2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« セールスマン | トップページ | ディストピア パンドラの少女 »

2017年6月25日 (日)

22年目の告白 -私が殺人犯です-

1ec74ef7s
 日本
 サスペンス&ミステリー
 監督:入江悠
 出演:藤原竜也
     伊藤英明
     夏帆
     野村周平


【物語】     (シネマトゥデイ)
 阪神・淡路大震災や地下鉄サリン事件が発生した1995年、三つのルールに基づく5件の連続殺人事件が起こる。
担当刑事の牧村航はもう少しで犯人を捕まえられそうだったものの、尊敬する上司を亡き者にされた上に犯人を取り逃してしまい、その後事件は解決することなく時効を迎えるが、ある日、曾根崎雅人と名乗る男が事件の内容をつづった手記「私が殺人犯です」を発表し…。

 時効制度が廃止されからだいぶ時が経つだけに何ゆえ今になって時効が題材のものを持ち出してきたのかと、不思議でならなかったのだけれども、何でも韓国映画「殺人の告白」(残念ながら未見)のリメイクとのこと。
まぁそれはそれとして、去年は「クリーピー」「ミュージアム」と、話題のワリには散々な結果に終わった日本のサスペンスものなんで、例えリメイクであっても起死回生の一打であればを期待に、張り切って観に行ってきた。

【ネタバレ要注意】
 出来ればテレビの2時間サスペンスのようにキャストを見てコイツが犯人とキャストの名前で判断して観るのは避けるべきところなんだろうけど、22年前の事件の犯人役が藤原竜也というのは年齢的見た目と、無くはないけど犯行時が15歳以下というのも犯人として考えにくいんで、端から候補から除外しながら鑑賞。そうなるとおのずとニュースキャスターの仙堂しか残らず…案の定…といったところ。
 年齢的違和感を整形手術によってカバー、時効制度廃止から7年も経ってからのハイリスク&ローリターンの行動なんかは説得力に欠けるし、ミスリードするためとは言え、一部の事件の被害者の関係者による真犯人あぶり出し共同作戦ならば、美晴は書店勤めではなく、それこそ出版社だと思えてならないし、ヤクザの橘だって最初から仲間に組み込んでれば曾根崎もムダに的にかけられるリスクを背負うこともねぇし、警察にはできない立ち回り方でいろいろできたろうにと思えてならず、そんなこんなで日本のサスペンス映画の雑さや都合で塗り固められたキャストありきの作りが目について仕方がない。
 たとえ清掃員であっても、よりによって自殺の道具、武器にもなる【尖った鋲】のピアスをあけてる奴を収監施設内に入れるワケもなし。細かいようだけど、そういうところが大事だと思うんだよね。それに被害者の関係者も5人中4人しか出てきていなかったよな…食堂の人も殺されてたような気がするんだよなぁ…確かに22年後にはその食堂に男の人がいたことはいたけど、物語に絡んでなかったしね…まぁ、ここに関してはオレの思い違いしてるところが大きくあるけどね。

 藤原竜也は安定のってぇところだけど、22年という月日の長さと年齢的見た目の溝を思うと、やっぱりここは伊藤英明と年齢的に近しい俳優さんにするべきだったと。そうすればギリギリまで犯人の目星がつきづらくあったかもと。
もう一人の主役の伊藤英明はこの程度だろうなぁで、結局のところ仲村トオルの一人勝ちってぇやつだな。

« セールスマン | トップページ | ディストピア パンドラの少女 »

コメント

こんにちは。ブログお引越しなさったのですね。新しいブログでも、どうぞ今後とも宜しくお願いします。

風情さんの感じられていた細かい部分での違和感、確かにその通りなのですが、逆に私はそんな荒唐無稽な所にアジアの映画っぽさを感じておりました(笑)。あ、それと藤原竜也の年齢については、私も確かに鑑賞中は暗闇の中でこっそり指を折って年を数えたりもしましたが、彼の演技の凄さにもーどーでもよくなりました。
ということで結構気に入っております。

コメント感謝です♪

livedoorが6月いっぱいでTBサービスを終了するようだし、
それ以前にだいぶ前から諸々のサービスも悪ければ、改善
も見受けられないんで、それなら他に移るべってぇことで、
ここに参った幹事です。
ホント、今後とも仲良くしてやってくださいね。

言われると、荒唐無稽な所にアジアの映画っぽさを素直に
楽しめればなんすけど「絶対ぇ当ててやる!」と、手前ぇ
で思ってる以上にサスペンス&ミステリー作品に正面から
ぶつかっていっていることもあって、粗い設定を観ると業
腹な気持ちになっちゃうんすよねぇ…r(^^;)
でも、文句言ってるワリにはキライじゃあないです♪

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/605475/65433522

この記事へのトラックバック一覧です: 22年目の告白 -私が殺人犯です-:

» 22年目の告白―私が殺人犯です― [佐藤秀の徒然幻視録]
公式サイト。入江悠監督。藤原竜也、伊藤英明、夏帆、野村周平、石橋杏奈、竜星涼、早乙女太一、平田満、岩松了、岩城滉一、仲村トオル。韓国映画「殺人の告白」のリメイク。 [続きを読む]

» 「22年目の告白―私が殺人犯です― 」殺人犯に迫った先にみた事件の真相の先にあったもう1つの殺人事件の殺人犯 [オールマイティにコメンテート]
「22年目の告白―私が殺人犯です― 」は22年前に殺人を犯した殺人犯が時効があった時代に時効を迎えた事で突然現れて事件の真相を著書として出版する事で世間は大きな賛否両論が ... [続きを読む]

» 『22年目の告白 私が殺人犯です』 [京の昼寝~♪]
□作品オフィサルサイト 「22年目の告白 私が殺人犯です」□監督 入江悠□脚本 平田研也、入江悠□キャスト 藤原竜也、伊藤英明、夏帆、野村周平、石橋杏奈■鑑賞日 6月11日(日)■劇 場 TOHOシネマズ川崎■cyazの満足度 ★★★★(5★満点、☆は0.5) <感想...... [続きを読む]

» 『22年目の告白 -私が殺人犯です-』('17初鑑賞63・劇場) [みはいる・BのB]
☆☆☆☆- (10段階評価で 8) 6月13日(火) 109シネマズHAT神戸 シアター9にて 15:40の回を鑑賞。 [続きを読む]

» 22年目の告白 私が殺人犯です [象のロケット]
かつて5人の命が奪われ、未解決のまま時効を迎えた連続殺人事件があった。 ところが22年後、その犯人が自ら名乗り出る。 会見場に現れたのは、自身の告白本を手にした曾根崎雅人という男だった。 本はベストセラーとなり、被害者遺族への謝罪、刑事への挑発、そして、サイン会まで、すべてがあらゆるメディアを通じて発信され、SNSで拡散されていく…。 それは、日本中を巻き込んだ新たな事件(ゲーム)の始まりだった…。 サスペンス・スリラー。 ≪すべての国民が、この男に狂わされる。≫... [続きを読む]

» 「22年目の告白 私が殺人犯です」:まずまず楽しめるミステリー [大江戸時夫の東京温度]
映画『22年目の告白 私が殺人犯です』は、まずまず上出来なミステリー。原作となっ [続きを読む]

» 22年目の告白-私が殺人犯です- [だらだら無気力ブログ!]
思ったよりも面白く観られた。 [続きを読む]

« セールスマン | トップページ | ディストピア パンドラの少女 »