです、名前のリンクから飛んでるので今回みたいにコメントの際、リンク貼っていただけると助かります。
で、ベスト10多種多様ですね!
シャマラン入りませんね 笑
ヒトラーの、見逃してたので観てみようっと。
今年もよろしくお願いします!

コメント感謝です♪

いや~移転の連絡してなくて申しワケねぇでした。
手前ぇのことながらこういう手間がめんどクサくてほったらかすことがままあるんですよね。

ホントねぇ…世間がシャマラン監督作品をどんなにクソみそに評しても「オモシれぇじゃん!」と擁護してきてはいるけど今回に関しては…でしたよね。
でもなんだかんだ言っても「アンブレイカブル」VS「スプリット」は素直に観てぇと思わされましたよ。

そんなワケで今年も仲良くしてやってください♪ (゚▽゚)v

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/605475/66064943

この記事へのトラックバック一覧です: 17年 劇場公開映画 ベスト10:

» 2017年 映画 ベスト10 [気ままな映画生活 -適当なコメントですが、よければどうぞ!-]
2017年の映画鑑賞本数は161本でした。 もう少し見れたと思いますが、いろいろあって11月以降ペースダウン。。。  2011年185本、2012年214本、2013年218本、2014年196本、  2015年169本、2016年155本 一応年間100本超えたのでベスト10にしましょう。 2016年の鑑賞一覧はこちら。 毎年くだらないことで悩みますが...1位からかくか10位から書くか... で、いつも通り1位から書くことにしましょう。 1位 『3月のライオン 後篇』 公式サイト    ... [続きを読む]

» 2017年洋画・邦画総合ベスト作品 [シネマをぶった斬りっ!!]
年の瀬間近に行う恒例のベスト選出も今年で11回目となりました。・・・まあとは言っても実は昨年の2016年、特にこれといった理由も無しにホント気まぐれな気持ちでそのベスト選出を一度行わなかったのですが、毎年続けてきたものをいきなり取り止めるとどこかむず痒いというか手持無沙汰な気持ちにもなってしまっていたので、結局今年はまたいつも通り纏めた記事にしたためようと思った次第。・・やはり年末は自分も慌...... [続きを読む]

» 2017年度 個人的映画BEST☆彡 [みはいる・BのB]
毎年 大晦日の恒例行事、今年鑑賞した初見映画の総まとめでござい。 本年は総計で140本 打ち分け:洋画98本、邦画42本 劇場鑑賞:118本 それ以外:22本 [続きを読む]

» 「2018年 新年明けましてと昨年映画ベスト」 [ノルウェー暮らし・イン・原宿]
皆さん、明けましておめでとうございます。 昨年はTB機能がなくなったサイトが多く、加速度的にブログ界は寂しさが増すばかりですが、そんな中でも今まで通りに見てくださったりコメントを寄せてくださいました方々には本当に感謝の気持ちでいっぱいです。 時代の変化についていけない私ですが、自分の趣味として始めたブログなので、IT業界のあれやこれやに振り回されることなく、これからもマイペースで続けて行けたらと思っております。... [続きを読む]

» 2017年マイベスト45(おまけで第13回シネマ停留所映画賞) [或る日の出来事]
「ベスト10」だけでは、つまらない! 全部に順位をつけましょね! という、毎年毎年恒例のお遊び。 [続きを読む]

« ヒトラーに屈しなかった国王 | トップページ | 17年劇場で観た作品タイトルIndex »