« ライト / オフ | トップページ | ドント・ブリーズ »

2016年11月23日 (水)

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅

3ae64876s
 イギリス&アメリカ
 ファンタジー&アドベンチャー
 監督:デヴィッド・イェーツ
 出演:エディ・レッドメイン
     キャサリン・ウォーターストン
     ダン・フォグラー
     アリソン・スドル


                                                                                     【物語】     (シネマトゥデイ)
 魔法動物学者ニュート・スキャマンダーは、魔法動物の調査と保護のためニューヨークを訪問する。ある日、彼の魔法のトランクが人間のものと取り違えられ、魔法動物たちが人間の世界に逃亡してしまう。街中がパニックに陥る中、ニュートはティナらと共に追跡を開始するが…。

 本作以上に心惹かれる作品も見当たらなかったんで、取り立てて興味が持てない&惹かれない…ではあるものの、先日日本でも新章が発売され、最近また「ハリポタ」づいてるようだし、それに合わせてのスピンオフ作品となれば何かしらの思惑もあるだろうから観ておけば後々に「呪いの子」が映画化されたときに役立つかもと思えたんで、とりあえず観に行ってきた。
 
 それほど期待したワケじゃないけど内容が希薄の印象は拭えない。前半の逃げた魔法生物を保護しにいく冒険譚はそれなりにオモシロくはったけど、肝心かなめの魔法生物自体にそれほど惹きつけるパワーも感じられなく、途中から「ポケモンGETだぜッ!」とスキャマンダーがさとし君に見えてくるわ、「ポケモンGO」か「モンハン」あたりを映画すりゃ~イイじゃん…と。
「ハリポタ」と言いながらも「ハリポタ」とは気持ち違うひとつの世界観&物語として、割り切って観ればそれなりにオモシロくあったと評価するも、「賢者の石」の時のような胸躍るような高揚感を得ることは残念ながらできず。
 とは言うものの本シリーズは全5部作とのことらしく、全シリーズでは悪名を馳せたレストレンジ家の歴史、何故にダンブルドアがニュートに目をかけているのか?と提示された諸々の謎、パン屋を開くことを夢見る心根の優しい人間のジェイコブと、人の心を読めるという辛くもある能力を持つ天真爛漫な魔法族のクイーニーのふたりのほのぼのとしたロマンスの方の行方は魔法生物捕獲劇&グレイブスとの対峙劇よりも心惹かれ気になるところでもあるんで、続編が公開されればきっと足を運んでしまうことだろう。

 エディ・レッドメインの気の弱そうというか、人と交わることが苦手そうな雰囲気がニュート役にピッタリだったように思えたし、ここ優しいジェイコブ役のダン・フォグラー、天真爛漫でカワイさで溢れていたアリソン・スドルが好印象。それに引き換え、敵役で登場したコリン・ファレル&サマンサ・モートンの薄さといったらで、なんかすげぇもったいない。
最後の最後にジョニー・デップが登場するもあまり驚きはなかった…「ここで、ジョニデ?」で、逆にガッカリ感の方が強くあった。どちらかと言えば、クレジットを観てゴブリンのナーラックがロン・パールマンだったことのほうが驚き。

« ライト / オフ | トップページ | ドント・ブリーズ »

劇場公開」カテゴリの記事