« ドント・ブリーズ | トップページ | ドラゴン×マッハ! »

2017年1月 7日 (土)

ホワイト・バレット

Ee197ee2s
 香港
 アクション&サスペンス
 監督:ジョニー・トー
 出演:ヴィッキー・チャオ
     ルイス・クー
     ウォレス・チョン
     ロー・ホイパン


                                                                                     【物語】     (シネマトゥデイ)
 警察との銃撃戦で頭部に被弾した強盗団のメンバー、チョンが救急病院に搬送されてくる。
チャン警部らは一味の情報を聞き出そうとし、医師トンは手術の準備を進めるが、チョンは人権を盾に手術を拒否する。
やがてチャン警部は彼から一味につながる電話番号を聞き出し、トンも手術の同意が得られる。しかし、チョンは彼らの裏をかき、仲間と連絡を取ろうと画策。各者の思惑が交錯する中、チョン奪還を狙う強盗団が病院に迫ろうとしていた。

 17年の映画初めにご贔屓で個人的に「ドラッグ・ウォー 毒戦」以来となるジョニー・トー監督の最新作というだけでテンション上がりまくりなのに、しかもキャスティングにルイス・クーとヴィッキー・チャオとこれまたご贔屓が名を連ねているという素晴らしさ。
開幕戦にこれ以上の先発ピッチャーはいねぇッ!ってぇことで張り切って観に行ってきた。

 武装強盗団のチョンとその一味を追うチャン警部、そこにストレスでやや不安定気味の外科医トンが絡み、一貫して病院内で繰り広げられる密室の駆け引き劇は一見するとサスペンスも、どことなくコメディの趣。舞台が病院ということもあってか今までのジョニー・トー監督作品の中でも取り分けて動きの少ない作りで、正直なところ期待したのは「冷たい雨に撃て、約束の銃弾を」や「エレクション」のような疾走感、スリリングさ、そしてカッコ良さであって…だったのから物足りなさ覚えなくだけど、思わせぶりなキャラや行動の数々にダレが?どうなる?の疑心暗鬼のドラマはオモシロかった。
 ジョニー・トー監督の最大の売りである【魅せる銃撃戦】がまったく出てこなかったので途中かなり不安になるも、終盤に満を持しての怒涛の大銃撃戦に大興奮。銃撃戦を繰り広げる男たちの立ち位置のカッコ良さは健在で、この立ち位置のカッコ良さと美しさは他の追随を許さない完璧さと言っても過言ではないように思える。ただ惜しくらむは過度のスローモーションに興ざめ。
そんなこんなで、つまらないワケじゃないけど、微妙さ先行を思うと以前のようなパワーは感じられなくなっているのは否めねぇかなぁと…。
 原題「三人行」であるのに対し邦題の「ホワイト・バレット」って…弾丸が重要なキーワードになるから「バレット」は解るけど、「ホワイト」はナニ? まぁ十中八九、病院が舞台だから【白い巨塔】ってぇやつなんだろうけど、何なんだろうねまったく…。

 ご贔屓のルイス・クー、ヴィッキー・チャオはもちろんとして、ジョニー・トー監督作品の常連俳優のラム・シューもきちんと登場し、同監督の「PTU」でのサァ刑事ばりの間抜けっぷりで体形同様に存在感は大。
とりわけてロー・ホイパンの暴走っぷりは最高。大ベテランが脇で存在感を発揮するとホント主役連が光るよ。

« ドント・ブリーズ | トップページ | ドラゴン×マッハ! »